映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>




RECOMMEND
<< すーちゃん まいちゃん さわ子さん 【上映後】舞台挨拶レポ | main | saku saku Ver.9.0 / オーバーオールが止まらない DVD発売記念イベント@渋谷レポ >>
【13-021】フライト(ネタバレあり) ★★☆☆☆
category: 2013年の映画レビュー | author: moeru-movie
予告編を観て気になっていたフライトを鑑賞。

ベテランのウィトカー機長(デンゼル・ワシントン)は、いつものようにフロリダ州オーランド発アトランタ行きの旅客機に搭乗。多少睡眠不足の状態でも一流の操縦テクニックを持つ彼の腕は確かで、その日もひどい乱気流を難なく乗り越えた。機長は機体が安定すると副操縦士に操縦を任せて睡眠を取るが、その後突然機体が急降下を始め……。

「彼は英雄か、犯罪者か」
この映画のコピーだが、観終って率直に感じた事は「何だよ、どっちでも無く、"アル中でジャンキー"なだけかよ」というシンプルなものだった・・・・

いやね、僅かな事前情報から、きっとアルコール依存症にも何らかの理由があるとか、実はいわゆる「アル中」とは違う何らかの身体的な事情があるとか、そういう事が絡んで「英雄か、犯罪者か」の争いになるものと勝手に推測していたわけですよ。

ところが、冒頭から登場する機長(ワシントン)とCA(いきなりの全裸は掴みとしては素晴らし過ぎるインパクト)からしてアル中だったり、もう一人のメインキャラの女もアル中&ヤク中。
そこに映し出されるのは、もはや自分がジャンキーだという自覚すら無く、呼吸をするかのように酒と薬を摂取するだけのダメ人間じゃねーのかい?
特にワシントン機長のダメ人間&クズ人間っぷりと言ったら非常に嫌悪感も高く、そこまでの沸点に上げさせたという意味では「さすがオスカー俳優の芝居」と感心するばかりだ。

それでも前半は「航空パニック物」という観点からもなかなか緊迫した場面が多く、ハラハラして見てました。
あの「PULL UP! PULL UP!」という警告音声は、誰もがあの御巣鷹に堕ちた日航機を連想させるし、逆さになった機内の様子も大迫力。
不時着シーンでは「あれ?何か飛行機が小さい感じがするのは気のせい?」と思ったりもしたが、結果的にはこの時点では「機長GJ!」なはずでしたよ。

で、その後はアル中(+ヤク中)機長を誤魔化そうと一致団結する人たちを尻目に、全然酒を止められないダメ機長による飲酒の繰り返し。

「すべてが明かされるエンディングには、真の正義とは何かを示し、心を揺さぶる感動が待っている」
パンフのINTRODUCTIONに書かれている一説だが、鼻で笑ってやりました。
ナイスバディーのCA(冒頭で全裸を見せた女)になすりつけようと思えばできたのに、それをしないで「神の声」に従って自らのアル中を告白した事が「真の正義」なのか?その潔さが「心を揺さぶる感動」なのか?ちゃんちゃら可笑しいわ!
結果的に乗客・乗員の多くの命を救ったとは言え、フライト中にまで飲酒していたダメ機長に感動できるかっつー話ですよ。

何かちょっとした弱さを持っていただけの一人の優秀なパイロットなのかもしれない。
もはや自らの意志ではどうにもならない程の「病気」なのかもしれない。
これは他人事でなく、自分の身にも起こる事かもしれない。
そこまで悪い事をしながら、最後に多くの人の前でそれを認めると言う勇気は称えられるべき事かもしれない。

それでも自分は思う。「ウィトカー機長さんよ、あんたはクズだ」と。

しかし、実際の操縦士っていうのは、フライト前に何らかの検査みたいなのはしないのかね?
もしくは、定期的な身体検査等でヤク中くらいは分かりそうなものだけど(特にジャンキー大国のアメリカならなおさら)あんなに日常的に酒とクスリをキメてるやつが鼻歌歌ってハイになりながら操縦できちゃうっていうのが信じられません・・・・。
「FLIGHT」(飛ぶ事)と言うよりも「FALL」(落ちる・堕ちる)の方が、色んな意味で映画の内容には合っているような気がします・・・。

◆パンフレット:A4大・44頁・700円

フライト

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:洋画
comments(0) | trackbacks(2) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993449
フライト 他に比類なきジャンル、見事な落としどころにはまりました。<ネタバレあり>
プロレスを「他の比類なきジャンル」と呼んだのは、村松友&#64097;。1980年のこと。 もちろん良い意味で、映画を見たあと、この言葉を思い出した。 予告編やビラでは、 「英雄か犯罪者か」という煽り方だし、ストーリーの大枠としては 高度三万フィートでトラブル
もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう) (2013/03/06 11:29 PM)
映画「フライト」やはり、こんな人に操縦桿を握らせてなならない
映画「フライト」★★★☆ デンゼル・ワシントン、ジョン・グッドマン ドン・チードル、ケリー・ライリー ブルース・グリーンウッド、メリッサ・レオ出演 ロバート・ゼメキス監督、 138分、2013年3月1日より全国公開 パラマウント ピクチャーズ ジャパン (原題/原作:
soramove (2013/03/21 7:25 AM)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH