映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>




RECOMMEND
<< 【13-074】飛び出す 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲 ★★☆☆☆ | main | 【13-075】生贄のジレンマ<上> ★★★☆☆ >>
生贄のジレンマ<上> 【上映前】舞台挨拶レポ
category: 2013年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
昨日に引き続いて同じ豊洲の同じスクリーンで同じ列で舞台挨拶観覧です。

■会場:ユナイテッド・シネマ豊洲
■座席:B列(A列マスコミ)
■MC:長谷川豊
■登壇者:須賀健太、竹富聖花、May'n(主題歌)、金子修介監督

登壇者が出てくる前に長谷川アナの前説的なトークがありましたが、まあね、知ってる人は知ってるけど、長谷川アナと言えば色々ありましたから。
※舞台挨拶本編よりそっちの方が記事として取り上げられるという皮肉な結果に。

それではまずはご挨拶から。

須賀「今日は暑い中お越し頂きありがとうございます。まだご覧になられていないので言えませんが、サスペンスホラーの小説が好きなので出させてもらって嬉しいです」
竹富「ホントに面白いので上を見たら中も下も観て下さい」
May'n「今回お話を頂いて製作しました。私はサスペンス調で死を繰り広げる楽曲が多いのでまた出来て嬉しいです」
監督「とんでもない設定だけど少年少女たちが難局をどう切り抜けるかの目線で撮りました。設定にぶつかっていく気持ちで作りましたので宜しくお願いします」

(追い詰められた所を演じて)
須賀「ストーリーが進むにつれて緊迫感が出るので、そこを上手く演じようと思いました。みんな同年代なので空気感が作り易かったのは良かったです」
竹富「自分も体験した事が無い。友達が死んじゃう芝居は難しいけど、死に方がリアルなので溶け込んでやり易かったです」
May'n「葛藤を描く作品で、観ていてヒリヒリします」
(スタッフを生贄に出すとしたら?)
May'n「偉い人はしません。下々から・・・・いやいやwww」
(会社ってそういう風に出来てますからね)
監督「原作は滅多に考えつかない話で、理不尽な感情で作りました。人間の本音や究極の状態の感情を引き出せたのが良かった。クランクインでは少年少女たちに信じられない世界を信じさせてくれと言う感じでした」

(須賀くんはバク転をして楽しんでたとか?)
須賀「そうです。全く作品に関係無いですけどwww。控室はすごく楽しくて、ゲームしたり、作品が重いのでその反動で控室ではかなりね・・・」
(武富さんは高い所にも動じて無かったとか?)
竹富「はい。穴があってもあんまり怖くないです。高い所は大丈夫。バンジージャンプもやりたい。(と監督を見ながら)ぜひお願いします!」

(切な苦しい曲ですが苦労した点は?)
May'n「作品を通して胸を締め付けられました。大切な人を守るなら自分を犠牲にしなければならない。自分を守りたいなら大切な人を犠牲にしなければならない。その葛藤や世界観を曲にしました。リアルに心情を感じる事ができました」

(アドリブや脚本を崩されたとか?)
監督「結構撮影の前日とかに勉強するんですが、普通は15分くらいの所、1時間かかっても終わらない」
須賀「1シーン増えたりとかあった。(前日に?)その日です。でも新鮮味があって面白かったです」
竹富「喧嘩してるシーンでバレンタインチョコが出てくる。皆は溶け込んでいるかもしれませんが、ウチらからしたらヘンでした」
(それが出てくるのは中編です)
須賀「中を観ろって事ですwww」
監督「悪の教典を撮った高校で、次々と殺された魂が漂ってる。それを鎮魂する、魂を与えたいと言うアンサーと言えます」

(初のキスシーンもあったとか?)
須賀「はい。そうです」
(どうだった?)
須賀「緊張しました。誰とするとか言うとね・・・・」
(何味だった?)
須賀「普通にしてるわけじゃないので・・・。特に味はありません。芝居して考えないようにしました」
(やっぱり歯磨き2回とかした?)
須賀「ありました。あとは飴を舐めたりしました」
監督「それも中編ね。チューだから中・・・www」

(須賀さんの役どころはモテる役ですが、実際はどんな人がタイプ?)
竹富「みんなが好きな人は好きにはなりません。だから篠原くん(須賀)は好きにならないと思う」
須賀「フラれたって事?www」
竹富「すみません・・・」

それではフォトセッションを挟んで最後に一言ずつ。
監督「とんでもない理不尽な設定に向かって戦ってきた成果を最後までご覧ください」
May'n「3部作それぞれに魅力がある。共感できたのは篠原くんの選択シーン。最後の方?下だった?ぜひ観て下さい」
竹富「上中下それぞれに思いを込めてます。1人1人にもストーリーがあるので色んな目線から見て楽しめます。DVDもリリースされるので観て下さい」
須賀「これから上を観て頂きますが、3部作なので3本とも観て下さい。1人1人に物語があって、どこにでも居る人が理不尽な事に巻き込まれて変わって行く。もし自分ならと思ってくれたら」

と言う事で終了です。

う〜ん、これって良く書くけど、須賀くんも竹富ちゃんも、喋る時に思いっきりMCの方を向いちゃうんだよね。
客席から見ると横向きで目線も無いという状況はあまりいいもんじゃありません。
まだ自分は正面だったから横向きでも見えたけど、MCと逆サイドのお客さんは顔が全然見えなくなっちゃう。
そういう事になっちゃう登壇者って案外多いので、できれば喋る時は客席を向いてお客さんにトークして欲しいものです。

それではお疲れさまでした〜

◆芸能ニュースラウンジの舞台挨拶記事
◆ORICON STYLEの舞台挨拶記事
◆映画.comの舞台挨拶記事
◆シネマトゥデイの舞台挨拶記事
◆まんたんウェブの舞台挨拶記事
◆モデルプレスの舞台挨拶記事

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993530
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH