映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>




RECOMMEND
<< 【13-035】変態仮面 ★★★★☆ | main | 【13-036】図書館戦争 ★★★★☆ >>
図書館戦争 【上映前】舞台挨拶レポ
category: 2013年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
ジャニ系だし、きっと当たらないだろうと思いつつ、「藁の楯」に鞍替えするのも気が引ける(ハシゴは可能な時間だったが)ので、結果的に当たる望み一本に絞ったら当たりました。
ただ、列はいいのに左右位置が最悪という俺様クオリティ。
更に、1回目の方は事前には名前が無かった栗山千明が出ていながら2回目には出ないと言う悲劇・・・・
ま、当たっただけいいと思えって事ですね。

■会場:TOHOシネマズスカラ座
■座席:E列(A列未開放)
■MC:TBS 赤荻歩アナ
■登壇者:岡田准一、榮倉奈々、田中圭、福士蒼汰、西田尚美、石坂浩二、佐藤信介監督

それではまずはご挨拶から。

岡田「こんにちは!こんにちは!wwwお忙しい中来て頂きありがとうございます(何か変な口調)。変なキャラですみません・・・。今日は特別な日。観て頂いて、これから育てて頂く事になった。原作の良さを大切にして映画化しました」
榮倉「今まで色んな場所でお客さんの皆さんの前で・・??・・舞台に立つのは何度か・・今は・・あれ?日本語がヘン?お客さんの皆さん??・・今までは試写会ばかりで、お金を払って来てくれるのは初めてなので・・・えー?何かおかしい?日本語分かんない!・・有川さんも映画を観て喜んで頂けた事を誇りに思って宣伝して来ました」
田中「僕もこの映画に携わって原作ファンになりました。読んだ人は原作に負けてないと思ってくれるし、読んで無い人はこの映画をきっかけに読んでくれたら・・興行収入が・・俗に言うノルマ達成になり、俗に言う大ヒットになり、メガヒットになるとリアルにシリーズ化の話も出てくる」
福士「今回は実写化ですが、やっぱり迫力は実写の方が伝わる。僕は試写室でしか観ていないので劇場で観たいです」
西田「これから上映なので深い事は言えないけど、連休の初日に選んでくれて嬉しいです。連休は長いのでまた足を運んで・・足を運びたくなる作品だと思う。堂上教官は格好いいです」
石坂「驚いた事が2つあって、1つは初回の舞台挨拶で見た人が何人か居る事。喋る順が最後なのでずっと客席を見てたら『あれ?』と。どうもありがとうございます。もう一つは最前列にさっきは報道陣が居たけど今回は居ない。空いてるなら売ればいいのに!って・・」
監督「映画は映像と音。映像でキャストの表情を見るのは映画の特別仕様です。今回はすっかり図書館戦争の世界にのめりこみました」

(注目する所は?)
監督「原作を知らない人には図書館戦争は荒唐無稽だけど本当にあるかのように感じられる。原作のアニメを知ってる人には映画でしか出来ない事を多々やってるので胸キュンな所も楽しんでもらえれば」

(『この自由の為なら戦う』と言う事はなんですか?)
※皆さん考えてる間に、監督から事前に取った答えから。
監督「(OKを言った後にも撮影させてもらえる自由)特に悪い所が無くてももう1回撮りたい時がある。色々理由を付けるけど、『何も無いけどもう1回』とやると奇跡的にいいシーンが撮れる事がある。なので理由なくやれる自由が欲しいです」
福士「睡眠の自由ですね。寝るのが大好きなので寝る時間が欲しいなぁ・・・。今は(睡眠時間が)あるけど無い時もあるので。それくらいかなぁ・・・。はい。以上でww」
田中「欲しい物を買える自由です。さっき『堂上キューピー』が売ってると聞いて『買ってきてー』って頼んだら売り切れ・・。早くね!?・・・それだけなんですが・・」
榮倉「めでたい!!」
田中「は!??」
榮倉「売り切れたのはめでたいなと・・」
田中「1回目の上映で売り切れとか!上映終って買おうとしたらもう無いの?買える自由をくれ!」
榮倉「量が足りなかったんですかね?」
西田「また来れば?」
田中「はい・・・・」
西田「私は1日1回麺を食べるほど麺が大好きですが、人にとやかく言われるのが嫌。主人や子供にも『またコレか・・』と言われるのが嫌なので、好きな麺を好きな時間に食べられる自由が欲しい」
石坂「僕は彼(隣の福士くん)に賛成です。眠る自由。僕は見かけはこうだけど72歳なんです。ですから孫みたいな人と一緒に夜中に同じ時間起きてるんです。老人は寝かせてくれ!その代りに早く起きるから!」
榮倉「浮かばないなぁ・・・と思ったけど、いっぱい食べる自由です。北九州では栗山千明さんとグルメをしてました。でも食べられる量は限られるじゃないですか。いっぱい食べられる人はいいなぁ・・。あ、自由じゃないかwww」
岡田「監督のお腹を守りたい。毅然として立ってるけどお腹が痛いんです。初日のプレッシャーでお腹が痛いので、一緒にプレッシャーを感じて守りたい・・・守る自由です」

(それでは時間になりましたので最後に一言)
榮倉「この映画は面白いのでぜひ観て頂きたい。この舞台挨拶で宣伝も一区切り。岡田さんにはお世話になりましたが教官だったので気まずい雰囲気でした。でもバラエティーでの無茶振りが凄くてお腹が痛い日々でした。そんな日々から解放されて嬉しいです」
岡田「宣伝でだいぶ嫌われたようですが、出たら傷跡残さないと!でもそれで嫌われたので、2は無いかも?www仲良くやるので、宣伝だけ無茶振りさせて下さい。あれ?さっきのは前振りじゃないの?何ならラップをやってもらってもいいけど(注:4/25放送の『VS嵐』出演の際に、田中に振ったラップのとばっちりを榮倉が受けてチェキラを言わされた)。撮影中は真面目なのでしっかり映画の世界を楽しんで、また2が出来るように勧めて下さい」

と言う事で終了となりました。

いやー、やっぱり広い劇場の「前方端っこ」は観辛いね。
もっと正面から榮倉&岡田の凸凹(ラブ★コン的な身長差)具合が観たかったよ・・・。

まあ席は選べないんだから仕方が無い。
また別の映画でお会いしましょう!>榮倉

◆billboard JAPANの舞台挨拶記事
◆cinemacafe.netの舞台挨拶記事
◆ウオーカープラスの舞台挨拶記事
◆モデルプレスの舞台挨拶記事
◆映画.comの舞台挨拶記事
◆ORICON STYLEの舞台挨拶記事
◆まんたんウェブの舞台挨拶記事

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993475
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH