映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>




RECOMMEND
<< 【14-100】少女は異世界で戦った ★☆☆☆☆ | main | 【14-102】太陽の坐る場所 ★★☆☆☆ >>
【14-101】風邪(ふうじゃ) ☆☆☆☆☆
category: 2014年の映画レビュー | author: moeru-movie
シネマート六本木単館上映とは言え舞台挨拶も行われなかった事に不安を感じつつ風邪(ふうじゃ)を鑑賞。

地球上に約200種類が存在するといわれる風邪のウイルス。その特効薬となる風邪ワクチンを、科学者・紀久生(窪塚)が開発する。同ワクチンが生み出す途方もない利権を狙う秘密組織の幹部・道元(クリス・ペプラー)と彼の右腕の寺子田(和田)、奇跡の発明をねたむ医師・一ノ瀬(柄本)が、紀久生の周囲で暗躍し始める。さらに、謎めいた女・桜子(小西)も加わって攻防は激化。やがて、風邪ウイルスに隠されていた思いも寄らぬ事実と桜子の正体が明らかになっていく。

出たーーーーーっ!!!!
年に数本あるか無いかの「☆ゼロ」のポンコツ大駄作ぅぅぅ〜!!!!!

あまり予備知識を入れずにウィルスパニック系かと予想していた自分がバカでした。
もうですね、のっけから陰鬱なの。暗いの。台詞もあまり無いの。
映画の掴みがあの重さじゃあ、いきなり眠くなるってもんです(まあ寝ませんでしたけど)

「どんな風邪も治すワクチン」を開発した科学者って事で窪塚が出てくるんだけど、肝心のこの科学者とやらが最初から最後まで風邪でゲホゲホぜいぜい言っちゃって、「おめーがまず自分を治せや!」状態なのが良く分からんのですよ。
で、その奇跡のワクチンを狙うのが、何か胡散臭いオッサン連中(ボスの道元とやらは、JKのパンツ盗撮写真を見てニヤニヤしてるだけの単なるエロオヤジ)だし、発明を妬む医師っていう動機もトホホな柄本は、何かとわめく基地外ドクターなだけだし、結局小西さんは〇〇〇だったという現実感ゼロの設定とか、もう何から何までスケールの小さい内輪揉め程度の話なんです。
その小西の幼い息子が病気で「風邪にかかると合併症でヤバい」っていう設定なんてまさに取って付けたようで脱力しまくるよ。
息子を風邪にしない為にワクチン狙いで窪塚に近付いて・・って事なんだろうけど、肝心の窪塚はゲホゲホ言ってるんだよ?そんな「患者」に接触しておきながら平気で息子を見舞うって・・・「オマエが一番息子を風邪にし易いだろ!」って突っ込みたくもなります。

窪塚は窪塚で、マザコンなんだか知らないが、既に亡くなっているにも関わらずムクっと真っ裸で起き上がってくる母と何気に踊り出すという珍場面を繰り広げます。
その「踊る裸の死体母」はいつのまにか小西さんに変わってるんですが・・・・。
うーーむ、もはや何の意味があるのか考えても考えても分かりません。これは私がバカなんでしょうか??

そうやって私利私欲も絡めて奪い合い(ってほど派手なもんじゃなく、あくまでも内輪揉め程度)を繰り広げてきた奴らですが、結局上手くいかず・・・・と思いきや、当のワクチンには副作用があって、窪塚は〇〇になっちゃいます。
そんなワクチンを自分の息子用にこっそりGETして、いち早く注射していた小西が、その窪塚の姿を見て血相を変えて息子の所に行くと・・・・・・。
まあ、だいたい予想付くと思いますが、このオチを見た時の自分の偽らざる感想は「はっはっは!ざまーみろ!」ですよ。
で、そのまま唐突に映画は終わります。

もう覚えてないんだけど、もっとたくさん意味不明な台詞(「何言ってんだ!?」と突っ込み過ぎて忘れました)や行動が散見されるんだけど、こんなにへっぽこなネタ沢山な映画と知っていたら、もっと「突っ込み所メモ」をしっかりと取って、このブログ記事も久々の「突っ込み長編」に出来たのにと後悔しております。
(但し、再確認の為にお金を払って再見するという事は有り得ません)

なお、この映画の「Yahoo!映画」でのレビューですが、「9/28の23時過ぎ〜明けて9/29の2時前」の数時間に「この映画しかレビューが無い」という人による「☆4つ」の「賛辞」が10個くらい連続で並んでいます。
これが何を意味するか、分かる人には分かるはずです。
全く嘆かわしいね。何から何まで酷過ぎるよ。。。。という怒りも込めての「☆ゼロ」です。
こんな映画に当日料金1800円払った自分が情けないよ・・・。

◆パンフレット:販売無し

風邪(ふうじゃ)

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:映画館で観た映画
comments(0) | trackbacks(1) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993779
映画 風邪(ふうじゃ)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画&nbsp; &nbsp;  地方でスナックを経営する鮎川桜子役の小西真奈美。 &nbsp; 冒頭での演技は、ちょっといつもの小西真奈美とは &nbsp; 違い、生活の疲れをうまく演技されていますね。 &nbsp
こみち (2014/10/01 10:06 PM)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH