映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>




RECOMMEND
<< 【13-124】もらとりあむタマ子 ★★★★☆ | main | 全ては君に逢えたから 【上映前】舞台挨拶レポ >>
もらとりあむタマ子 【上映後】舞台挨拶レポ
category: 2013年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
今日のタマ子は、新宿武蔵野館で4回、そしてここ川崎で1回の舞台挨拶が行われました。
新宿は完売だったけど、川崎は当日売りがあったみたい。

■会場:109シネマズ川崎(シアター6)
■座席:B列(A列未開放)
■MC:????
■登壇者:前田敦子、康すおん、伊東清矢、山下敦弘監督

普通のお客さんの出入り口から自分の脇を通って入場した皆さんからまずはご挨拶です。

監督「小さい頃に川崎に住んでいたので、その川崎で挨拶ができて嬉しいです」
康「昨日は眠れませんでした。普段はへっちゃらなんですけどね。今日は嬉しいです」
伊藤「予想以上に人が多くてビクってしました。心臓がバクバクしてます」
前田「こんなに大きい映画館で観て頂いて嬉しいです」

(タマ子と父の話ですが、実際に父との関係は?)
前田「タマ子は帰って来ちゃったけど、私は離れてはいなくて近くに住んでますけど関係は似てます。直接話し合う機会は無いですからね。最後はこの世界に入るか入らないかの頃ですかね」
(それってずいぶん昔・・・というツッコミも)
康「僕も高校生の娘が1人居るんですが、たまの喧嘩は本気でやってます。でも愛おしい所も見えてて、タマ子とダブって面白かったです」
(お父さんやお母さんと話しますか?)
伊藤「基本的に母親が怖いです。父親には対抗しますがイジけるので優しくしたり交互にやります」
前田「お母さん優しそうじゃん」
伊藤「意外と怖いんです」

(映画に自分を反映していた?)
監督「高校の頃はダラダラと映画を観てたりしました。僕は母親に甘えてたかな。こういう関係は不変ですね」
(タマ子のような子は彼女には?)
監督「アリです、全然。あれは父親の前だからであって、外面はいいんですよ。みんなそうなんじゃないかな」
(タマ子のような子は友達に居る?)
前田「無いです。見た事無いです」
(これから居たら?)
前田「友達になろうと言われたらなります。いい人に囲まれてるので、悪い子じゃ無いと思います」
康「うちも12時30分頃帰ってくると、目覚ましも書けずに寝てる事があるのでアリです」
(彼女には?)
伊藤「ちょっと無理wwww。彼女は居ても居なくてもいいです」
前田「でもカワイイ人も居るんでしょ?」
伊藤「そういうのも居るけど・・・」
※伊藤くんは撮影時は小6で今は中1とのアナウンスあり。

(それでは、今だから言える「実は・・・」な事は何でしょう?)
監督「さっき後ろの方で伊藤くんと少し観てたんですが、アクセサリー教室の所がウケてて喜んでました」
(アクセサリーに興味はありますか?)
伊藤「全く・・・」
監督「食卓シーンで、ゴーヤを食べてる時に微妙に(前田の)体が揺れてるんです。あれは芝居じゃなく勝手に動いていて、美味しいものを見ると体が動くらしいです。あそこはタマ子からあっちゃんになってる所です」
前田「季節的に夏だったし。スイカも美味しかった」
(「実は・・」なシーンは?)
前田「・・・・・」
監督「電話のお母さんの声は・・・・」
前田「私です!」
監督「話し方なんかはあっちゃんが残ってるけどね」
前田「私、電話の声がお母さんと同じで、電話かかってきて『あ〜敦子〜』とか言われて『違うんです』って事もあったのでリアルです」
(康さんは?)
康「言われてしまった。真っ白に・・・飛んでます」
(伊藤さんは?)
伊藤「何も考えて無いです」←www。

(撮影で楽しかった事は?)
前田「食べる所と髪型を変えようってカツラを被った事。チンチクリンな髪がしっくりきちゃってたww」
康「秋と冬のスタッフチーム、春のチーム、夏のチームと1年を通して1本の映画で3つのチームがあったのはなかなか味わえない事なので面白かった」
伊藤「イジられた事です。撮影前や撮影中はメイキングでイジられて、撮影に入ったらタマ子にイジられてました。疲れちゃった・・・」
監督「映画に流れてる時間と同じ時間が流れてる。アイスを食べてるシーンは、太陽が隠れちゃって、出てくるまで2〜3時間待ってたんですが、みんな寝てたりダラダラしてました。普通あんな時間は無いです。不思議な空気がこの映画を表しています」
※その時に買っただか何だかした野球のアクセサリーの話が少しあったけど、グダってたので省略。

(それでは最後にメッセージを)
監督「映画でなくてドラマからスタートしましたが、大きな映画館で上映されるようになってビックリです。これからも細く長く上映できれば」
前田「またこの空気感を味わいたいと思ったら、また観に来てくれたら嬉しいです」

と言う事で終了となりました。
帰りも当然自分の横を通って引き上げていった皆さんですが・・・やべぇ!何か前田敦子すげー可愛いじゃないっすか。
AKBの頃はアンチにブスだ顔面センターだと叩かれてましたが、いやいや、実際見ると可愛いって。
ちなみに、今日4回舞台挨拶が行われた新宿武蔵野館ですが、1年くらい前かなぁ。うちの会社の若手クンが「武蔵野館に映画観に行ったら、普通に前田敦子が居ましたよ!」って言ったよ。
実際、武蔵野館での挨拶でも「たまに来る」というような事を言ってたようで、ちょっとオーラ消してそこらへんに溶け込んでいたらあまり気付かれないという面も持ってるのが前敦のおもろい所なのかもしれません。

この後、また新宿に戻って舞台挨拶続行ですが、お疲れさまでした〜。

◆芸能ニュースラウンジの舞台挨拶記事
◆billboard JAPANの舞台挨拶記事
◆ORICON STYLEの舞台挨拶記事
◆ウォーカープラスの舞台挨拶記事
◆映画.comの舞台挨拶記事
◆まんたんウェブの舞台挨拶記事

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993603
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH