映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>




RECOMMEND
<< トラベラーズ 次元警察 【上映前】舞台挨拶レポ | main | 【13-034】ペタル ダンス ★★★★☆ >>
【13-033】トラベラーズ 次元警察 ★★★★☆
category: 2013年の映画レビュー | author: moeru-movie
舞台挨拶に釣られてトラベラーズ 次元警察を鑑賞。

次元犯罪者の追跡のため、レトロワールドへと移動した次元警察官のアイ(長澤)が、犯人を捕らえようとしたところ、かつての相棒ユイ(木下)が出現。ユイは次元テロリスト組織ダウトの一員となったという。アイは、ダウトがターゲットにしている特殊能力者ハルカ(高山)を保護するためフェアリーワールドへ。しかし、再びユイがアイの前に現われ……。

見ての通りSFチックな映画ですが、誰もがこのポスタービジュアルを見て「SF超大作だ」とは思わないでしょう。
スタッフ・キャスト共に戦隊ヒーローものでお馴染みの面々が並び、短期間で撮った低予算SF映画である事が分かる(公開期間も1週間限定だし)ので、最初っからハードルを下げて観る事が肝心です。
同じ金を払うなら、もっと壮大で派手なSFが良いと言うなら、ハリウッドSF映画でも観れば良いのです。

とハードルを下げたおかげで高得点なのか?と言われるとちょっと違います。
何かと言うと、長澤奈央ファン向けのセクシーアクション映画としての見所が多かった為です!!

ポスタービジュアルでは分かり難いけど、次元警察のコスチュームは、常に微妙なハミパイです。
そしてキチっとスーツに着替えると、何故かコスチュームよりも半乳度数が上がると言うサービス。
1年前の回想シーンになろうが半乳だし、幾つかあるワールドに散らばる「アイの分身」たちも無駄に色気を出してる。
そして必然性無視のシャワーシーンを持ってきたかと思えばシャワー上がりはタンクトップ+ショーパン姿を大写しにしてドリンクをゴクゴク飲ませると、当然のように口元から胸元にドリンクを溢れさせてそれをカメラは追う。そしてベッドに横たわらせると美脚からカメラをパンして嘗め回すアングル・・・とソフトエロ満開。

その他にも、牛肉麺(ニューローメン)を食べさせれば意味も無く口元をアップにするし、ペット探しのシーンでは、谷間がよーく見えるようにカメラに向かって前屈みにさせる。
そして極めつけは、敵に捕らえられるやムチ打ちみたいな拷問を受けさせ、セクシーな喘ぎ声を上げさせるエロwww。

いや〜、長澤ファンの自分としては、このオードブルでお腹いっぱいです。別にB地区出したり毛を見せるだけがエロではありません。チラリズム最高です。

あ、肝心のアクションも長澤さん頑張ってますよ。かなり動けてるし、キレもある。
何よりも足が長いので、ハイキック姿が画的に映えるんだよね。
そんな長い足でのキックも、股を広げての蹴りのシーンでは当然のようにスローモーションになるのはもはや監督の趣味としか思えず、それでいながらも内心は"うひょ顔"になってしまう所が悲しい性と言うもの。

うーむ、さっきから全く映画の内容には触れずにソフトエロ話で埋め尽くす勢いじゃないか。
ちょっと内容にも触れておくか。
突っ込み所がそれなりに散りばめられているSFですよ。って、そんな事は観る前から分かってるよ!(自己完結)
終わっちゃったよ。内容の感想が終わっちゃったよ。。。。スマン。内容に関してはあまり真剣に理解する事を放棄したので、語る事はありません。
でも、特撮は低予算の割には頑張ってると思うよ。
台湾スタッフが作ったらしいけど、戦隊ヒロイン系の異次元SFドラマと考えれば上出来です。

と言う事で、1週間限定の例と公開と言う規模ですが、長澤&木下ファンの方は必見です。
また、戦隊ヒーローものが好きな方も色々見慣れた顔を見られるのでぜひどうぞ。

◆パンフレット:販売無し

トラベラーズ

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:邦画
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993471
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH