映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>




RECOMMEND
<< saku saku Ver.9.0 / オーバーオールが止まらない DVD発売記念イベント@海老名レポ | main | 【13-024】コドモ警察 ★★★★☆ >>
【13-023】プラチナデータ ★★☆☆☆
category: 2013年の映画レビュー | author: moeru-movie
公開初日の舞台挨拶回は当然のように落選したので、仕方なく生中継付き上映となったプラチナデータです。

政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報“プラチナデータ”を基に犯罪捜査が行われ、検挙率は驚異の100パーセントで、冤罪(えんざい)は皆無となった近未来の日本。警察庁の科学捜査機関に所属する科学者の神楽龍平(二宮)は、DNA捜査システム関係者の連続殺人事件を担当することに。しかし、同システムは神楽自身を容疑者として示し、思考を繰り広げた結果彼は逃亡するが……。

DNAを元にした科学捜査、プロファイリングから実際に犯人逮捕に至る掴み。そして発生する関係者の連続猟奇殺人、その犯人としてシステムが示したのは神楽本人・・・。
どこか「マイノリティ・リポート」的な近未来の犯罪捜査を連想させながらも、恐らく遠くない将来(と言っても、自分はもうこの世に居ない時代かもしれないが)に必ず訪れると個人的には確信している「超監視社会」を背景に進むシナリオはとても興味深く観ていた訳なんですよ。

だけどさぁ、これって突っ込んじゃあいけない所なのかなぁ・・・。
あの「神楽追跡劇」の酷さって言うのはどう反応したらいいんですかね。
※あれだけ大量の警察軍団があれだけ何度も追い詰めながらも逃げられると言う酷さ。
 そしてカーチェイスシーンは人気の無い山奥で、更に逃げ込むのも無人の工場という殺風景さにもガッカリ。

そんな茶番劇を見せられて以降は、勢いでは見せつけられているものの、よくよく考えると、今イチ意味が分からない所もチラホラ。
この映画のカギでもある「モーグル」って、もはや国家全体での「要人保護・隠蔽システム」なわけでしょ。
そうなんですよ。国を挙げての大事だと思ってたのに、最終的には「龍平とリュウ」「龍平(リュウ)と早樹」「水上教授と龍平(リュウ)」といった「個人対個人」という図式に終始してしまい、最終的にはDNAとかNF13とかはそっちのけで、単なる殺人事件並みの終わり方になっちゃった。
(真犯人を〇〇した後、身柄を確保されたはずの神楽が、何で最後にヨヨエツと2人で橋の上でいい雰囲気(?)になってるのかも良く分からんかったよ)

そもそもさぁ、あの真犯人の〇〇(一応伏せておこう)の動機ってのも分かり難いよね?(ってか、良く分かってない)
神楽を犯人に仕立て上げる意味とか、肋骨抜く意味とか、杏ちゃんまで殺す動機とか、一応理由らしき描写はあったのかもしれないけど、何か「そこまでする必然性」があまり感じられなかったんよ。
皆さんは観てたその場で理解・納得できたのでしょうか・・・?

まあ、勝手に妄想を膨らませて楽しみにしちゃった自分が悪いのか?
それとも、東野センセの原作からしてこんな有様なの?(恐らく原作とはずいぶん異なっていると推測)
こうなると、逆に原作をしっかりと読んでみたいという衝動が湧きあがります。

そして演者の方ですが、特段褒めるような所はありません。
杏と水原希子は、やたらとファッショナブル(特に杏ね)なのと、鈴木保奈美はキャラとしても芝居のクオリティ面からもミスキャストだなと感じたくらいです。

と言う事で、観終ってから多い出せば出す程「何だったんだ?あの茶番は??」というモヤモヤが濃くなるのでこの採点です。
二宮マンセーな方々、ごめんなさいね。

ところで、上映前の舞台挨拶中継。
いつも生では見ているものの、中継を見るのは初めてでした。(生で見ている舞台挨拶が中継されてた事はあるけど)
もちろん、生じゃないので、年間の舞台挨拶鑑賞本数にはカウントしませんし、レポも書きません。
レポを書かないので、全くメモも取らずにしっかり見たけど、やっぱり集中して観るっていいね!
いつもはメモに夢中でロクに登壇者を見れていないという状況なので、今回は堪能しました。
中継するのにどれくらいコストがかかるのか分からないけど、今後も話題作の舞台挨拶の中継はやっていって欲しいなと思いましたね。
どうか検討を!東宝さん!!

◆パンフレット:A4大・44頁・700円

プラチナデータ

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:邦画
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993453
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH