映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>




RECOMMEND
<< 【15-023】くちびるに歌を ★★★★☆ | main | 【15-024】ソロモンの偽証<前篇・事件> ★★★★☆ >>
【15-07】くちびるに歌を 【上映後】舞台挨拶レポ
category: 2015年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
今日はたった1回行われた新ピカでの舞台挨拶にガッツリ行ってきました。
(本当はももクロ映画の全員集合舞台挨拶が抽選全滅だったとかは裏の話)

■会場:新宿ピカデリー
■座席:F列(A列B列マスコミ席)
■MC:坪内千恵子
■登壇者:新垣結衣、木村文乃、桐谷健太、恒松祐里、下田翔大、葵わかな、柴田杏花、山口まゆ、佐野勇斗、室井響、朝倉ふゆな、植田日向、高橋奈々、狩野見恭兵、三浦翔哉、三木孝浩監督

まず登場したのは、恒松祐里以下「中五島中学合唱部」の面々。
既にスタンドマイクが3本立っていたので予想してましたが、「手紙」の生合唱でスタートです。
※本当のガチ合唱でした。しかもとてもお上手で綺麗です。感動!!

それではご挨拶です。

新垣「試写を観た方から良かったと言う声をたくさん頂いたので、今日を楽しみにしてました」
木村「去年の夏に撮影しましたが、皆で五島列島で合宿みたいにして撮りました。観て頂けて、落ち着いたような嬉しいような・・・」
桐谷「ホントに映画は景色が良くて、今日も天気が良くて、でも映画館に来て頂いて、観て頂いた方が爽やか・優しい気持ちになれば」
監督「今日を迎えて、皆で作った思い出が走馬灯のように甦る。やっとこの日を迎えられて嬉しく思います」

(キャンペーンで18都市を回って来ましたが、何か記憶に残る事は?)
新垣「各会場で(合唱を)聴くたびに、環境は違うけど、回を重ねる毎に良くなる。毎回違う表情もあって飽きません。『手紙』を聴くと、皆の声のイメージがします」
桐谷「この前聴きましたが、こっち(客席)で聴きたい。毎回練習してるので息が合ってる」
監督「何か一緒に歌おうとしてたねww」
新垣「顔が出来上がってくるのでどうしようかと・・・www」
桐谷「いつも文乃に止められるんですww」

(今回は妊婦さんの役でした)
木村「経験は無いんだけど、嘘っぽく見えないように、出産経験のあるスタイリストさんにいちいち聞いてました。座る動作とか、やっぱり胡坐をかくのかとかの感覚が分からないので、1日1回は確認してました。初日がいきなり出産シーンで・・・」
監督「飛行機も飛ぶかどうかでね・・・」
新垣「(合唱を)携帯で聴かせる所で、松山先生(木村の役名)を皆が大好きだと言う事が表情で伝わったので、(出産して)家族のように喜びました」
桐谷「僕はこうやってるだけ(携帯をかざしているジャスチャー)でしたが、一生懸命やりましたよー」

(劇中では柏木先生に思いを寄せていますが、木村さんと新垣さんならどちらが?)
桐谷「どっちもでしょう!みんなです!!大らかで優しい人もたまにトゲがあるし、ぶっきらぼうだけど自分の前ではかわいい所があると思う。どっちも好きなので、あと何かの感じが合えばいい。僕がどう思うかより2人が・・(と必死な様子ww)」
木村「とりあえず・・真面目ですかっ!?ww」
新垣「柏木先生的には眼中に無いですww。桐谷さんはいい人ですよ。大人が五島列島に居っ放しという事が無かったので、一緒に居るとお酒を飲んだりしてました」
桐谷「無理して言ってるでしょ!ww」
(何か島での思い出は?)
監督「長い地方ロケなので、地元の方とも触れ合いがありました。最初の頃もバーベキューをしてもらったり、一緒に作れてそれが財産になりました」

(それではここで秘密の贈り物があります。ここで生徒の皆さんの卒業式を行います。祝辞を新垣さんから読ませて頂きます)
新垣:合唱の練習やキャンペーンをやり遂げてお疲れさまという労いと、各自1人1人に対して「よく皆を纏めてくれました」とか「場を和ませてくれました」とか、お礼の言葉をかけて卒業を祝いました。
(それでは生徒を代表して恒松さんどうですか?)
恒松「歌う以外の授業を受けてないですが、卒業していいのかな?・・私、こういうのダメなの!!・・今回はいい経験させてもらいました。これからもこの中学を卒業した事を自信にして頑張ります!」

ここでフォトセッションのために一時袖に引き上げる皆さんですが、受け取ったばかりの卒業証書を見た恒松ちゃんが証書を見て「あ〜!『皆様』だから1人1個無い〜!」と漏らしてたのを聞き逃しませんでしたよwww。

それではフォトセッション後の最後の一言です。
監督「この作品に出会えた事が幸せです。作品を見直す中で、自分は回りの人に支えられている事が再確認できました。皆で作ったので、この先もこの作品を愛してください」
新垣「撮影前に台本を読んで、どんどん気持ちが膨らみました。スタッフが撮影中にあれだけ涙する事も無い。最初は王道と思ったらそうではない」(以降、メモ取りを止めたので、下記のリンク先サイトを見て下さい)

以上で終了です。
生徒さんたちは、恒松ちゃんを除いては、結局合唱だけで終わりでした。
全員に喋らせると尺を取るから仕方ないけど、何か一言でもあると良かったなぁ。。(特に葵わかなちゃんの話が欲しかった)
でも、ほんとに合唱は綺麗でした。いいもの聴かせてもらいました。卒業おめでとう!!

◆T-SITEの舞台挨拶記事
◆cinemacafe.netの舞台挨拶記事
◆テレビファン・ウェブの舞台挨拶記事
◆ORICON STYLEの舞台挨拶記事
◆ウォーカープラスの舞台挨拶記事
◆映画.comの舞台挨拶記事
◆シネマトゥデイの舞台挨拶記事
◆オーヴォの舞台挨拶記事

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993872
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH