映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




RECOMMEND
<< 【13-087】トーク・トゥ・ザ・デッド ★★★☆☆ | main | 【13-088】たいむすりっぷメガネ ★★★★☆ >>
たいむすりっぷメガネ 【上映前】舞台挨拶レポ
category: 2013年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
あまり見るつもりは無かったのに何となく見てしまった舞台挨拶です。
この土曜の舞台挨拶の他、日曜は男性キャストも加えて同じ渋谷でもあり、更に月曜は小田原でも舞台挨拶があるようです。

■会場:ヒューマントラストシネマ渋谷
■座席:C列(A列マスコミ)
■MC:平野貴之プロデューサー
■登壇者:AeLL.(篠崎愛、西恵利香、石條遥梨、鷹那空実)、永江二朗監督

最初の挨拶はみんな「よろしくお願いします」だけなので省略し、初日を迎えた気持ちから。

篠崎「メチャクチャ嬉しい!本当にタイトなスケジュールで頑張ったのでたくさんの人に観て頂けて嬉しいです」
西「AeLL.全員で出演して思い入れがあるので、好きになってくれれば」
石條「いい作品なので好きになって」
西「同じ事言ってるwwww」
鷹那「同じ事になっちゃうんですけど・・・」
西「ちょっとは変えてねwwww」
鷹那「こんなに来てくれるとは思わなかった。楽しい事になってるので楽しんで下さい」

(山梨・南アルプスのロケについて)
篠崎「AeLL.村の活動でお世話になっているんですが、自分たちが耕した地で戦闘シーンをやるのは不思議な感覚です」
西「AeLL.村しか行かないので、下は街なんだなぁと。ちゃんとしてるな、山梨wwww。あ、今のはマスコミの方はいい感じで書いておいて下さいwww」
石條「村から出たらメガネ屋もあって良かったですwww。いいメガネ屋でした」
鷹那「バタバタしてたけどのんびりとした山梨でした」
篠崎「私はいい感じにスケジュールが組まれてたんですけど、まさか監督は鷹那推し!?」
監督「そういう疑惑もあるけど箱推しです」

(この映画で伝えたかった事は?)
監督「AeLL.村での活動を大事にしているので、最初に行った時からウェルカムな雰囲気で市長さんも全面協力でした。AeLL.が真剣にAeLL.村に取り組んでいるので出来たと思います。予算は少ないけど気持ちだけは負けません」

(ロケでの思い出は?)
篠崎「劇中でメガネをかけるんですけど、メガネをかけ忘れて撮っちゃって、楽屋に戻ったら机の上に置いてあるんです。そんな事が2回くらいありました」
西「体育館でやり合う所をやり直しました。愛ちゃんを(カメラが)抜くとかけてないんです。監督も凹むくらい『やっちゃった』という感じなのに誰も気付かなかった」
篠崎「走ってるシーンは後で地元の道をブォーって走りました」
西「民宿に泊まったんですが、虫が出て・・・。普通ならいいんですけど、布団に入ったら足の指を噛まれたんです。調べたらヘビトンボの幼虫で、あれはスゴいです」
篠崎「見た目がエグい」
西「お婆ちゃんが潰してくれました」
篠崎「でも青い汁とか出ちゃって、布団に・・・・」
西「その上にシーツを敷いて寝ました。翌日からは違う所に泊まったんですが・・・・でもいい所ですよwww」
石條「何かトイレに札が貼ってあって、出る感じでした。隣の個室からカラカラと音が聞こえたとか・・・」
篠崎「私も、石條さんかと思って話しかけたら部屋に居たんです」
(トイレの花子さんの宣伝?ちょうどDVD出るし?? ※石條さんは「トイレの花子さん 新劇場版」に出演し、DVDが出ました)
石條「いえいえ、違いますよ・・・。でもDVD出たので宜しくお願いします」
鷹那「休みが1日あったので西さんとラーメン屋に行きました。パジャマでコンビニに行ったりもしました」
西「スエットですwww」

(撮影秘話は何かありますか?)
篠崎「秘話・・・・。あ!戦闘シーンでファンの方と戦闘シーンを撮ったのですが、思い切り股間を蹴っちゃって・・・」
※劇中にはエキストラとしてAeLL.ファミリー(AeLL.ファンの方)たちが40名近く出演して戦闘(乱闘)シーンを撮っています。
篠崎「凄い力で蹴っちゃって、顔を真っ赤にして『大丈夫・・・』って。ゴメンね」
※実際にその蹴られた人をはじめ何人かは場内に観に来ていました。
西「体育館で木刀持って待っているシーンで、あの格好は初めてしたんですが、男魂(メンソウル)の方に似合ってると言われて恥ずかしいやらショックやら・・・」
篠崎「前々から似合ってると思ってた。西さんは受け入れないけど、そのままよ!」
西「普段は清楚で真面目なのでそのままの私も観て下さい」
石條「私は愛ちゃんとのシーンしか無いんですが、最後は噛み倒して噛み倒し過ぎて終わったのが夜の3時でした」
篠崎「石條さんは画面に入って無いのに噛むんです。じゃあ台本見りゃいいのに、そこでプロ意識出して・・・www」
鷹那「私は子供がいる役ですが、それが市長のお孫さん?か何かで、その子が上手で私が指摘されるんです。私の台詞まで丸暗記して凄いです!」
監督「(劇中のタイムスリップ先が)8年前なのでレイザーラモンHGのネタが流行ってて、何気なく篠崎さんもやったらすごく上手でね。釣りじゃないけど」
篠崎「フォー!は坪内さんで、私はスギちゃんです。断ろうと思ったんですが監督が・・・・。何か今イチだった?」
石條「スギちゃんで泣いた人もいるかもwww」

(ファンと一緒の撮影について)
西「気合を入れてくれて、農民スタイルや医者、女子高生と色んな衣装を着て、スーツは新しいのに泥だらけになってオラオラって。雨も降ってドロドロになってくれて、台詞のある人まで居て凄いです!」
石條「私はファミリーと共演してない・・・・」
篠崎「楽しかったよーww。ファンの方も撮影現場が見れて良かったね。エンドロールに名前も載ってます」
西「(この映画に出た事を)誇りを持って言って欲しいです」

(見所は?)
篠崎「ラストですかね。石條さんに噛み倒されながら頑張った所です」
西「初芝居なので全体的に頑張った所を」
石條「私も最後は頑張りました」
鷹那「現代と過去の演技を変えた所を観て頂ければ」

(新曲も主題歌で使われています)
西「『パンツの穴』の時も嬉しかったけど今回は劇中歌も全部AeLL.なんです。エンドロールに合うかと思ったけど結構明るい気持ちで終われて良かったです。観た方はCDもぜひ買って下さい」

ここでフォトセッションを挟んで最後に一言。
鷹那「初演技で緊張しましたけど頑張りました!」
石條「ハートフルなコメディなのでほっこりして帰って下さい」
西「私たちも緊張しましたが素敵な作品になってるので心に留めて下さい」
篠崎「本当にスケジュールが無い大変な中、みんなで頑張った大事な作品なので楽しんで下さい」
監督「なかなかハードな中、撮影は大変でしたがダイヤの原石のような作品になっています。原石は原石なりのいい作品です。ポップコーンでも食べて突っ込みながら観て下さい」

という事で終了しました。

自分もアイドル映画(特にアイドルホラー)を良く観ますが、何だか「MC平野P&永江監督」が多めのような気がします。
篠崎さんは「骨壺」(これも永江監督)以来ですが、まあごくごく当たり前の感想としては「おっぱいが!!!!」ですね。
下記マイナビニュースの写真がgjなので確認してみてください。
しかし、場内400個の視線を集中させるおっぱいの威力は凄いですね。
AeLL.については全く詳しくないですが、またB級アイドル映画に出た際は劇場でお会いしましょう。

◆日本映画専門情報サイトの舞台挨拶記事
◆マイナビニュースの舞台挨拶記事

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993549
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH