映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>




RECOMMEND
<< 【13-055】オブリビオン(ネタバレあり) ★★★★☆ | main | 【13-056】リアル 完全なる首長竜の日 ★★★☆☆ >>
リアル 完全なる首長竜の日 【上映前】舞台挨拶レポ
category: 2013年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
最近はフリーパスのおかげでやや舞台挨拶を控え気味ですが、今日は六本木でリアルです。
今回、前方ブロックはいいんだけど、またしても安定の端の方と言うのは何とかならんかね・・・

■会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
■座席:F列(A列未開放)
■MC:TBS 安東弘樹アナ
■登壇者:佐藤健、綾瀬はるか、中谷美紀、オダギリジョー、黒沢清監督

それではまずはご挨拶から

佐藤「今日、無事に公開日を迎えられて嬉しいです。公開日当日に来て下さってありがとうございます」
綾瀬(客席からキモオヤジの野太い声援を受け)「先ほどもその位置で・・??デジャブーですね。短い間ですが楽しんで帰って下さい」
中谷「ここから(佐藤らを観るお客さんの目が)ハートになってるのが良く見えます。2人のキラキラしたスタートで一緒に出来て、黒沢作品にも携われて嬉しいです」
オダギリ「3人が挨拶上手で、僕の下手さがゾクゾクしますが、それが逆に気持ちいい。本当に目を閉じると見逃しちゃうような出方なのでちゃんと観て下さい」
監督「今からご覧になると言う事で、色んな要素があります。2人のラブストーリー中心だけど色んな人が色んな状況で関わります。濃密で色んな事が起こるので目を皿のようにして、でもオダギリさんを見逃すことはありませんが集中して観て下さい」

(脚本を見て、作品を観た感想・脚本との違いは?)
佐藤「初めて読んだ時は興奮して、すぐマネージャーに電話して『やりたいです』と言いました。映画を観た時は、台本と違う印象でした。これが黒沢作品だと目の当たりにしまいた。まあ観て下さい」
綾瀬「全く一緒です!はい。別物で、ほぉーって」←話が広がらない・・・

(黒沢監督の魅力とは?)
中谷「皆さんに注意があるんですが、黒沢監督は黒澤明さんの息子ではありませんwww。黒沢監督は大変静かな情熱を秘めた方で、若いスタッフにも上から目線で無く、ちゃんと名前で呼び、20歳くらいの人にも敬語で話し、それがスタッフに伝播して付いて行きたくなります。みんな黒沢信者です」

(『アカルイミライ』『叫』との比較や今回改めて見ていかがですか?)
オダギリ「質問変わってません?監督の印象じゃあ・・・・」
(じゃあそれでwww)
オダギリ「何を言おうとしたか忘れちゃいましたwww。そうそう、マスコミも居ないので素直な気持ちを言うと、監督は紳士で丁寧で、見た感じダンディで普通の方に見えますが、頭の中には狂った部分がある気がする。それが堪らん。普段生活する上では普通だけど、本当は狂人の気がします。今回の作品を観ても・・・・もう何を言おうとしたか忘れました。。監督の作品を観て今回のに凝縮されてて、この作品は凄いなと驚きました」

(いかがでしょうか?)
監督「全く普通なんですが、みんなが頑張ってくれたし、1人1人が主役の方ばかりなので映画4本分の要素が入っています。本当に皆の力や他のスタッフ・キャスト1人1人の力が合わさると神が作った人間の力になるのが面白い。総合力が最大限に発揮されました」

(意識の中に入る描写については?)
監督「意識の中と現実の境目が分からなくなると思い、どう撮るか?を深く考えたけど、深く考えない事にしました」

(監督とキャストで、頭の中に入ってみたい人は?)
中谷「前も同じ質問を受けて、監督か綾瀬さんか迷って綾瀬さんにしたのですが、今日会ってオダギリさんも面白い。健くんはスプーン曲げの名人なんですよ。あれは何??」
佐藤「あれは物理学・・・。いいじゃないですか・・」
中谷「みんなの頭の中に入りたいです」
オダギリ「綾瀬さんですね。違う!監督です。やっぱりさっきも言ったけど、綾瀬さんですかねww(←どっちだww)監督の映画に対する哲学を本で読んで凄いと思いました。そういうのを盗みたいです」
綾瀬「んーーーーーー、やはり監督の頭の中に興味がありますし、中谷さんの頭の中も覗いてみたい。綺麗そうですねww」
佐藤「日によって違うんですが、今日は監督。やっぱり会ってから今日まで本当に謙虚で、僕にも気を遣うんです。そんなワケない!と。どこまでが本当?そんなイイ人は居ない!本当は気を遣いたくないと思っているのを確認したいです。本当に1回も見た事無いんですよ。酒飲んでも無い。そんな事あります??」
綾瀬「それが作品に出ちゃうんじゃない?」
監督「僕は頭の中って言うか、健さんの体の中に入りたい。こんな若さと肉体を持ったらどんなにいいだろうと。被写体としてですよ!4人みんな撮りたくなる方たちで、人気の証です。ずっと撮っていたい」

(台湾・香港・シンガポール・フランスでの公開も決定し、ロカルノ国際映画祭にも出品が決まりました)
監督「本当に喜んでいます。まずは今日で精一杯ですが、映画は一度作るとあっという間に広がるので、このまま世界で観てくれる人が増えるのが楽しみです」
オダギリ「色んな映画があるけど、本当にこういう映画が出品される事は嬉しいです。今、インディー作品も作り難いので、メジャーでも作家性が強いものが作られて海外に行くのはサイコーです」
中谷「海外で黒沢作品を見た事があるんですが、フランスの「ぴあ」みたいな雑誌でパリスコープというのがありますが、それに載ってるのを見るとワクワクします。そこには役所広司さんやオダギリさんが写ってて、今回も海外の人に観てもらえるのは嬉しいです」
綾瀬「やっぱり嬉しいです。スタッフやキャストも作って良かったと各国に広がって喜んでいます」
佐藤「日本の邦画を知ってもらうのが嬉しいです。賞を取れたら嬉しいですね」

(それでは最後にメッセージをどうぞ)
綾瀬「この映画には色々と仕掛けがあります。観るごとに『ほぉー』という所が違いますので、何度か観て、知り合いにも広めてください」
佐藤「たぶん皆さんが思っている映画と違います。ボクが良く言うのは『理解じゃなく感じて欲しい』と言う事。普段観ている映画と同じ価値観で観ると黒沢さんのは違います。ぜひ感じて下さい」

と言う事で終了となりました。
今回は綾瀬はるかのトークが大人し過ぎて、いつものぶっこみ爆笑トークが影を潜めていたのが残念です・・・
また今度、違う映画で会う時は、今度こそ何かぶっこんで下さい・・・

◆ORICON STYLEの舞台挨拶記事
◆cinemacafe.netの舞台挨拶記事
◆Billboard JAPANの舞台挨拶記事
◆シネマトゥデイの舞台挨拶記事
◆映画.comの舞台挨拶記事
◆ウオーカープラスの舞台挨拶記事
よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993499
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH