映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>




RECOMMEND
<< 【13-072】讐 〜ADA〜 戦慄篇(ネタバレ) ★★☆☆☆ | main | 讐 〜ADA〜 絶望篇 【上映前】舞台挨拶レポ >>
讐 〜ADA〜 戦慄篇 【上映後】舞台挨拶レポ
category: 2013年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
アイドル好きの自分でもほとんど誰も知らない(唯一、「さよならドビュッシー」で見た相楽樹ちゃんを知ってるだけ)にも関わらず、ADAの舞台挨拶に行ってきました。
※「戦慄篇」の舞台挨拶となっていますが、キャストはほぼ共通のため、特に区別はされていません。

■会場:ユナイテッド・シネマ豊洲
■座席:B列(A列マスコミ席)
■MC:さわやか五郎(上々軍団・岡見時秀)
■登壇者:仙石みなみ、佐藤綾乃、相楽樹、村上東奈、古川小夏、森咲樹、新井愛瞳、佐保明梨、関根梓、レナ、リサ、芽依
 ※仙石/佐藤/古川/森/新井/佐保/関根はアップアップガールズ(仮)
 ※レナ/リサはバニラビーンズ

それではまずはご挨拶ですが、皆さん「宜しくお願いします」ばかりなので割愛。
一通り終わった後「森さん、いつものやつはやらなくても大丈夫?」と無茶振りされると、最初は「ここでは痛い」と言いながらも「皆さん行きますか!?」と乗ってきて「元気(もりもり!)、可愛さ(もりもり!)・・」というのをやってました。

それでは感想等を聞いて行きます。
仙石「ホラー、サスペンスという事でダークな世界が広がってる。こんなに怖い役は今回初めてで、挑戦の映画になりました。普段は『怒った事ある?』と聞かれた事があるくらい怒った所を見た事が無いと言われるので、そんな私が怒ったらこうなる・・・いや、こんなに怖くはならないけど、自分を壊してやっていくと言う意味では挑戦でした」
佐藤「優等生役で、ファンの方は『アナタが優等生ですか?』って言うと思うけど、真面目でピュアで素直な役です。私は演技経験が無く、不安でいっぱいでしたが、経験豊富な方に話を聞いて一皮むけたと思います」
相楽「私は2部の方にしか出ていないので、あまり言い過ぎるとネタバレになっちゃいますが、難しい役どころで大変でしたが、感情を大事にやって達成感のあるものができました。(2部の見所は?)すごい重要な役で、感情が難しくて凄く大事に演じたので、私と美保(仙石)との友情に注目して欲しいです」
村上「私はマスクと帽子と、あんまり顔も見えないし、あんまり話さないし、こいつ誰なの?っていう感じで私とは真逆で物静かで何を考えているのか分からない。考えてると思ったら急に動いてグサッとか、とても怖くて、自分では無でやってたので、映像を観て「怖いな」「良かったな」と思いました。2部の方が迫力が出ているのでお楽しみに」

(それではADAを観たメンバーの感想も聞いてみましょう)
古川「先に本を読んでるけど、知っているのに一瞬も目を離させない、怖くて目を離すんですけど、ハラハラした展開がずっと続いて飽きさせない映画だと思います」
森「ミーコ(仙石)が普段はニコニコしてるんですけど、新たなミーコを発見した気がして、こういう仙石みなみも居るんだなと思いました。メンバーのみんなも演技が好きなので、のびのびとやってるのを観て楽しかったし、やっぱり怖くてビックリしました」
新井「私は塾生の役でPRする役でしたが、私はまだまだだなって。今回は数秒だったけど、次からは台詞もアクションもやって、私も小夏っちゃんみたいに演技の多い役とか・・」
(えっ?それは目標が低いのでは?www)
新井「最初は小夏っちゃんで、次は東奈さんや相楽さん、最後はミーコや綾乃のような主役なりたいです」
佐保「凄く怖くて、今までで一番怖いです。あまり見れなくて、音だけを楽しむ感じで・・。同じグループにあんなに怖い人がいるとは・・・www」
関根「ここにいる4人の出演時間が合計で20秒くらいなので1人1人は0.何秒を・・(そんなに短くない!ww)1.2秒くらいを集中して出してるので、0.何秒の世界を感じて観て下さい」
(役作りは大変でしたか?)
関根「大変だったですねwww」
レナ「私たちも0.7秒くらいねwww。昨日観たんですが、ホラーなので怖いのかと思ったら考えさせられる映画でした。正しい事って何?と考えさせられます。もう人生の考えや価値観を整理しようと思い直せる素晴らしい映画になってると思います」
リサ「この映画の2部を観て、1部と2部を分けている意味が分かります。グロテスクな描写もあるけど、監督が素晴らしいなと思ってて、忠実に再現されてて凄いです。そんな映画にバニラビーンズもも参加できて光栄です」
芽依「ADAは真似して欲しくない内容ですが、家で1人で観て怖くなりました。皆が居て良かったと思います。私にとっても演技が初で緊張しましたが、他の人の演技を見てこの場に立てて光栄です」

(それでは最後に感想などを)
村上「感想ですか!?コレ(舞台挨拶)の!? 楽しかったと思います。映画がズーンとしてるのですが皆さんの優しさが伝わって良かったです」
相楽「あっという間だけど楽しかったです。2部もゆっくり観て、グロいシーンもあるけど暑い夏にピッタリです」
佐藤「(何かエピソードがあるとか?)私は世界で苦手な物が2つあって、銃とナイフなんです。どっちも持っちゃったけど、最後に銃を突き付けられた時は怖かったです。最後の台詞を言いたくない・・言うと殺されると思って切り出せませんでした」
仙石「夕子と同じシーンで鉄砲のシーンがありますが、その前に撃たれるので、火薬を体に付けてバッカーン!って、普段は風船も怖いのに、お尻で割ったり良くするけど、体に付けて爆発というのが一番心臓が飛び出しました。1部はドキュメンタリータッチでしたが2部はドラマタッチになっています。どうして起こったかが分かりますが、1部と全然違って見えます」

という事でトーク(とフォトセッション)が終了となりました。
最後に販売されているグッズの紹介がありましたが、全12種から4種が入った生写真を「3回買えばコンプリートできるかも」と紹介した五郎に対して「無い無い!」と突っ込む森や、「古川が出たらもう1回引けるとか」といじられえる古川、そして「振動で発光するブレスレット」も腕を振り回して歩いて見せたた所、「振って歩いたら危ないでしょ!」とすかさず突っ込む森(だったかな?)といった感じで面白く終了しました。

フォトセッション時以外は照明が当たってなかったので観辛かったのが難点でしたが、みなさん元気にこなしておりました。
お疲れさんでした〜(って、この後まだ続きますが)

◆MAiDiGiTVによる舞台挨拶動画(公式)こちらが続き
◆映画.comの舞台挨拶記事
よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993526
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH