映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>




RECOMMEND
<< 【13-048】クロユリ団地(2回目) ★★★★☆ | main | 【13-049】モネ・ゲーム ★★☆☆☆ >>
クロユリ団地 【上映後】舞台挨拶レポ
category: 2013年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
沖縄でも当然舞台挨拶を見ているが、改めて初日舞台挨拶もチェキです。

■会場:新宿ピカデリー・スクリーン1
■座席:G列(A列未開放)
■MC:mic
■登壇者:前田敦子、成宫寛貴、田中奏生、中田秀夫監督

それではまずはご挨拶から。

(客席から「あっちゃーん!」等の声援が色々飛ぶ)
前田「こういうノリは凄く好きですww。楽しんで頂けたでしょうか?」
成宮「こういうノリ好きですww。朝早くからありがとうございます。裏で待ってる間にポップコーンの臭いがして、ポップコーン食べてるのかなーって初日っぽいですね。僕はポップコーンを床にこぼした事があったので印象的です」
田中「(可愛いー!とあちこちから声が!)今日はありがとうございました!」
監督「強いジェラシーを田中くんに抱いています。今回は女優霊以来のオリジナルで、キャスト・スタッフで誇りに思えるものが作れました。感想をツイッターで呟いて下さい」

(2人は共演していかがでしたか?)
前田「不安が大きかったですがスタッフも空気を作ってくれて成宮さんが居るシーンは安心して任せられると思いました。芝居のやりとりはあまりしてないけど、受け身でいてくれたので感謝しています」
成宮「基本的に監督に言われたのは、女の子が怖がって、そこにお助けマンが出てくるシステムだと。なので前田さんを支える立場だと思いました。前田さんは(撮影当時)AKBで輝いている方ですが、最初(に共演した時)はAKBに入ったばかりの頃で、今回は卒業して女優として向き合ってました。凄い集中力で・・・とにかく集中力が凄いです。横で見てて毎回(芝居が)違うんです。監督はなかなかOKにしなくて、泣くシーンは8回くらい撮ってます」
監督「そんなにやってない・・・」
成宮「盛りましたwww。毎回泣くのは大変ですが、毎回ボロボロと集中力を切らさずに泣いてました」
監督「あの涙は本物です」
前田「監督も許す人で無いと思ってました」
田中「前田さんは優しくて休憩時間にも遊んでました」
(何をして遊んでた?)
田中「・・・・・・」
前田「何か作ったじゃん!ネリケシで林檎とかバナナとか」

(監督とずっと一緒にプロモーションもやってきて印象的だった事等は?)
前田「・・・・ね!?」
成宮「・・はい」
前田「たくさん盛り上げて頂きました」
監督「宣伝してナンボです。多くの人に観てもらって完結します」
成宮「ホラーとは真逆の宣伝をしてましたよね?」
監督「沖縄で憧れの吉本の人と会って勝手に盛り上がってクセになりました」
前田「持ちネタがいっぱいあるwww。オーッて思います。田中くんもやりなよ」←無茶振りワロス
監督&田中くん:膝カックン(COWCOWのネタ)を披露も若干スベる。続いて同じくCOWCOWの「右足を出して左足出すと・・」のネタを披露も、またスベリ気味www。
成宮「毎朝やってたね」
監督「COWCOWさんのを見てやってました」
成宮「(現場でも)ギャグを連発してて、僕らの反応を無視して受けても受けなくてもやってたのがチャーミングでした」
前田「予想外でそういう方とは思わなかったです」
成宮「リングを作ってる人ですからね・・」
監督「成宮さんとはホラーでの人物像の掘り下げをどうしようか考えてくれて助けられました。現場での瞬発力は凄くて細かく付き合ってくれました。前田さんはさっきも言ってましたが集中力が凄くて、泣くシーンでも持続してました。その涙のシーンが美しいので余計にやったみたいな。奏生は最後のシーンは実際にあそこに立ってもらいました。朝の4時半起きで2時間半くらいやりましたが、平然としててそのうち居眠りを始めて大物だと思いました」

(これから2度3度と観る方に拘りのシーンなどを教えてください)
監督「隣の部屋に居たお爺さんは高橋昌也さんという舞台でも活躍されているベテランの俳優なんですが、彼の声がまぶしてあります。サブリミナル効果みたいなのがあるので、2回目はまた違った聞こえ方がします」
前田「パンフレットやHPに照明やカメラの方のインタビューがあり、拘りが分かります。それを読んでから観ると怖さが増す。拘りがたくさん盛り込まれているので深い怖さを味わって下さい」
成宮「台詞の掛け合いの間合いです。微妙な間が作られています。前田さんのお父さんとお母さんが妙に若いので時間が止まっている事が分かります。違和感が重なって怖さに繋がる。公園の雲梯とかタイヤとかマニアックなとこも
観て下さい」
田中「ミノル汁です」
監督「ミノル汁っていうのは、壁にくっついてる・・・」
田中「(言っちゃ)ダメ!!もう1回か2回観て見つけてください」
一同「おーーっ!」

(この映画は台湾での公開も決まっており、今日はこの後3人は台湾に行きます。それでは時間になりましたので最後に一言お願いします)
前田「今日はありがとうございました。1年前に撮影を開始して1年があっという間でした。いつ観て頂けるかと思っていたらもう今日。今回、監督と一緒に出来て嬉しかったです。いつになっても観て頂ける作品になれば」
成宮「ホラーって俳優はしょっちゅうは出れないんですが、今回監督と前田さんと奏生くんと仕事が出来て良かったです。ホラーは色んな国の人に観てもらえる。ホラーが苦手な人ってどれくらい?(場内からけっこう手が挙がる)怖いオジサンの目は白いコンタクトなので、苦手な人でも観て下さい。リングとは違って身近な世界なのでホラー好きでも楽しめます。孤独がテーマで孤独の集まりでもあるので人間ドラマも楽しめます」
監督「今朝、電車の中で思ったんですが、この映画の中の3人は最後どうなってる?と考えると寝られない。成宮さんと奏生くんは熱い所で遊んでる?砂場で遊んでる?夜も寝られないと思った朝でした。皆さんに応援して頂けると・・・(客席からも「おっ!?続編??という空気が出来上がる)まだ何も言ってないですよwww」
前田「もう1回!?奏生くん、大きくなっちゃダメだよwww」

(それでは最後は奏生くんに決め台詞で締めくくって頂きましょう)
田中「(睨みを利かせて)台湾で一緒に遊ぼ!」

こんな感じで終了です。
不思議なのは、この初日舞台挨拶はこの回1回こっきりなのにマスコミが1社も入って無い事。
最後には一応「大ヒット」的なパネルを持ったフォトセッションの時間が設けられましたが、写真を撮ったのは1人のみで、後はムービー撮影だったのはどういう事なのでしょうか?
※台湾のイベントの方に回ったかと思ったがそうでも無い。

何か悶々としたままさようなら。。。。。

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH