映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>




RECOMMEND
<< 【13-064】俺はまだ本気出してないだけ ★★☆☆☆ | main | 【13-065】遠くでずっとそばにいる ★★★☆☆ >>
遠くでずっとそばにいる 【上映前】舞台挨拶レポ
category: 2013年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
本日2本目の舞台挨拶は、渋谷で倉科カナです。

■会場:ユーロスペース
■座席:A列
■MC:スタッフ系の女性の方
■登壇者:倉科カナ、岩井俊二(音楽)、長澤雅彦監督

それではまずはご挨拶から。

倉科「これからご覧になるんですよね?ぜひ楽しんで行ってください」
岩井「今回は音楽監督と言う立場で参加しました。ぜひ楽しんで下さい」
監督「急に暑くなって大変ですがありがとうございます。ユーロスペースと言う劇場は上質な映画をかける劇場で、このユーロスペースでかけてもらえるのは嬉しいです。劇場好きのファンの方にも気に入ってもらえたら嬉しいです」

(他の方の映画に楽曲を提供した経緯は?)
岩井「監督とは古い友達で、やってる会社も2人で始めたんです。それから独立して監督になって10数年経つんですが、篠田昇というカメラマンの命日に集まると毎年会ってたんです。そこで『発注したら受けてくれる?』と言われ、『いいよ』なんて言ってたら冗談じゃなく本当に発注が来たので思わず受注しました。発注が無い時は自分の作品の音楽をやってるんですけどね」
監督「怖くて発注しないんじゃないですかね??www」
(音楽の拘りは?)
岩井「映像を観ながら頭の中で鳴る音を再現しています。シンプルで美しいものを心掛けました。監督からもオーダーがあったのでね」
監督「ことごとくハネられたけどwwww」

(主演のプレッシャーがあったそうですが、秋田ロケはいかがでしたか?)
倉科「秋田には癒されました。主演のプレッシャーはあったんですが、監督が現場で何もしないのが不安でした。私、大丈夫かなぁって。でも美味しいご飯とお酒とラーメンに癒されました」
監督「言ってたけど聞いてなかったんじゃない?」
倉科「えーーっ!?現場に入ると言わないって言ってましたが、本当に言わないんですよ」
監督「ヨーイ、スタート!、カット、OKは言った」
岩井「カットとは言わないでしょ」
監督「カットと言わずに、ハイそこまでと言います。カットだとキツい単語だと思うので、ゆるっとね」

(改めて初日を迎えた気持ちは?)
倉科「あの時に頑張って良かったなと思います。たくさんの人に観て欲しいです」

(今回は監督以外の事もやりましたが?)
監督「今までは作っていれば良かったけど、今回は裏の裏も色んな事があって、そういうのもやって全体をやっていると実感しました。色んな人に支えられました。岩井さんも怖くないし、音楽は最後の生命線ですが、音入れ前の映像を見せるのは勇気が要ります。これから先はお客さんのものになるので宜しくお願いします」

(それではこれから観るお客さんにメッセージを)
岩井「記憶をテーマにした美しい映画が出来ました。観て頂いて、気に入って頂いて広げて行ってもらえたら。ゆっくり沁みてくる映画なので、また劇場に足を運んでください」
倉科「秋田の皆さんに感謝します。観に来てくれた人にも感謝。何度も見て頂きたいです。2度3度と見方を変えて、また口コミで伝えてくれたら嬉しいです」
(オープニングで空を見上げる顔とラストの顔がお勧めとか?)
倉科「はい。見所です」
監督「初日を迎えて嬉しいです。観終ってスカっとする映画はいっぱいありますが、そうじゃなくモヤっとしたものが残るかもしれない。でもそれは心の中に化学反応が起きていると言う事なので余韻を大事にしてください」

これで終了です。

今日のこの舞台挨拶は2回目のものですが、新ピカでの舞台挨拶の後にこの映画の舞台挨拶もある事を知り、急きょ渋谷に向かって開始1時間前に着きました。
「まだチケットあるかな?」(チケットはこの日の朝から整理番号配布でした)と思ってたら、何と整理番号は10番台。
「この時間で10番台!?」と思ってましたが、いざ舞台挨拶が始まってみると・・・・・・。
ハッキリ言って、初日舞台挨拶でこれだけお客さんが入って無い場内を見るのは初めてってくらいお客さんが少ない。
約3割前後の入りだったのではないでしょうか。これは登壇者もキツいね。(心なしかテンションは低かったかも)
これは告知が遅かったのか、作品自体の知名度が低すぎるのか・・・・。色々考えさせられる舞台挨拶でした。
あ、2回目舞台挨拶の入場を入り口近くの椅子に座って待っていると、1回目の挨拶を終えた皆さんがすぐ目の前を通って一旦引っ込んでいきました。
ユーロってこういう所なので、以前にも何度も登壇者を間近で見ましたが、倉科さんは素敵でしたよ。

ではさようなら。

◆Billboard JAPANの舞台挨拶記事
◆CINEMA TOPICS ONLINEの舞台挨拶記事
◆MOVIE Collection [ムビコレ]の舞台挨拶記事
◆マイナビニュースの舞台挨拶記事

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993513
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH