映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>




RECOMMEND
<< 【14-18】大人ドロップ 【上映前】舞台挨拶レポ | main | 【14-035】神様のカルテ2 ★★★☆☆ >>
【14-034】大人ドロップ ★★★☆☆
category: 2014年の映画レビュー | author: moeru-movie
平日初日の大人ドロップを初日に鑑賞。

高校最後の夏休みが迫る中、親友のハジメ(前野)から彼がひそかに思いを寄せている同級生・入江杏(橋本)とのデートの約束を取り付けるよう頼まれた浅井由(池松)。だが、それが原因となって入江を怒らせてしまい、仲直りできないまま夏休みが始まった上に、彼女は遠くへと引っ越してしまう。スッキリしない気持ちを抱える浅井は、思い切って入江に手紙を出すことに。届いた返事から学校を辞めた真の理由を知った彼は、ハジメと一緒に彼女に会おうと片道200キロメートルの旅に出る。

男2・女2の高校生のひと夏の思い出・・・みたいなオーソドックスな青春恋愛話?と思ったけど何かが少し違う。
恋愛観が渦巻いているように見える4人だが、ハジメ(前野)⇒入江(橋本)のみハッキリと好意を表すものの、その他はどこかハッキリしない。
本当は心の奥に「好き」という感情がありそうなんだけどハッキリしないのは多感な年頃ゆえの心理描写なのでしょうか?
浅井は実は入江の事が気になる。
そんな浅井の事を好いている自分の心に今イチ気付いていないような意識しているような春(小林)。
一方の入江は・・・この子が一番何を考えてるか分からない。
と言うか、あまりハッキリした恋愛感情は無いようにも見える。
それは家庭事情が色々と複雑なものに変わったから・・・・。

まあ、ハッキリしないと言っても、実際あんなもんだとも思えるよね。
ドラマや他の映画であるように、美男美女の恋物語みたいな分かりやすい素敵な話なんて実は現実にはほとんど有り得ない気もするし、どこかぎこちなくてハッキリしなくて格好悪いところがリアルだったのかも。

そんな話は途中から入江さんちの事情が関係してきて、どこか暗くて重い流れに変わってくる。
父親が愛人(香椎由宇)のところで病に倒れ、それがきっかけで母は出て行く。
残された父の余命は僅か・・・。
そんな話を真ん中に持って来ちゃうもんだから急に重苦しさが加速度付けて胸に迫ってくる。
なんでそういうネタ(また病気で涙を誘うという魂胆か?という皮肉も込めて、あえてネタ呼ばわりさせてもらおう)を持ってくるのか、個人的には必然性があまり感じられなかったぶん減点です。

さてキャストですが・・・・
・池松:この間、一晩の乱交パーティやってた人が高校生って言われてもねぇ。
・橋本:良くも悪くも橋本愛らしい。キャラとしての魅力が少し足りない。
・小林:小林涼子ってこんなに可愛いかったっけ?とビックリ。ツンデレな感じやショーパンから伸びる脚など見所も多い。
・前野:一言「高校生に見えない」
・馬渕:何であんなに極端なドS教師なん??(正直やりすぎでしょ)
・大友花恋:橋本愛の幼少期を演じてた子。印象に残ったので、とりあえず書き記しておく。

やっぱりこの手の青春恋物語は、既に青春期の記憶が薄れているオジサンにはキツいのかもね。
だから採点は参考にしないでね(苦し紛れ)

◆パンフレット:小型(B5弱)・28頁・720円

大人ドロップ

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:映画館で観た映画
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993673
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH