映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




RECOMMEND
<< 【13-081】シャニダールの花 ★★☆☆☆ | main | 不安の種 【上映前】舞台挨拶レポ >>
シャニダールの花 【上映後】舞台挨拶レポ
category: 2013年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
今日はテアトル新宿で舞台挨拶です!

■会場:テアトル新宿
■座席:H列(A列マスコミ)
■MC:mic
■登壇者:綾野剛、刈谷友衣子、山下リオ、古舘寛治、伊藤歩、石井岳龍監督

本当は華ちゃんも見たかったけど、この前の吉祥寺(監督・綾野・黒木)には出て、この新宿は出ないで、その後の川崎(監督・綾野・古舘・伊藤)も出ないで、最後の桜木町(監督・綾野・黒木・古舘・伊藤)は出てくると言う超変則スタイル。(日中は別仕事だったのかな)
迷いに迷ったけど、刈谷&リオが出る新宿を選んでしまいました・・・・。

それではご挨拶と初日を迎えた感想などから。

綾野「こんな時間に足を運んで頂きありがとうございます。感慨深いです。監督、初日おめでとうございます。観終った後なので、今日はラフに過ごせれば」
刈谷「初日に来て頂いてありがとうございます。華ちゃんが居ないので心細いですけど楽しい時間を過ごせれば」
リオ「(リオちゃーん!おはよう!!と恥ずかしげも無く声を上げる認知厨のキモオヤジに若干引きつつ)ありがとうございます。今日は本当に満席になって初日を迎えて嬉しいです。作品の後を引く感じを楽しんで頂けたら」
伊藤「多くのお客さんに来て頂いて嬉しいです。華ちゃんが居ないので私も心細いけど楽しい時間にしたいです」
古舘「1人だけスタッフみたいな格好ですみません。一応俳優で出てました。今日は涼しくて映画日和なので皆さんに集まって頂き嬉しいです」
監督「映画と共にこの時間が心に残りますように」

(この作品を作ったキッカケは?)
監督「シャニダール遺跡で発見されたネアンデルタール人と花の化石が一緒に発見された事は人間の心の発生の瞬間だという友人のアイデアをもらって作りました」
(理想的なキャストになった?)
監督「大嘘の話だけど俳優の感情表現がこの世界をリアルに届ける案内人になった。お客さんは俳優の存在を通して観るので、良き主演に恵まれて嬉しいです。満足しています」

(白衣の大瀧が覗き込む手先に色気がありました)
綾野「そうですか?監督がそのように撮っただけですよ。丁寧に大切に扱う感じで優しく触れると言うか・・・」
(ドキドキしましたか?)
伊藤「至近距離で診察する設定ですからね」
綾野「男と女の距離だよね。皆さん酸いも甘いも経験してるから分かると思いますが」
伊藤「内科とは違う。大切にしないと枯れる花で、心の中を覗かれている感じ。自分が触っていない所を触られている感じです」
綾野「やっぱり男と女の距離ですよ。大丈夫かな?これで・・。皆さん(記者の方)ちゃんと書いてくれるでしょう」

(刈谷さんは?)
刈谷「近かったです。自分の体から生えてるのでじっくり見られるのは照れ・・・近かったです!」
リオ「私は一番見られたくなかった。花も花だったので。シーン的には見られるのは無かったんですが、ミクはコンプレックスを抱えていたので『見ないで!』と思いました。結構『花どうしたの?』って突っ込まれてたので隠したかったです」
古舘「ボクにはそれくらいの距離に来てくれなかったね」
綾野「おかしいでしょ!男と男の距離って・・・」
古舘「ボクも見て欲しかった。綾野さんとのシーンが多く、あとは黒木さんで、皆さん現場ではご一緒していないので初めましてに近い方も居て、もっと現場でこういう距離になりたかった」

(現場はどうでしたか?)
監督「結構大変でした。静かだけど緊張感が高くて、良く覚えて無いです。必死だったので。スタッフや俳優が考えながらやっていたので『頼むよ』という感じでした」
(今日は胸に花をつけて・・・)
監督「本当は綾野さんが付けるのがいいんですが、綾野さんと黒木さんのアイデアで・・・」
伊藤「凄い素敵な・・・シャニダールの花とはちょっと違うんですね」
監督「まず私が最初に咲いてしまいました」
(試写会では花を付けたお客さんも居ました)
監督「心の中にも新しい花が咲き続ける。観終って何か持って帰れる映画が好きなので、この映画も花か種か何か残るものがあれば」

(石井組の現場は?)
古舘「記憶力が悪いので・・・。覚えているのは、衣装合わせの時に時間を取って話をした事です。忙しいのでそういう時間を作れる現場はあまり無い。現場でも俳優にどうしたいかという僕らの能動性を促す感じでもっとやりたかったです」
監督「俳優には思いがあって出てもらってるのでずっとやりたいです。愛しています」

(それでは最後にメッセージを)
監督「素敵な俳優と挨拶が出来て嬉しいです。この映画はこれから全国で愛される映画になれば」
綾野「あらゆる作品の中から選んで下さってありがとうございます。映画の事は分からないけど、作品がお客さんを選ぶのが多く、この映画も作品がお客さんを選ぶと言う印象を与えがちです。でもシャニダールの花を体感して下さったのがスタートで感謝の極みです。ありがとうございました」

と言う事で終了しました。
ワンポイント感想は・・・・
綾野:ああ見えていつも気さくな感じなのが好印象。
伊藤:いつも気取らなくてトークも面白い。
刈谷:赤い靴下が可愛い。
リオ:逞しいフトモモが・・・・←おい

まあ今回は客の方がね。前述のキモオヤジ以外にも退場する綾野くんに握手してもらおうと突進して止められてる馬鹿女も居たし、ほどほどにして欲しいものです。
あと、登壇者のマイク(音声全般)の調子が今イチだったのは頂けない。劇場はちゃんとチェックせよ!

黒木華(ちなみに華と書いて「はる」です)サンはまた別の機会にお会いしたいものです・・・

◆billboard JAPANの舞台挨拶記事
◆まんたんウェブの舞台挨拶記事
◆映画.comの舞台挨拶記事
◆ウオーカープラスの舞台挨拶記事


シャニダール短冊
劇場にはキャスト・スタッフの願いが書いた短冊(七夕はだいぶ過ぎたが・・)がありました。
(刈谷ちゃんのは見当たらず・・・)

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993539
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH