映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




RECOMMEND
<< 【映画祭上映】クロユリ団地 【上映前】舞台挨拶レポ | main | 【映画祭上映】泣いたらアカンで通天閣 【上映前】舞台挨拶レポ >>
【13-026】クロユリ団地 ★★★☆☆
category: 2013年の映画レビュー | author: moeru-movie
5月18日の劇場公開に先立ち、沖縄国際映画祭でクロユリ団地を鑑賞。

老朽化したクロユリ団地へと移り住んできた明日香(前田)は、隣室から聞こえる何かを引っかくような音にへきえきしていた。ある日、鳴りやまない目覚まし時計の音を発端に、隣室で亡くなっている老人を見つけてしまう。それを機に周囲で頻発する怪現象に対する恐怖、老人を救えなかったという罪悪感から、精神的疲労を募らせていく明日香。老人が何かを伝えようとして音を立てていたのではないかと思った彼女は、遺品整理で隣室を訪れる特殊清掃員・笹原(成宮)とその真意を探ろうとするが・・・。

上映前舞台挨拶で監督が『集大成』と言う言葉を使っていた映画だが、確かに良く言えば集大成でもあり、その反面で悪く言えば「寄せ集め」とも感じるホラーでした。

まず「団地」という昭和な空間は、どことなく「呪怨」のあの家を思わせるし、同じ中田監督の「仄暗い水の底から」のテイストも作品全体から感じる事もできる。
そして主人公の明日香の家族は何かちょっとおかしい。普通の家族にも見えるし、まあまあ幸せな感じにも見えるが何かおかしい事に誰もが気付くだろう。

母「はいこれ」(と箱入りのプレゼントを渡す)
明日香「何?腕時計?」
母「あなたには少し大人っぽいかしら?」
明日香「え?子供っぽいよ」
弟(小学生低学年くらい)「僕と大して変わらないのに」

と言うちょっと違和感を感じるやりとりからの

母「お父さん、今度の休みは大丈夫でしょうね。また仕事なんて無いわよね?」
父「大丈夫だよ、たぶん」

このシーンが何度かリフレインされ、そして真相が明らかになる。
明日香の孤独と罪悪感、自分を責めて生きる辛さ。
そういった心の弱さを持つ人間に憑くのが「ミノルくん」である。
個人的には、このミノルくんも幼いながらに超孤独な所を押し出さないと説得力が無いと思うのだが、「友達とかくれんぼ中の事故」で亡くなるというエピソードは「孤独」かというとちょっと足りないような気がするなぁ。

そんなミノルくんを家にあげてしまった明日香が徐々に壊れていくわけだが、この「家にあげる事の意味」ももう少し分かりやすく説明して欲しかった所です。
恐らく、心に傷を持つ孤独な人の弱い部分につけこむと言うのが「パターン」なんでしょうが、ミノルくんが憑く「動機」が分かりづらいんだよね。
本当に言葉通りにただ遊んで欲しいだけなのか、いや、そうなるとラストの成宮くんが(ネタバレにつき自粛)と言うシーンも今一つ説得力が無いような感じもする。

思うに、ミノルくんというのは種別で言うと「地縛霊」だと思っていたのですよ。
で、遊んで欲しくて付き纏い、家に入れたら最後、彼に逆に「〇〇〇」(ミノルくんが死んだ所)に引きずり込まれる・・というシンプルな理解でいいのかなぁ。
寝不足で観たので、今イチ頭が働いていないかもしれません。グダグダでごめんなさい。

で、最終的には、前敦は「輪廻」の優香、もしくは「テケテケ」の優子みたいなオチ・・・と思いきや、そうするならもっと壊さないと!と言うのが自分の感想です。
(ホラー映画における美少女の扱いにかけては、自分はドSです)

それよりも、もしかしてこのミノルくんも「貞子」みたいにキャラを独り立ちさせてシリーズ化でもしたいのかね?
子役は成長しちゃうし、キャラとしてはミノルくんは今イチインパクトが薄いと思うので、難しいんじゃないでしょうか。
(呪怨の俊雄くんとも被るしなぁ)

そんな訳で、例えば「効果音」だったり、「爪を立てて壁をかきむしる音」といった聴覚に訴える恐怖や、「白濁した老人の目」といった「視覚に訴える恐怖」、そして「団地」という何だか薄気味悪い(団地住まいの方、ごめんなさい)ロケーションを重ねて、それなりに怖い雰囲気は出ていますので、興味がある方、そして前田敦子がどんなホラーヒロインを演じているのかを確かめたい方は、ぜひ5月に劇場へ!
★この後、全国公開時の再見レビューもあり。

◆パンフレット:現時点では未発売

クロユリ団地

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:邦画
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993460
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH