映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




RECOMMEND
<< 【13-029】こたつと、みかんと、ニャー。 ★☆☆☆☆ | main | 【13-030】チャイルドコール 呼声 ★★☆☆☆ >>
こたつと、みかんと、ニャー。 【上映後】舞台挨拶レポ
category: 2013年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
観る気も無かった舞台挨拶でも、ふと前方が空いているのを発見すると押さえてしまう悲しい性が出たおかげで今週も出かけてきました。

■会場:シネマート新宿・スクリーン1
■座席:C列(A列マスコミ席)
■MC:梶野竜太郎監督
■登壇者:木嶋のりこ、福見真紀、鎌田紘子

それではまずはご挨拶から。
※カッコ内の進行部分も監督で、"監督「」"っていう所も監督です。発言の趣旨から書き分けています。

木嶋「本日は集まって下さりありがとうございます。こんなに大きなスクリーンで上映できて嬉しいです」
福見「どんな風に思ってるんだろうと緊張しています」
鎌田「今日は初めての上映で、出る前から緊張してました。気合を入れて頭をミカンにしてきました。小顔効果も狙って大き目に作りました」

(ニャーは猫耳つけて、ミカン頭もあり、こたつは?)
福見「全く意識せずに・・・」
(四角い板でも乗せれば?)
福見「ヤダー!可愛くない!!」
監督「この映画は『アイドルをちゃんと撮る』と言う事と『百合をちゃんと撮りたい』と思って撮りました。2種類のファンに驚かれ、3人を知らないけど、百合系のファンにチェックされていたようです」

(キスシーンについては?)
木嶋「撮影の時に照れてて、もう終わったけど上映されても照れます」
鎌田「ここに出てくるのにも照れがあります」
(毛穴まで見えるもんねー)
鎌田「ヤダーwww」
木嶋「音が生々しいよね」
(ズバリ!あのシーンが観たくて撮ったんです。女の子同士のキスシーンまでで、それ以上Hにはしたくなかった)
木嶋「恋愛に性別は関係無いと思いました。この映画を終えて関係無いと思いましたよ。こんな2人が居たら無理です!」
(倒したくなった?)
木嶋「・・・・良かったねー、無事でwww」
鎌田「けっこうガツガツ来てくれたのでやり易かったですよ。照れたけど・・そこまで照れなかったかな」
木嶋「小悪魔な役なので、私に100%夢中になってくれないんですよ」
(そのミカン(頭)は凄いね。紘ぴょんは成功してる。こたつは男っぽい所もあるね)
福見「本読みの時も今より声が低いと言われました」
(男っぽい要素もいいよね〜)
木嶋「『全くもう〜』っていうのが竜馬くんみたいでいい!」←(注:何が元ネタなのか分からんので間違ってるかも)

監督「見た人によって答えは違うと思うけど・・・写真にみかんは居ないんですよ。2人でみかんをむいてるシーンも1人だけむいてない。それは2人で旅行しているって言う意味なんです。こたつも亡くなったように思える。現実の人間なのに何で?と思うけど、色々要素があります。幽霊が2人を殺すで終わるも良し、こたつが追及するも良し、百合ものだけどファンタジーという突っ込みも多いです。ニャーは演技の経験はあるけど、2人は台詞を喋った事は無いんだよね」
鎌田「出来るかな?と思いました。台詞覚えが苦手でしたが、監督が『鎌田さんのままでいいよ』って言って下さり・・・」
監督「『鎌田さん』なんて呼んで無いけどねwwww」
鎌田「役になりきるより鎌田さんの・・・あ、アタシ、鎌田って言うんですけどwww鎌田のままで自分を出そうと思ってやれたのでやり易かったです」
福見「私も初めてで、棒読みになってたりしたんじゃ?と不安でした」
監督「経験は無くても、福見を出せると言う意味では合格でした。噛もうが飛ぼうが、そういう事は生活の中にもあるので、何言ってるか分からない以外はOKでした。そして泣くシーンは冒険でした。あそこでできないとどうしようもないのでハラハラしましたが、予想外に良い!(鎌田は?)暴走系なのに声がカワイイ。ニャーはうちの事務所で、ピョコタンプロファイルからの成長を観てみたいと思いました」
木嶋「私は想像を超えたい一心でやりました。2人には『良かったよ』と言っててドキドキしてたんですけど、私にはニヤニヤしてるだけで何も言わないんです」
鎌田「『いいわぁ〜』って言ってましたよ」
木嶋「そういうのは直接言って!ハラハラしてる時の方がいい顔しているんです。安心している時よりも・・・。私はドMだからねwww」

(台本をもらった時は?)
木嶋「私はピョコタンをやる時に監督のデビュー作を観たんですが、それが百合でした。なので、原点に触れられる嬉しさがありました。私自身女の子が好きなので、キャスティングもワクワクして『ヤッター!』『カワイー!』と嬉しかったです」
福見「どうなるんだろうと思って・・・。ラストがああなので、ビックリしましたが、やってみたいと思って頑張りました」
監督「グラビアを1(本目)〜8(本目)まで全部棒読みwww。その可愛さを引き出せればと」
鎌田「普通に最初に観た時に、のりちゃんが出ると聞いて、元々仲がいいので面白うそうと思いました。元々のりちゃんが好きなので、キスシーンもあるしやってみようと思いました」

(それでは最後に一言)
木嶋「監督の初めての『笑いの無い映画』で、甘酸っぱい百合物語です。ぜひまた足を運んで下さい」
福見「この映画は謎が多いので、1週間ですがたくさん観に来てください」
鎌田「この物語は3人の視点で色んな見方ができるので、何回も観て下さい」
監督「ブログやツイッターで酷評以外書いてください!」

と言う事で、「舞台挨拶」はここまでです。
今回は、チケットぴあで売られた「舞台挨拶回の鑑賞券」は額面2000円でしたが、「写真撮影会付き」として3000円コースというのもありました。
この舞台挨拶は浴衣姿での登壇だった3人が、一度引っ込んで再登場すると今度は水着姿です!
壇上に並ぶ水着3人娘に対し、3000円払ってるお客さんが3人ずつ順番に壇上に上がり、1組1分30秒ずつの撮影会が始まります。
その数、何と80人以上居るとの事で、多くの方がけっこうゴツい一眼レフ的なカメラでプロのように撮りまくっておりました。
え?アタシですか?さすがに1000円払って写真撮るつもりは無く・・・一応この撮影風景は、一般の舞台挨拶回入場者(撮影会の券は買ってない人)も客席は眺めている事はできるわけで、自分はその『眺めてる人』でした。(すぐに帰りましたが・・・)
しかしね、何気に眺めてましたが、鎌田紘子ちゃんがずっと下乳が出ているのは釣りなのかどうかが気になってね・・・。(下記リンク先記事の写真から確認できます)

◆GirlsNewsの舞台挨拶記事
◆日本映画専門情報チャンネルの舞台挨拶記事
よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993466
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH