映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




RECOMMEND
<< 【13-017】ダイ・ハード ラスト・デイ ★★★★☆ | main | 【13-018】ボクたちの交換日記(ネタバレあり) ★★★★☆ >>
【完成披露試写】ボクたちの交換日記 【上映前】舞台挨拶レポ
category: 2013年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
この間の週末は舞台挨拶には出かけませんでしたが、その代わりに平日の今日、完成披露試写(有料)に行って参りました。

■会場:新宿ピカデリー・スクリーン1
■座席:B列(A列マスコミ席)
■MC:伊藤さとり
■前説:ニッチェ
■登壇者:伊藤淳史、小出恵介、木村文乃、川口春奈、ムロツヨシ、内村光良監督、鈴木おさむ(原作)

まず舞台挨拶に先立ち、ニッチェの2人による前説です。
ネタを交えながら、諸注意の説明(お客さんによる撮影はダメとか)をしつつ、そんな自分たちを撮影するマスコミに絡むなどひとしきり盛り上げていた所に伊藤&小出登場。
しかし、何故かこの時点でテンパってる小出くん。マイクを口の所に持って行かずに喋るわ、何か全体的に挙動不審www。
(ニッチェに「めんどくさいな〜」と突っ込まれてましたwww)
この後の舞台挨拶での掛け声(「ボクたちの!」と言った後、桜吹雪が噴射され、その後に「交換日記〜!」とお客さんが言う)練習をやって、とりあえず一旦引っ込みました。

さて、改めて皆さんの登場です。
まずはご挨拶から。
伊藤「ホントに凄い映画が出来たと思う。2回、3回と足を運んで下さい」
小出「今、後悔しています・・・。こんな固めの回でフワフワしてやって・・こんなおふざけでいいの?大丈夫っすかね。はっはっはっ!頑張ります!」
木村「上映前に挨拶って珍しいですかね?和気あいあいで、泣いて笑ってキラキラして帰って下さい」
川口「笑って泣けて心が暖かくなる映画です。楽しんで帰って下さい」
ムロ「長澤まさみじゃなくてスミマセン!呼ばれたんです。呼ばれたからここに居るの!本編にはそんなに出てないので!」←本当はもっとガーッと色々喋りまくってた。
鈴木「僕の周りには売れてない芸人がたくさん居ます。その芸人さんへの想いを原作にしました。それを内村監督がベストなスタッフで映画化しました。楽しんでください」
内村「監督・脚本の内村光良です。テレビには無い映画という感じで高揚しています。公開初日は長澤まさみちゃんが間に合うと言う事で、ムロくんとチェンジでwww。皆で一丸となって作りましたので最後まで観て行ってください」

(映画化のきっかけは?)
内村「プロデューサーからの依頼です。おさむの小説を元にと言う事で最初は躊躇してたけど、おさむと会って『如何様に料理して』と言われて背中を後押ししてもらい脚本を書きました」
(出来上がりは?)
鈴木「今までお笑いの話は幾つかあったけど嘘臭い。(内村監督の)脚本を読んでコントのクオリティが高いんです。若手っぽいリアリティも凄い。出来上がりもスッと入ってきました。後半は堪んなかったです。いい物を作ってくれて感謝します」
内村「おさむとはあまり組まないんです。嫁の方とは毎週やってるけどねwww」

(芸人役はどうですか?)
伊藤「今はお笑いブームでお笑いに求める物も高いのでやるのは不安でした。監督の内村さんはお笑いのプロなのでお任せすればいいものが出来ると思いました」
小出「鈴木さんの思いが伝わった物を簡単に手は出せないけど、甲本が愛おしくて挑戦したかった。でも撮影中は辛かったです」
(2人のコントではプレッシャーがあった?)
伊藤「練習はしてたんですが、撮影でネタをやってるのを見てたら面白いんです。自分たちは大丈夫?と思って2ヵ月練習したのを思い切りぶつけました」
小出「凄い大変で、監督は鬼でした。現場では何回もやり、粘りを感じてやる毎に欲も出てきました。妥協しないんだなと思いました」
内村「新宿のバイタスに飛び入りさせたら、最初の『キャ〜!』がピークで後は滑り倒しました。その後の練習は目の色が変わって凄く自主練してくれて感謝しています」

(田中の彼女役としてどう感じましたか?)
木村「常に自分と、世の中と戦ってる。安心して帰れる場所になりたいとそっとそばに居るという事を意識しました」
(出来上がりを見て?)
木村「いやー、いい作品ですね。人らしくそこに居て動いて喋って、人間臭さがスキです。綺麗事じゃないけど幸せになれます」

(現場の雰囲気はどうでしたか?)
川口「穏やかな現場でした。3〜4日だったけど内村さんが居るだけで笑顔でハッピーになりました。元々内村さんが大好きで、今回で100倍好きになりました。テレビとイメージが一緒で大好きです!」
内村「うちの子もこんな娘になって欲しいww」
(夢を追う姿がいいですよね)
川口「格好いいです。食らいつく所は男性でも女性でも素敵です」

(ムロさんは芸人でもおかしくない感じですが)
ムロ「内村監督の指導の元、どうにかできるようにとかれこれ1週間みっちりと・・。内村監督直筆の台本を使ってましたが、これが汚ねーの何のってwww」←本当はもっと凄く喋ってる
(このキャスティングは?)
内村「こっち側の臭いがしたww。ずっと観てきたので」
ムロ「#?△!%●@・・」←とにかく色々まくしたてる
内村「喋り過ぎ!!www」
ムロ「長澤まさみでしたwww」←まさみネタが気に入った模様。

(内村監督がずっとやってきた気持ちを反映したのですか?)
内村「序盤は思い入れがあります。おさむが書いたのは(僕らの)2世代後くらい。そこも客観的に書けるか・・。僕らは前説とかやった事が無いので後輩を見て書きました」
(解散を考えた事はある?)
内村「1回あります。お笑いスター誕生に3回目の挑戦をする時に東横線の渋谷駅で『優勝しなかったら辞める』と言ったら南原は『いいよ』って。そしたら優勝しちゃった。でも解散を考えたのはその1回だけ。後輩で辞めた子も居たけど、今頑張ってる若手を思って書きました」

(それでは今日は皆さんに交換日記を書いて頂きました。皆さんにノートをお渡しします。誰かからの日記が皆さん宛の日記が書かれているので、誰から・何が書かれているか読み上げて下さい)
小出「(内村監督から)女だったら1回抱かれてるでしょう」
内村「1回だけ!酔った勢いで!やっぱ格好いい。それをいかに封じ込めるか。雑な所がいいね」
内村「(川口春奈より)内村さんの娘にしてください。何でもします。大好きです」
川口「本当に好きなので書くときに緊張しました。『内村の娘に』って書いちゃって、後で「さん」を加えましたwww」
(娘でいいんですか?)
川口「・・・は・はい。娘で・・・」
川口「(鈴木おさむより)超カワイイですね」
鈴木「人の事カワイイと言うと嫁が怒るので、こういう所じゃないと言えない。どっかで嫁に会ったら胸ぐらを掴まれるかもしれませんよ」
鈴木「(ムロツヨシより)ボクどうですか?」
ムロ「ちょっとガッついてみました」
鈴木「頑張り過ぎ!でもそこがいい」
ムロ「(木村文乃より)撮影で顔を合わせず、プライベートでも交流は無いのに何を書けば・・・。でも私の面白くない日記にオチをつけてくれると思う」
ムロ「サイテーの日記です!!!wwww」
木村「(伊藤より)田中の奥さんのように素敵な奥さんになって下さい」
伊藤「本当に素敵な奥さんなんです。だから素敵な奥さんになって欲しいんです」
伊藤「(小出より)バーカ!バーカ。またね。またよろしく」
小出「愛に溢れてるでしょ。同い年なんです。初めて共演したんですけど」
伊藤「待ち時間にコントのネタをやってたのが楽しかったです」

ここでコンビ芸人の「オンリー2」が登場し、これから北と西に分かれて全国100箇所の映画館を回る企画がいきなりスタートです。
キャリーバッグを持たされ「今日は一旦帰れないの?」とぼやくも、「飛行機の時間が20:55!」とか言って、本当にこの後すぐに旅立つみたいです。
※その模様は、wakkaで随時確認する事が出来ます。

この後は、登壇者がG列とH列の間の通路に立ってのフォトセッションと、前説で練習した掛け声(&桜吹雪)でひとしきり盛り上げた後で、内村監督から最後の一言です。
「キャスト・スタッフが一丸となって作りました。最後まで観て行って下さい。自分の夢に照らし合わせて共感して下さい。トイレに行く方は今のうちに。掃除の人もすみません・・・(注:かなりの量の桜吹雪が館内に散らばったので)」

と言う事で終了となりました。
実質最前列に陣取った自分の正面に川口春奈とか胸熱すぎる!(但し川口ちゃん自身は胸薄←コラ!)
本当に、鈴木おさむの日記じゃないが、超カワイイです。
その隣の文乃姉さんも素敵でした。

さて、公開初日の舞台挨拶は、本当にムロツヨシに代わって長澤まさみが出てくるのでしょうか?
個人的には、都合が付けば初日にも行ってもいいかな・・・(まさみ&文乃&春奈とか並んだら高まりますよ)

◆cinemacafe.netの舞台挨拶記事
◆まんたんウェブの舞台挨拶記事
◆ORICON STYLEの舞台挨拶記事
◆ウオーカープラスの舞台挨拶記事
◆billboard JAPANの舞台挨拶記事
◆シネマトゥデイの舞台挨拶記事
◆映画.comの舞台挨拶記事
◆モデルプレスの舞台挨拶記事

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993443
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH