映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>




RECOMMEND
<< 【14-130】インターステラー ★★★★☆ | main | 【14-132】真夜中の五分前 ★★☆☆☆ >>
【14-131】ゴーン・ガール ★★★★☆
category: 2014年の映画レビュー | author: moeru-movie
これも観るのを楽しみにしていたゴーン・ガールをフリーパス9本目鑑賞。

ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしまう。警察に嫌疑を掛けられ、日々続報を流すため取材を続けるメディアによって、ニックが話す幸せに満ちあふれた結婚生活にほころびが生じていく。うそをつき理解不能な行動を続けるニックに、次第に世間はエイミー殺害疑惑の目を向け……。

これは困りました。
ネタバレ無しで書こうとすると、何も語れません。
でも、全く内容に触れずに書けるはずも無いので、ズバリの表現は避けますが、何となく分かってしまうかもしれないので、これから観るのを楽しみにしている方はご注意を。

この映画、前半部分は実際にあった事件「レイシー(スコット)・ピーターソン失踪事件」をベースにしているそうな。
この実際の事件では、夫が死刑判決(本人は無罪を主張)という結末を向かえているが、この映画は違います。
この妻は失踪しているのか?殺されているのか?どこかで生きているのか?
失踪しているとしたらどこに居るのか?殺されているとしたら誰に殺されたのか?生きているとしたら、失踪に見せかけた理由は何なのか?
そういった幾つもの選択肢がある中、とりあえずは「夫が怪しい」という感じで進んで行きます。

この風向きって、日本でもマスコミの報道とかネットでの拡散といった手段で、一度「コイツは怪しい」っていう色が着いちゃうと歯止めが利かなくなるよね。
実際、どの事件とは言わないが、最有力容疑者と見られていた近親者が実は全く無関係だったというオチは幾つもあった。
この映画でも、ニックが自宅までマスコミに追われ、自身に不利な出来事(浮気とか)が発覚すると、更に疑惑が加速度を付けて独り歩きするという怖さもあります。

そんな中、当のエイミーの行方に関しては、思ったよりも早め(中盤過ぎ)には観客に示されます。
そこからは「何でそういう事になったのか?」というエイミー側の視点からの描写も加わり、それまで時系列が前後していた事も重なって、ちょっと混乱してきそうです。

なるほどねー。
デキる女・綺麗な女ほど怖いなぁ・・・・。美人妻を持つダンナは決して羨ましいだじゃないのかな・・・と、色々考えさせられます。
何やらこの映画を観ちゃうと、「結婚なんかしたくない」というふうに思う男が増加するとかしないとか。
まあそうなるわなwww。挙句の果てにあのオチだもんな。

この映画は、上質のサイコスリラーにも見えるし、夫婦を題材としたコメディとも見えるかもしれません。
でも、男の側から見ると全然笑えません。
この映画については「夫婦・カップルでは観るな」という意見は的を射ていると思いますよ。
ちょっと長い映画だけど、フィンチャー監督好きなら必見では無いでしょうか。
それにしても、やっぱりネタバレ無しで書こうとすると薄くなっちゃうな〜・・・。

◆パンフレット:A4判・32頁・720円

ゴーン・ガール

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:映画館で観た映画
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993829
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH