映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>




RECOMMEND
<< 【13-066】二流小説家 シリアリスト ★★☆☆☆ | main | 【13-068】風切羽 ★★☆☆☆ >>
【13-067】エイリアン2 完全版 ★★★★★+★★★★★
category: 2013年の映画レビュー | author: moeru-movie
大好きなエイリアン2が劇場公開されると聞いて喜び勇んで観てきました。

宇宙貨物船ノストロモ号に侵入したエイリアンと激闘を繰り広げ、生き残った航海士リプリー(シガーニー・ウィーヴァー)。冷凍催眠状態で宇宙を漂っていた彼女は、救出されて57年ぶりに目を覚ます。やがて、エイリアンと遭遇した小惑星LV-426が植民惑星として開拓を進められているのを知ってがくぜんとする。開拓民の撤退を訴える中、彼らの連絡が途絶えるという事態が。リプリーは、宇宙海兵隊員ヒックス(マイケル・ビーン)らとLV-426に向かう。

一昨年、「午前十時の映画祭」で久々に「エイリアン」を劇場で観たが、その時のレビューでは『次は「2」もスクリーンで観たいなぁ』と締めくくった。
「エイリアン2」は、劇場公開当時、あまりにも面白すぎて2週連続でロードショー料金を払って劇場で観た程なのですよ。
それだけ好きな作品でありながら、「完全版」はちゃんと観た事が無く、DVD買おうかウダウダしてる間に何年もの月日が経っていました。
そんな時にデジタル・リマスター版の完全版が1週間限定でありながらも劇場公開されるとなったら行かずにはいられません。
幸いにも比較的近所のTOHOシネマズららぽーと横浜では大き目のハコでの上映とか。ワクワクです。
話はほとんど(「完全版」で追加になったシーン以外は)頭に入ってはいますが、リフレッシュされた気分で観ました・・・・・。

凄ぇぇぇぇぇぇ!!!面白すぎる!!!!製作から27年経ったものとは思えないクオリティ!!!!
(一部の特撮がチープなのは時代の為だと思いましょう)
2時間半もの長い時間、ほとんど途切れる事のない緊張感・緊迫感、そして高揚感。
SFホラーとしても、戦争映画としても、まさに映画史に残る大傑作でしょう。
もう本編は理屈じゃない!とにかく観ろと。

また今回のキャラ付けが堪らんね。
総じて男の方が頼りなさげで、女の方が強い。
リプリーはもちろん、男みたいな筋骨隆々のバスケス、そして子供ながらしぶとく生き残るニュート。
男はと言うと、降下経験も少なく、命令する時もヘタレ声で全然伝わらないというゴーマン中尉、最初は威勢が良かったけどエイリアンと対峙してから急にヘタレになるハドソン上等兵、そして本来であれば最後にヒーローになるべき所、エイリアンの酸を浴びて瀕死の状態でリプリーに助けられるヒックス伍長。
そしてもっともアクセントとして効いているのがアンドロイドのビショップでしょう。
「エイリアン」を観ている人(もちろんリプリー本人も)は、このアンドロイドのおかげでどれだけ酷い目に遭ったかを知っています。
「また企業の手先?」と思わせておいて・・・からのまさかのキャラ。これは胸熱ですよ。

対するエイリアン「ズ」だが、複数形になったタイトル(原題)の通り、ウジャウジャと出てきます。
前作は1匹だけだったけど、今回はハンパないです。
と言っても、前半から焦らしに焦らしてなかなかその全貌を画面に出しません。
姿を見せなくても、生物探知機が四方八方からの接近を知らせるってだけでドキドキです。
終盤は「これでもか!」というほどのエイリアンたちが出てきますが、当のリプリーが最後に対峙するのはクイーンエイリアンです。
まさに母VS母。
自分の娘が自分より先にお婆さんになって死んでしまった母リプリーと、ことごとく子供を、そして卵を壊された母。
この対決はぜひ実際に観て欲しい所です。

場内は残念な事にお客さんはかなり少なかったですが、決めました。完全版のブルーレイ買います!amazon安いし!!
できればエイリアンシリーズ全部買うたろか。
(そうなると、今回助かったニュートとヒックスが「3」でアッサリと死んでいる事も受け入れないといかんのか・・・)

もう断トツで今年のベスト1間違いなし・・・・と言いたい所ですが、自分の年間ベスト10では旧作リバイバル公開は含めないので、今から宣言しておきます。
「エイリアン2は別枠で殿堂入りです!!!」
また5年後か10年後くらいに劇場上映してくれたら、例えブルーレイを観まくっていても足を運びたいです。
いや〜、大満足の週末だったわ。キャメロン最高ですね。

◆パンフレット:今回の上映用のパンフは製作されず。

エイリアン2

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:洋画
comments(3) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
おぉ!、まさかもう劇場公開していたのか〜。これは見逃した。(情報は以前から知ってたんですが・・・)

完全版はCS放送のイマジカBSでも6月のラインナップで放映しているので、実のこというと、拝見したんですが(しかもAKBの総選挙の日に)
TVで見ても、見劣りのしない出来栄えですよね。

基地からの脱出だけでなく、クイーンエイリアンVS工業用パワードスーツを装着したリプリーの戦いまで見せられては文句のつけようがありません。

私はニュートがリプリーを「お母さん」と呼ぶところが胸が熱くなりましたね。(故に3のあの冒頭は失望というか残念でした)

バスケス役の女優さん、案外、キャメロン作品の常連俳優で、「ターミネーター2」のジョンの養母とか「タイタニック」(これはどこに出ているのかわからなかったです)なんかにも出演しているんですよね。

「エイリアン」シリーズといえば、CS放送なんかでのシリーズ一挙放送の時に、なぜか4だけ大概、除外されるんですよね。なんか訳があるのかな?。
by キネマ (2013/06/21 11:31 PM)
amazonでエイリアン2完全版をショップに注文したら、某コピー大国からの発送と知って肩を落としている管理人です(; ̄Д ̄)

まさに「十年に一度の大傑作」ですよ。ホントに。

この完全版では、ニュート救出に向かう終盤に、リプリーとヒックスがファーストネームで呼び合うシーンが追加されており、そこもかなり胸が熱くなりました。

ヒックスとニュートだけじゃなく、ビショップも「3」ではゴミですからね。何か悲しいです・・・・
by 管理人 (2013/06/22 11:53 PM)
中国の心象って結構悪いですよね。
私も、中国製と聞いて微妙にテンション下がることが多いです(笑)

『エイリアン2』で思い出しましたが、昔、日曜洋画劇場で完全版って放送してなかったっけ?と思って調べたら、TV放送用カットされた『エイリアン2/特別編』が放送されていたんですね。この時は実のこというと、それほどホラーが得意ではなかった時代だったので、すごく怖がりながら見てた記憶があります。

『エイリアン』シリーズにおける印象深いキャラクターだと
1ならイアン・ホルムが演じていたアンロイドとヴェロニカ・カートライトが演じていたランバート。
2なら管理人さんと同じくリプリー、ニュート、ヴァスケスの女性陣とヒックス、ビショップ、ハドソン(いずれもキャメロン作品の常連ですね)
3だとチャールズ・S・ダットンが演じていたディロンでしょうか。

4は実のこというと、未だ未見なんです。(例の『エイリアン』シリーズの一挙放送時に1つだけ抜けるので)
いつか見たいところですが、CS放送でやらないかな?。
by キネマ (2013/06/24 11:06 PM)






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993516
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH