映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>




RECOMMEND
<< 有楽町スバル座 座席表 | main | 【14-104】ある優しき殺人者の記録 ★★★★★ >>
【14-103】アンダー・ザ・スキン 種の捕食(ネタバレあり) ★☆☆☆☆
category: 2014年の映画レビュー | author: moeru-movie
上映館数は少ないけど、桜木町でやってたのでアンダー・ザ・スキン 種の捕食を早速鑑賞。

スコットランドの街から男たちが次々と行方不明になる事態が発生し、彼らは姿を消す直前、一人の女(スカーレット・ヨハンソン)と会話をしていた。自らの美貌と妖艶さを前面に押し出し獲物となる男たちを誘惑する女の正体は、人間ではなく地球外生命体だった。慈悲のかけらもない冷酷な女だったが、顔に障害のある男性と知り合ったことで、人間らしい感情を抱き始め……。

「これじゃあ上映館数が少ないワケだ」 そう思いました。
ある意味ビックリです。衝撃的です。
何たって色んなモノが「無い」んですから。
それとも、実は深いモノがあるのに気付かない自分がアホなのか・・・・とにかく意見が分かれる事は間違いありません。

まず、コレといった「ストーリー」(起承転結的なやつ)がありません。
基本的には「街を徘徊する女(ヨハンソン)」⇒「男をナンパ(又は男にナンパされる)」⇒「変な家(中は真っ暗)に連れ込む」⇒「服を脱ぎながら歩く女」⇒「服を脱ぎながら付いていく男」⇒「暗闇に沈む男(これが邦題の「捕食」なのか?)」⇒「街を徘徊(ry」
これの繰り返しです。
途中で顔面変型オッサンを連れだした事で何かちょっと女が変わってきて、次にはナンパ男とSEXを試みる。
だけど、突然ガバって起き出して、自分のお股をまじまじと見つめて固まる・・というこの時点では意味不明な描写もあります。
そんな繰り返し描写の中では、女は終始「無表情」「無感情」です。

このような描写で全体の8割くらいを占めてますが、普通の映画よりも極端に「台詞が少ない」です。
そして、映画的な「音楽も無い」です。
音楽と言うより「効果音」に近い音は流れてますが、ほぼ音楽音楽しておりません。

そして「演出」も感じられません。
これは意図的に街中でゲリラ撮影的に撮ったようで、例えば街中を歩いていたヨハンソンがコケて歩道に突っ伏すシーンで心配して介抱する通行人はエキストラじゃなくガチ通行人とか。

そんな感じで残り10分を切ったか?というところで、雑木林の中の山小屋で眠り込んでしまった女がオッサンにレイプされそうになるけど、何かオッサンの手に何かヘンなものが付いたようで、慌ててオッサンはその場所から逃げ出します。
すると、ヨハンソンがズルっと「ヨハンソンの皮」を脱ぎ出し、真っ黒な「中の人」が姿を現します!
「何じゃこりゃー!!」「何か分かんないけど、残り数分でエイリアンキタ━(゚∀゚)━!!!!!」「んでどうなる!?あと数分だぞ!?」
そんな期待と不安が渦巻く中、衝撃のラストが!!!

それは

・・・・

・・・・

・・・・

戻ってきたレイプ未遂オヤジにガソリンだか油だかをかけられて、火を付けられてアッサリと燃やされます。

そしてエンドロール。

(; ̄Д ̄)
(; ̄Д ̄)
(; ̄Д ̄)

なんだこのシュールな終わり方は!!!

とにかく直接的な表現・筋書きを求めると、全く意味が分かりません。
「スカーレット・ヨハンソンの真っ裸は、意外と肉厚ムッチムチなのね」という印象が残るだけかもしれません。
これが例えば「イメージビデオ」とか「ミュージックビデオ」であるなら、なかなかスタイリッシュと言えるのか!?

ん〜、確かに「UNDER THE SKIN」というタイトルに偽りは無かったですよ。
しかしねぇ・・・・どこが面白い所なのか、自分にはサッパリと分かりませんでした。
そんな自分の気持ちに正直に、☆は1つと・・・・。

しかしここ数本、採点結果の低い作品が並び過ぎてて、そろそろ心折れそうです・・・・

◆パンフレット:販売無し

アンダー・ザ・スキン

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:映画館で観た映画
comments(0) | trackbacks(1) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993783
『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』 〜皮の中身はなんじゃろな?〜
2013年/イギリス・アメリカ・スイス/108分 監督:ジョナサン・グレイザー 出演:スカーレット・ヨハンソン    ジェレミー・マクウィリアムス ■概要 原題は『Under the Skin』。イギリス・アメリカ・スイス合作による2013年のSFサスペンスです。監督は『記
偏愛映画自由帳 (2015/01/11 5:55 PM)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH