映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>




RECOMMEND
<< 【14-108】惑星ミズサ ★★★☆☆ | main | 舞台『生きてるものはいないのか』観劇 >>
【14-55】惑星ミズサ 【上映後】トークショーレポ
category: 2014年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
初日舞台挨拶には出てこなかったさっつんが登壇するというので、平日の22日(水)に行われたトークショーに行ってきた。

■会場:ヒューマントラストシネマ渋谷
■座席:D列
■MC:佐藤竜憲監督
■登壇者:藤岡英樹、佐津川愛美、森ゆに(主題歌)
※レイトショーなのに舞台挨拶は「上映後」でした。

フリーなトークショーなので、わりとグダった所もありますが、貧弱なメモを頼りにお届けします。

(映画を観ての感想)
藤岡「ヤバいッス。のほほんとしてると思ったんです。映画も僕も」
佐津川「監督の人柄が出てる。監督がこんななので、作品もほわ〜んとして現場も居心地が良かった」
森「凄い良かった。夏前に曲を使いたいって連絡をもらったんですが、実は顔を合わせるのは今日が初めて。改めて出来上がったのを観て、ヨシスケと監督が重なりました。会うとそれが分かる」
監督「元々(森の)ファンだった。台本を書いてる時も、生の歌を聞きながら書いてた。森さんに直接(オファーの)メールを出したら、森さんから『色んな思いをこめた歌なので、まず作品を見せてもらってから』と言われて嬉しかったです」

(その音楽の感想)
藤岡「初めて聞いた時、声がいい!って、好きな声をしてた。休みの日に聞いていたいです」←本当はもっとグダった喋りだったwww。
佐津川「初日出来なくて凹んでて、今日は一杯飲んできたけど、ダメじゃん!www」
藤岡「いや、2杯です・・・」
監督「何か『地球が滅亡するなら?』って質問に対して『全裸になりたい』って(藤岡が)言って、それで『じゃあ僕も』って言ったら、それがニュースになっちゃってwww」

(さっつんは地球が滅亡するなら最後に何する?)
佐津川「美味しいゴハンを食べたい。最近美味しいんです。(最後でも)普通に過ごせるのがいいな。全裸にはなりませんよwww」

(どういう思いで「星のうた」を作った?)
森「書いたのは2010年。今は山梨に住んでるけど当時は東京だった。山梨は甲府に居たけど、かなり分かりやすい盆地で、山から見下ろすと足元に銀河が見える感じ。その1つずつの生活の灯りがあって、上を見ると星の光が美しいと思ってインスピレーションを受けました」
監督「こういう仕事をしてると『芸能人に会えて楽しそう』って言われるけど、その感覚が分からない。それがリンクした感じ」
森「さっき佐津川さんも言っていたけど『普通がいい』って言うのがリンクしている」
藤岡「もうマジ泣きです。現場ではみんな上の人で、自分はペーペーなので、茨城では少しホームシックみたいになってたのが重なり合って、逃げ出したくて・・・それは言い過ぎだけど、不安が大きかったので、良い言葉を投げかけられると泣いちゃうヤツです」

ここで、森ゆにさんに「星のうた」を歌って頂きます。
※「映画館で歌うのは初めて・・」(森)

それでは最後に一言ずつ。
藤岡「僕にとってこの映画は色んな事がありましたが、皆に観て頂けてホントに嬉しいです」
佐津川「ミズサちゃんが凄く好きです。脚本を読んだ時に『宇宙人の風俗嬢?』って思ったんですが、あまりそこに触れられていないので、宇宙人は嘘と思いました。自分でも良く分からずやってたんですが、出来上がったら、ちゃんと日常の中にある普通の幸せって何?って思えた」
監督「宇宙人かどうかはアバウトにしようと思ってたんですが、完全にミズサでしたよ」
佐津川「なかなか公開できなくて、でも公開したかったので、今日観て頂けて嬉しいです。何か感じて頂けたら嬉しい」
森「ここに居る方は映画が好きな方だと思いますが、映画は大規模なものから小規模なものまで色んな映画が作られてる。音楽も大きなものから小さなものまであり、色んな物作りをしている人がいる。根底は、熱い気持ちで作ってる人ばかりです。ミズサが色んな所で目に留まるといいな」
監督「映画と音楽は兄弟だと思う。映画館は単館が次々と閉鎖され、音楽もCDが前みたいに売れなくなってきてる。お客さんの中で好きな音楽や思い出の作品があったら、それを好きで居続けて欲しい。そして僕個人でなく、全ての監督や歌歌いの人を応援してあげて欲しい。クリエイトするという行為を応援して下さい」

と言う事で終了となりました。
とりあえず藤岡君!また今日もグダり気味でした・・・。喋る時はちゃんとマイクを口の所に持って行きましょうね。
そしてビックリしたのが森さん。
メモが取り切れてないのでだいぶ割愛してますが、この人、この映画を良く理解しているし、自分の音楽の世界観との共通性とか田舎を舞台とした映像美とかに関してのコメントが実に的確で感心しました。
監督が森ファンな事もあり、かなり音楽のネタ振りも多かったけど、ソツなく言葉も出て来てて好印象でした。
さっつんは少し出番が少なかったけど、いい感じでリラックスしてて楽しそうなのが良かったです。

それでは皆さんお疲れ様でした・・・(終了は23:10でした)

◆マンボウ北川さんのツイッター掲載写真

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH