映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>




RECOMMEND
<< 【14-075】サスペリア ★★★★☆ | main | 【14-39】gift 【上映後】舞台挨拶レポ >>
【14-076】gift ★★★★★
category: 2014年の映画レビュー | author: moeru-movie
先週から都内をはじめ全国公開となったgiftを鑑賞。

輸入食品会社を一代で築き上げた篠崎(遠藤)。一方、母親の愛を知らずに育ち、ホストにだまされて借金を抱えてしまったキャバクラ嬢の沙織(松井)。スリ未遂の被害者と加害者として思いがけない出会いを果たした二人だったが、篠崎は沙織に100時間で100万円のアルバイトを提案。孤独で偏屈な彼らが愛する者に贈り物を届けるため、一路東京へと向かう。

まあ松井玲奈ですよ。この映画は松井玲奈が出るって言うから興味半分ミーハー気分で観に行った訳です。
先週の乃木坂個別握手会で「舞台挨拶見に行く」と本人に声掛けした上での鑑賞となったけど、いい意味で裏切られた!
予想の遥か上を行く素晴らしさ!
握手会が今週なら、この感動を松井本人に伝えられたのに!と思うと残念でなりませんが、それくらい作品としては良かったのです。

と、ちょっと待て。別に松井玲奈を大女優だと褒めているのではない。とにかく素晴らしかったのは遠藤憲一の方だ。
もうのっけから有り得ないくらいの偏屈オヤジ。最初は全く感情移入できませんよ。
でも、それが徐々に徐々に受け入れられるようになっていくんですよ。それは松井演じる沙織の心境とシンクロする感じです。
「って、また病気で余命が少ないとか言うオチ?」と序盤は思ってましたよ(それは劇中で沙織も同じ事を言ってた)。
でも、そうじゃないんだな、これが。
まあ、そう言いながら沙織を執拗に追う(このしつこさが映画の中で重要なアクセントになってます)借金取りの千葉が登場する事で何となくオチは読めてしまったのですが、読めてなおベタドラマとして楽しめて、最後は涙すら流れてしまいます。
よーく見てると、篠崎の態度とか喋りとかが微妙に終盤に向かって変化して行ってるんだよね。
そして最後、借金取りにXXされた篠崎が幸せそうに笑みを浮かべているかのような微妙な表情も秀逸すぎる。
普段はヤクザとか怖い役が多いけど、「やっぱ遠藤憲一はスゲぇな」と思う芝居でした。

そして松井玲奈。
キャバ嬢役と言いながら、どこかキャバ嬢に見えない(当たり前だ。本職はアイドルなんだから)所や、胸元見せたりチュッパチャプスみたいな飴玉をアレされたりと色々チャレンジしてます。
序盤は何をやっても「芝居してる松井玲奈」にしか見えなかったんだけど、遠藤さんの好演もあって終盤に向かうにつれて「沙織」になり切り、立派に「女優」していましたよ。
そりゃあまだ拙い所もありますよ。でも、遠藤憲一さんと立派に肩を並べていたと評価します。
SKE/AKBでの活動中、突如として茶髪にしてファンを驚かせたが、この映画の役作りの為だったんですね。
※そんな茶髪のキャバ嬢役と、8年前の回想シーンでのセーラー服姿を観られると言うお得感もあります。

この映画に「松井玲奈は何で途中でセーターを着替えてるんだ?」とか「神社や映画館の前にそんなふうに車停めたらパクられるだろ」とか「発信器2つもどこに仕掛けんだよ!それに気づかない沙織はアホか?」とか「最後のXX用の薬はどっから調達したんだ?」などなどの突っ込みは厳禁です(って、オマエが書いてるじゃねーか!)
沙織と篠崎の終盤15分の芝居を見たらそんなもの吹っ飛びますよ。
篠崎の最期の表情と、終始眉間にシワを寄せて不機嫌そうだった沙織がラストで見せた微笑みでチャラですよ。

えーっと、誤解しないで欲しいのですが、これは決して乃木坂好きの自分の盲目的な提灯記事ではありません。
そんな事するくらいなら、中田の「デスブログ」に星1つなんて付けません。
こうやって「所詮アイドル映画だから」と腑抜けた気持ちで観たらすごく良かったと言う事が稀にあるから堪らない。
「何でマヨラー設定やねん」と思わせておいて実は意味があったとか、大吉のおみくじとラストの繋がり(ちょっと出来すぎだが)とか、よーく見ていると発見もあります。
アイドル映画とバカにせずに、観てみてはいかがでしょうか?

【舞台挨拶の後に松井&監督がゲスト出演したアメスタで出たマメ知識】
・遠藤憲一がメンチカツ等を食する「寿荘」という設定の古い家は監督のガチ実家。
・遠藤憲一とブランコに乗るシーンの公園は、前田敦子の「クロユリ団地」の舞台となった砂場がある公園と偶然同じ。
・松井玲奈の運転シーンは牽引で実際は運転してません(免許持って無いし、今後取る事も考えてない)。

◆パンフレット:販売無し(残念!!!)

gift

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:映画館で観た映画
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993740
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH