映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>




RECOMMEND
<< 【13-108】埼玉家族 ★★★☆☆ | main | 【13-109】アルカナ(ネタバレあり) ★★☆☆☆ >>
アルカナ 【上映前】舞台挨拶レポ
category: 2013年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
珍しく中2週も空いてしまった舞台挨拶ですが、本日は渋谷での舞台挨拶です。

■会場:ヒューマントラストシネマ渋谷1
■座席:D列(A列未開放・B列マスコミ)
■MC:八雲ふみね
■登壇者:土屋太鳳、中河内雅貴、山口義高監督

それではまずはご挨拶です。

土屋「まず最初に、先日の台風で大きな災害がありました。災害と戦っている方、どうぞお大事に。そして本日はようこそおいで下さいました。公開を迎えられた事に感謝します」
中河内「本日は足を運んで頂きありがとうございます」
監督「不思議な作品なので楽しんで下さい」

(遂に初日を迎えた今の気持ちは?)
土屋「中河内さんの名前に並ぶのがおこがましいのですが・・・」
中河内「ちょちょちょ・・www」
土屋「はい、ありがとうございます。現場は愛情に溢れていて、現場の熱意が伝わるように演じました」
中河内「とても嬉しいです。舞台を中心にやってるけど、素敵な映画・スタッフと出会えて幸せでした。この日を迎えられて映画出演の歴史の伝説の頁に刻むことが出来ました」
(舞台の初日とは違いますか?)
中河内「全然違います。舞台は生もので日々変わりますが、映画は撮った物が残るので怖いです」

(監督はこの作品がデビュー作になります)
監督「とにかく皆さんの協力で出来上がりました。3年前から始めて、2人のキャストが決まってから加速していき、公開が決まって幸せでした。公開までの長い時間が思い出せないくらいです」

(現場はアットホームな感じだった?)
土屋「私、怖い映画が強くなくて、映画を観ると引きずるので『大丈夫?』と思っていましたが、現場は楽しかったです。大学受験と重なってたけど、戻ると『お帰り』って迎えてくれました。この映画と大学、ドラマが重なって、体力的にどう保つかが難しかったです」
監督「あんまりくつろがれても困るけどねww。この2人はどこでも我が物顔でくつろいでいました」
中河内「共演者に知ってる人が多くて和みました。休憩時間には書を書くのが好きで、ペンで台本に書いていると『書いてよ』と言われて書いてました。仲の良い現場でしたよ」

(2人のキャラの演じ分けは?)
土屋「難しいと言うより挑戦したい事だったので嬉しかったです。完全に別人じゃないのでマキの中のさつき、さつきの中のマキを気にしてやりました」
(その土屋さんの切り替えぶりは?)
監督「素晴らしかったけど、その分お菓子の減りが早かったwww」
(中河内さんは?)
土屋「さつきとはあまり(一緒に)居ないんですよね」
中河内「そうですね、すみません・・・・」

(それでは、映画の中の「分身」にちなんで今日は自分の分身を持参して頂いております)
土屋(小型のノートを持参)「ネタ帳と呼んでいます。知っている事が少ないので、心に残る言葉とか取材でどう答えたかを書き留めています。もう一つの脳です」
(心の内まで書いている?)
土屋「見られたら・・字が汚いかも。(ノートを見ながら)『ご飯を良く噛む』とか書いてますwww」
監督「あまり人の脳を見てはいけないと言う事ですよwww」
(それは何代目?)
土屋「初代です。2代目にも行けたら」

中河内(犬の写真を持参)「何かオチみたいになってますが・・・。今は2012年だっけ?2013年か。5年前に婆ちゃんの誕生日にプレゼントして。ボケ防止もね。空と書いて『くう』って言うんですが、新幹線で広島に帰って育ててもらってます。僕に似て人懐こくてワガママで褒められると調子に乗る。もう俺の娘です。チワワのロングコートなんですが、パピヨンみたい。チワワのくせに大きくて態度もデカい。でもワガママの方がかわいいww」
(大丈夫ですか?)
監督「こんな感じでしたwww」

(ここで原作の小手川ゆあさんから直筆のイラストを頂いております)※下記画像参照
土屋「すごーい」
中河内「これは頂けるんですよね?」
(・・・・これはお客さんへの抽選プレゼントなんです・・・)
中河内「要りますか?要りますよね・・・」

(そしてこの映画がブリュッセル国際ファンタスティック映画祭へ出品される事も決まりました)
監督「嬉しいです。ファンタスティック映画祭は変わった作品が集まる。他には無い所を認められて非常に嬉しいです」
土屋「すごく嬉しい。映画祭という言葉が大好きなので、その映画祭で映ると思うと嬉しいです」
中河内「ファンタスティックですよね。世界の多くの方に観て頂けて嬉しいです」

(それでは時間になりましたので最後に一言)
監督「スタッフ・キャストが一丸となって作りました。常総の風景にも拘って作りました。エンドロールも素晴らしいので楽しんで帰って下さい」
中河内「村上(役名)を通して人を信じる事が大切な事だと学びました。皆さんに観て頂きたいです。宜しくお願いします」
土屋「主演とさせて頂いていますが、私は一番キャリアがありません。あの・・・・頭が真っ白に!!・・・伝えたい事があるのに!」
中河内「少々お待ちくださいwww」
土屋「たくさんの方に支えて頂いて・・・何て言うんだろう…真っ白に・・・あーっ!もう真っ白になっちゃった。言いたい事があったのに! はい。楽しんで帰って下さい」

この後はフォトセッションで、それが終わって引き上げようかという時に、太鳳チャンが急に「思い出した!」とアピール。急遽その思い出した事を話してもらいます。
土屋「私はキャリアが一番少ないんですが(そこから始めるとかww)、アルカナの世界で生きる事が出来たのは先輩方に助けて頂いたおかげです。ここに入りきらないくらいのスタッフが関わっているので、エンドロールで噛みしめてください」

と言う事で終了です。
太鳳チャンは「鈴木先生」以来2度目ですが、「鈴木先生の時より少し慣れたとは言え、最後にパニクる所はまだまだ初々しいです。

その土屋太鳳が出演していたテレ東のドラマ「リミット」での共演者だった桜庭ななみ舞台挨拶が来週です。
それではまた来週。

◆マイナビニュースの舞台挨拶記事
◆映画.comの舞台挨拶記事
◆CINEMA TOPICS ONLINEの舞台挨拶記事
◆日テレNEWS24の舞台挨拶記事

アルカナ イラスト
これが舞台挨拶中で紹介されたイラストです。

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993578
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH