映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




RECOMMEND
<< 【13-095】劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日 ★★★★☆ | main | 【13-096】ザ・タワー 超高層ビル大火災 ★★★★☆ >>
劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日 【上映後】舞台挨拶レポ
category: 2013年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
「TSH」は本編よりも舞台挨拶目的で行ったようなものでした。。。(結果的に本編も楽しめた)

■会場:新宿ピカデリー(スクリーン3)
■座席:H列(A列マスコミ席)
■MC:中込真理子
■登壇者:要潤、夏帆、杏、時任三郎、上島竜兵、竹山隆範、中尾浩之監督

それではまずはご挨拶から。

要「ようこそいらっしゃい。ついにこの日を迎える事が出来ました。ずっとプロモーションしてたくさんの人が応援してくれるのが分かった。皆さんに感謝します。どうでしたか?この時間を共有できて幸せです」
夏帆「ついに初日。初日の挨拶は初めてのお客さんで気持ちが高揚しています」
杏「TVシリーズから出演してますが、きっかけはTSHのファンだった事。TVシリーズと映画に出演出来て感慨深いです」
時任「TVシリーズから映画へと歴史ある作品に出られて幸せです」
上島「本日は足元の悪い中・・・(ちょっとスベる)素晴らしいTSHに出演して、観て頂いて申し訳ないです。感動しています。いかがだったでしょうか?」
竹山「スベッた後に挨拶するのは嫌なんですけど・・ボクもTSHの大ファンですが、いつの間にかタイムスクープ社に入れて良かったです。一番びっくりしたのはタイムスクープ社が近所にあった事です」
監督「数ある映画の中から選んでくれてありがとう。TVシリーズをやってきて、映画になれたのはファンの方の声援のおかげ。感謝します」

(足掛け6年で映画になった今の気持ちは?)
要「役者を12年やって、半分をこの作品と歩んできた。映画って子供のようって言うけど、子供以上の分身のようです。昨日『明日公開』って見て色々考えました。シーズン5までやってきて不安もあったけど乗り越えて来て、ファンもついてきてそれが自信となって今日を迎えられた。役者人生のターニングポイントとも言える今日を迎えて胸がいっぱいです」

(今回初参加ですが)
夏帆「初めて現場に行った時から熱量が凄くて思いも伝わった。それに負けないようにと思って現場に居た事を覚えてます」

(今回はアクションにも挑戦しています)
杏「いつもはコントロールブースから指示しているだけなので現場に行けて嬉しいです。ピストルを撃ってる所はCGですが、撮影中に監督が「どぎゃぅぁがぎゅーん(文字に出来ない擬音)」って言ってくれたので臨場感がありました」

(現場は他とは変わってる?)
時任「本番中に語りかけてくるのが・・・」
監督「やりにくいですか?」
時任「いや、大好きなんですけど」
監督「『10秒前に戻って』とか『今のイイ!』とかね」
時任「神の声と思ってやってました」
(アドリブもOKだとか?)
要「好みますね。瞬間のハプニングでいい表情とかシーンを頭で組み立てる。城に行く所で夏帆ちゃんが転んだりすると『よっしゃ!』と思いました」
杏「台本のト書きに顔文字が使われてたりして、顔文字のおかげで分かりやすくなってた」
要「こんな感じでって動画サイトのURLが書いてあったりww」

(今回は熱演でしたが、天職では?)
上島「とんでもない。演技派の竹山さんもいるし・・・」
竹山「俳優じゃないでしょ。俳優はブリーフ穿いてウロチョロしませんよ!www。クランクインの前に飲んだ時に竜兵さんが行きたくないって、『台詞が難しくて分からない』とシクシク泣いてました」
上島「読んで分からない!でも、みんな褒め上手で、『スタート!』から『最高です!凄い!じゃあもう1回!!』ってwww」

(まだ終わって欲しくない?)
要「まだ続けたい。何回も観て頂いて、各地を回って心証を良くして、そうしたら2・3・4・5・・と作れるかも」
上島「竹山はタイムスクープ社だからいいけど、俺は今回だけ??wwww」

(それでは、『教えて!あなたのスクープ』と言う事で1人1つお願いします)
要「この作品後も、上層部では、『次のシーズンか?』という話があるのを隙間から覗きました。分かんないですけどね」
監督「ボクも聞いてない」
要「スケジュール空けておきますので」
夏帆「プロモーションで色々挨拶に行った時、前に監督とお会いしたら『セッションしよう』とかアーティストっぽく言われたのが好きです。緊張を和らげてくれる。一緒にカラオケとか行ったら盛り上がりそう。行きたいです」
監督「TVで要さんの山形ロケがあった時、ツイッターで『要さんが空港で放送されてた』って書かれてた」
要「ゆっくりし過ぎてて・・・。搭乗口が遠くて、飛行機も小っちゃいから。誰?と思ったけど知らんぷりしてゆっくり行きました」
上島「1ヵ月前に試写室で要さんの奥さんが挨拶に来た。初めて見たけど上品で綺麗な人だったがうちのカミさんには負ける。」
竹山「2〜3年前にハワイに行ってバスに乗ってたらバス停にダンディーな人が居た。宇津井健?と思ったら本物で、その日の夕方に同じホテルだったんですが、シャンパンと手紙が届けられて『夫婦2人で素敵な旅を楽しんで下さい』って書かれてた。そうしたら電話が鳴って『明日一緒に食事に行かない?』と言われてステーキを食べました。『日本で会う事は無いけど元気でね』と言われましたが、現場に行ったら上司でしたwww」
上島「何かあるんでしょうね・・・・」
竹山「もう話終わってるから!被せなくていいwww」
杏「朝ドラの撮影で大阪で暮らしてるんですが、先週メイクしてたら廊下に青いスーツが見えた。沢嶋さんが歩いてたんです!大正時代の話をやってて、大正時代を取材してくれるのかなと思いました」
※注:杏が出演する朝ドラは、「あまちゃん」の後を受けて9/30から放送となる「ごちそうさん」で、大正時代が背景となっています。
時任「城を登って行く所で、『ここはどれくらいハーハー(粗い息遣い)すれば?』と思って最後は凄くハーハーして後ろを振り向いたらハーハーしてないww。俺だけ?と思ってたらOK!って。俺だけジジイみたい。後ろまで目が行き届いてなかったけど、(沢嶋らは)あのボディスーツは息切れしちゃいけないスーツでした」

(その特殊スーツはどうですか?)
要「何が大変か分からないですが、城のシーンは台風で、駆け上がれるかと思ったら時任さんが早くて!。夏帆ちゃんと2人、全然追い付けなかったです」
時任「煽られたらマズいので必死でした」
要「着物着てるのに、リアル権之助だと思いました」

(それでは最後にメッセージを)
要「来場頂き本当にありがとうございます。これから2、3と戦いも始まったばかりです。これからもタイムスクープハンターでお目にかかれるように頑張ります」

と言う事で終了となりました。
今日は一言。「杏△」

黒のレザーっぽいピッタリした服はキャットウーマンみたいでサイコーでした!!

◆MOVIE Collection [ムビコレ]の舞台挨拶記事
◆Billboard JAPANの舞台挨拶記事
◆ORICON STYLEの舞台挨拶記事
◆ウオーカープラスの舞台挨拶記事
◆お笑いナタリーの舞台挨拶記事

◆映画.comの舞台挨拶記事

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993560
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH