映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




RECOMMEND
<< シャニダールの花 【上映後】舞台挨拶レポ | main | 【13-082】不安の種 ★★☆☆☆ >>
不安の種 【上映前】舞台挨拶レポ
category: 2013年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
本日2本目の舞台挨拶は渋谷のレイトです。

■会場:渋谷シネクイント
■座席:B列(A列マスコミ)
■MC:伊藤さとり
■登壇者:石橋杏奈、須賀健太、浅香航大、長江俊和監督
先週日曜から1週しないうちに再び金髪の須賀くんか・・・・。

それではご挨拶から。

石橋「今日はレイトで夜遅くに集まって頂きありがとうございます。ホラーだけどそこまでゾクゾクするような絶叫系とは違う新感覚のホラーです」
須賀「僕はこの作品は台本を読む前に原作を読んで、どう映像化されるかを楽しみにしていました」
浅香「・・・フーッ(深呼吸)・・・。今日はありがとうございます。こんな時間からこの映画を観ようと言う物好きの方が集まって嬉しいです」
監督「今まで見た事がないホラーを作ろうと挑みました。味わった事のない感覚が味わえると思う」

(今までにない役どころで2人を振り回しますが?)
石橋「役だけどいい気持じゃないです。陽子は突発的な子で、感情が読めない女の子なので役作りの仕方が分からず、書いてあるからやろうと考えてやりました」
(どう感じましたか?)
須賀「凄い間近でスイッチが切りかわってリアルに『えーーっ!』ってなってました」
浅香「こっちは楽しんでやってました。本番前も楽しみにして現場に行ってました」

(今回は特殊メイクもありました)
浅香「特殊メイクをやってみたくて、合成もあって色んな体験をして面白かったです。でもメイクした状態をキープしないといけないんですが、鼻炎なので鼻水が出て来ても鼻がかめないのが困りました。陽子に振り回される巧(自分の役)はいいヤツなので、いい迷惑でした」
須賀「誠二(自分の役)もいいヤツで本当にいい迷惑です」
石橋「悪気は無いんですけど、見たらビックリするくらい(印象が)覆ってます」
監督「最初に思ったのは、面白い漫画でインパクトがあるので、これを映画でリアルにしたいと色々な方法論を使ってやりました」

(皆さんは初共演?)
浅香「健太とは今も共演してて、不安の種より前にも一度共演してます」
(撮影の合間はどんな?)
石橋「タイトなスケジュールだったので、喋ってるけど中身の無いどうでもいい話をしてましたwww」
浅香「歳も近いので、若い適当な話をね・・・」
須賀「絡む・・・とかって言わない方がいいのかな。もっと現場で話が出来れば良かったです」
(どんな印象を?)
監督「トリッキーなシナリオで、シナリオを読んだだけでは難しいのでディスカッションしました。そこで石橋さんが『心情が読めないので、考えるのをやめました』と言うのを聞いて良し!と思いました。今回バラバラに撮影する中で、石橋さんに演じて頂いた所が編集で繋がったら素晴らしくなった。これもひとえに石橋さんの演技力によります。須賀さんは18歳で既に大御所の風格があって座長感覚で皆をまとめてました。演技力も安心感がありました。浅香さんの巧は、浅香さん本人のキャラにピッタリで、ご本人もキャラを発揮していました。今日も控室ではイジられてるし、演技に対する熱心さや非常に難しい役も理解してくれて助かりました」

(それでは、皆さんの最近の「不安の種」を教えて下さい)
浅香「ボク、代謝が良くて、トイレが近いんです。なので長距離の移動が不安です。メシ食ったらすぐトイレのタイプなので・・・・。今日も不安でした。喋るのが苦手なので」
須賀「身長が・・・(場内から笑いが漏れる)・・笑うトコじゃない!止まったんじゃないかというのが不安の種です。もうちょっと欲しいので」
石橋「先週暑かったですよね。この夏を乗り切れるのかが不安です。生きて次の季節に行けるか・・・・」
須賀「監督は?」
監督「台本に無い・・www。今日が不安でしたが、こんな満席でありがとうございます」

(それでは最後にメッセージを)
石橋「時間軸がずれてるので真面目に見てるとゴチャゴチャになります。感じるという感覚で観て下さい」
須賀「原作読んでる方も読んでいない方も楽しめます。いい意味で後味が悪いのでそれを感じて下さい」
浅香「変な映画だと思いました。でも色味やアングルが好きなので、そういう所を観て下さい。これから観るのでネタバレになるといけないので、自分でピー音入れると・・・・ボクがピーにピーしてる時にピーがピーしてくる所を観て下さい。終盤に向けて纏まって行く所が見所です」
監督「元々短編だけど、オムニバスでは無く1本にしたかった。シナリオから撮影、照明、音楽全部やって恐怖感・不安感が感じられると思います。この映画はホラー映画では無く不安映画と言えばいいです。あと、岩井志麻子さんのとんでもない役にも注目して下さい」

と言う事で終了です。

お目当ての石橋杏奈ですが、一番最近本人を見たのは2011年1月(「少女戦争」舞台挨拶)と随分前でもう記憶も無く、昨年の「トリハダ」ではドタキャンだったので今回楽しみにしておりました。
いや〜、すっかり美人さんになって、胸厚にもなって(背中が大きく開いた衣装がセクシーです)、いいお姉さんになりました。
この調子で更にべっぴんさんになって下さい。。。(棒読み)

◆映画.comの舞台挨拶記事
◆シネマトゥデイの舞台挨拶記事
◆サンケイスポーツの舞台挨拶記事

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993540
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH