映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>




RECOMMEND
<< 劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日 【上映後】舞台挨拶レポ | main | 009ノ1 THE END OF THE BEGINNING 【上映前】舞台挨拶レポ >>
【13-096】ザ・タワー 超高層ビル大火災 ★★★★☆
category: 2013年の映画レビュー | author: moeru-movie
ファーストデーで1000円の日だと言うのに買ってあった前売り券を使ってザ・タワー 超高層ビル大火災を鑑賞。

ソウルの汝矣島にそびえ立つ、地上108階の高層ビル「タワースカイ」。クリスマスイブを同ビルで迎えようとする客に備えるフードモール・マネージャーのユニ(ソン・イェジン)は、思わぬ厨房のボヤ発生に驚き不十分な換気設備に不安を抱く。人々が上層階に集う中、タワースカイ会長(チャ・インピョ)はタワー周囲を旋回する10機のヘリコプターで粉雪を降らせる演出を敢行。だが、そのうちの1機が上昇気流の影響によりビル内部に激突、すぐさま爆発炎上を起こしてタワースカイを火炎地獄へと変貌させる。

ちょうど10日前に「タワーリング・インフェルノ」(以下インフェルノ)を観たばかりで、色々と比較のし甲斐もあります。
そうは言ってもインフェルノの方は約40年前の作品。特撮と言えばミニチュアだったりとアナログ全開。
一方、CG全盛の現代に作られたこの作品は、災害シーンの迫力が上なのは致し方ないでしょう。
(でも調子に乗って花火を盛り過ぎたCGは頂けない)

そんなCGも交えて描かれる「タワー」は、誰が見ても9.11のあのビル。
そんなビルにヘリを突っ込ませて火災を起こし、火災の熱で建物は曲がり、やがて崩落・・・とまるでWTCそのままと言うのはある意味チャレンジャーです。

そんなパニックドラマに欠かせないのは、様々なキャラの登場人物。
後に災害に遭うキャラを序盤で立たせておく事は必然ですが、そのキャラがどいつもこいつもどこかウザい。
何よりも自分の犬が大事な割には糞をしても自分では片づけずに掃除のおばさんにやらせる政治家夫人。
その掃除のおばさんは息子の学費稼ぎに給料前借りして頑張ってるけど、そんな姿が当の息子にウザがられる始末。
施設管理チーフはその役職の通りに管理仕事に忙しいが、クリスマスの約束をした幼い娘をフードモールマネージャのお姉さんに預けて何か下心ありげのお花畑展開。
その幼娘は、何かと言うとピーピー泣いて周りをドン引きさせる。
このビルの会長の男は、案の定イベントを開催する事が第一優先で災害危機に耳を貸さないというキャラ。
そして一番のウザ(いや、馬鹿と言う方が正しいか)キャラは、何をやってもポンコツな調理師(こいつも女相手にお花畑)か。

そんなウザキャラが揃ってはいるものの、大筋としてはインフェルノと同じ流れを汲んでいる。
主要なキャラはレストラン街の一店舗に避難したまま動けない。そこに救助に向かうスーパー消防員。
レストラン街も火が迫って留まれなくなると見るや都合よくあったゴンドラに乗って脱出。
しかし途中で止まった為、皆でゴンドラを大きく揺らして建物のガラスを大破させて再びビル内へと言うデンジャラス劇。
そこから渡り廊下(ツインタワーなので隣のビルと上空高くで廊下で繋がれている)で避難しようとするも廊下が崩壊。
件のクソガキと若い消防士が崩れた廊下と共に居なくなる・・・。まさかあのガキに死亡フラグか!?

それでも倒壊寸前なビルからの脱出時間を稼ぐために、今度は階上の貯水タンクを爆破。これもインフェルノと一緒だ。
インフェルノではタンク爆破で鎮火したが、こちらはまだ終わらない。
ここから脱出する為に、エレベーターで脱出。しかし制御が効かないエレベータに乗るのは「降りる」でなく「落ちる」事。
しかし、これほどの度重なる大変な展開の中、何とか逃げ延びる人たちの中に居るスーパー臨月妊婦のダイハード加減には唖然とさせられます。
ところが、こんな切羽詰まった状況でも、ちょいちょいウザキャラ達のある種コメディタッチの描写が挟まる為に、その度に緊張感が途切れるのは良いのか悪いのか・・・(個人的にはマイナスだった)

そして最後の見せ場は、地下階まで「落ちた」一同。
倒壊寸前のビルは、このままだと隣のビルをも巻き込んで大変な事になるので爆破する事に。このままでは地下階から脱出は間に合わない。
そこで何故か都合よく地下にもあった貯水タンク(笑)を爆破し(また爆破かよ!)、その水流に乗って漢江に出ようと言う無茶な計画だ。
ってか、その裏では死んだと思ってたクソガキと若い消防士はちゃっかり生きとるやんけ!
何をシレっと一足先に救出されとんねん!

そして爆破に向けて避難する一行だが、肝心の爆破リモコンをアッサリと落としてしまうスーパー消防員www。よりによって一番大事なものを何故か手で持ってて「あっ!」とか言ってアッサリ落としちゃうとかwwwコントみたいだ!!
こうなったら自分が直接爆破スイッチを押すしかない!!
おぉぉ、これは「ポセイドン・アドベンチャー」コースなのねっ!まあ自分が蒔いた種のような所もあるから仕方ない。

このスーパー消防員のおかげで濁流に乗って(あれだけの火災なら瓦礫も流れてくるはずなのに、流れてくるのは水だけです)めでたく漢江に脱出・・・・って、流れ着いたのが沖合過ぎるだろ!!!
とイリュージョンな所も含めてみんな助かりました。
掃除のオバチャンの息子も母の無事を確認するやそれまでのツンツンとは打って変わって涙を流すツンデレっぷり。
フードモールマネージャのお姉さんは、いの一番に例のクソガキと熱い抱擁とか、みんな良かったですね。

はい。そんなわけで真面目な一大パニックスペクタクル!を期待するとアララな所も多いですが、色々突っ込みながら観るとけっこう飽きずに突っ込みまくれます。
もうね、途中からはインフェルノとの比較とかどこかに飛んで行っちゃいました!

最後に、この記事は鑑賞から3日も経ってからアップしております。遅延ごめんなさい。
だって、せっかく打ち込んだ入魂記事が2回連続で保存前に飛んだ(急に画面が閉じちゃったりテキスト欄が真っ白になっちゃったり・・・)為に心が折れてました。
せめて5分に1度はセーブしないとやってられんな・・・。

◆パンフレット:B5判・20頁・600円

ザ・タワー

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:洋画
comments(2) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
この映画のチラシって他にも図柄違いがありますよね。
by ロボット刑事 (2013/09/09 1:51 PM)
はい。裏面がタイアップの完全別柄があります。
by 管理人 (2013/09/09 11:36 PM)






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993561
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH