映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




RECOMMEND
<< さよならドビュッシー 【上映後】大ヒット御礼舞台挨拶レポ | main | 【13-012】いびつ ★★☆☆☆ >>
いびつ 【上映前】舞台挨拶レポ
category: 2013年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
本日2本目。夜の舞台挨拶は「いびつ」です。

■会場:ヒューマントラスト渋谷・スクリーン3
■座席:B列(A列マスコミ席)
■MC:平野貴之プロデューサー(この作品にはタッチしていないか?)
■登壇者:駒谷仁美、石田政博、佐藤あずさ、森岡利行監督

それではまずはご挨拶から。

駒谷「今日はお忙しい中お集まり頂きありがとうございます。初めての事なので緊張してるけど宜しくお願いします」
石田「僕も舞台挨拶は初めてで緊張しています。今日は満席で嬉しく思います」
佐藤「今日は舞台挨拶に呼んで頂いて光栄です。最後までお付き合い下さい」
監督「大変カワイイ作品に仕上がっているので楽しんで下さい」

(初日を迎えた今の気持ちは?)
駒谷「今日がホントに楽しみで、2週間前から楽しみにしてたけど、楽しみ過ぎて毎晩うなされてて、追い掛け回される夢を見たり、精神的に追い込まれるくらい楽しみだったので、今日すごく嬉しいです」
石田「ドキドキハラハラワクワクで昨日は眠れず、8時に起きてやる事が全く無かったです。『すんドめ』は読んで知ってて、まさか岡田先生の原作の主人公をとビックリしましたが嬉しかったです。今日、挨拶に立てて光栄です」
佐藤「この日を迎えられて幸せです。1人でも多くの方が観てくれればいいな」

(何か苦労した点などありますか?)
駒谷「独特な世界観で、撮影期間も長くないので、期間中は円で居ようと思いケータイも見ず、親や友達ともあまり会わずになりきろうと頑張りました。ご飯も食べれなかったです。円は影があるので、私も影になろうと・・・」
石田「弁当も1人で食べてましたね」
駒谷「それは役とは関係ないので言わないで!www」
石田「原作を読んで裸になると言う試練が待ち受けてて、Mのキャラでサディスティックな事をされるのでどうなるかと思いましたが、スーッと入れました。現場でも裸で歩いてて、『服着てー!』って言われてました。発泡スチロールに入る所ではずっと入ってました。静電気で出られないので2時間入ってました。トイレも我慢してたら駒谷さんに『出れないんですか?』って言われ、出たら「おかえりなさい」ってずっと円なので素でできました」
監督「凄く綺麗なんですよ。毛が無い!」
石田「脱毛してませんよ。素です」(注:映画を観た限りでは、それなりにスネ毛はあったぞ!?)
佐藤「私は撮影最終日1日だけで、アットホームなので苦労した点はありません。次回作があれば苦労したいです」

(原作と自分を比較してどうですか?)
駒谷「漫画は喋らないので、円はどういう喋り方?と言うのを監督に教わりました。監督の喋り方を意識しましたね」
監督「俺がやった時は真似しなかったよ!」
駒谷「してましたよ!」
監督「原作の力を掴んだのか?良かったよ」
駒谷「監督のおかげです」

(出演が決まった時はどうでしたか?)
駒谷「決まってから撮影まで時間が無くて、決まってポヤーってしてて、し・主役ぅ〜!?って思ってからすぐ撮影で、何か感じるとか無かったです。決まった・撮った・今日だ!みたいなwww」

(何か心がけた事は?)
監督「原作が独特ですが好きなので、なるべく忠実にやりたいと思った。迷ったりした時は石田君と漫画を見直して撮ってました。漫画の通りと言うのは難しいけど自分としては上手く撮れたと思う」
(原作の魅力は?)
監督「2人はSとMだけど惹き合ってる。いびつな愛情が新鮮で他には無い。いつもは自分も褒めて欲しくて作ってるが、これに関してはボロカスに書かれたいのと褒められたいのと両方あります。僕もまだ観てないので評価が楽しみです」

(何かオフショットエピソードは?)
駒谷「期間中、オフでも石田さんを虐めまくってました」
石田「虐められて最初はどうかと思ってました」
駒谷「日に日に楽しくなって・・質問何でしたっけ?オフショット?撮影が終わったら石田さんや監督は温泉に行ったりしていたようですが、私は1日も誘われなかったです。眠ってたS心がこの作品でドカーンと来ました」
石田「虐められましたね。それを役として虐めてくれたので、ドMの気質を掘り下げてくれました。宙ぶらりんのシーンで屋根にしがみついていたら『大丈夫ですか?』って円のまま言われました」
佐藤「私は制服を着れた事が思い出深いです。本当の校舎で撮影し、授業を受けてノートとペンがあって懐かしかったです」
(そんな前なの?)
佐藤「けっこう前ですwww。きっと最後の制服になります」

(それでは見所を)
駒谷「ラストシーンがすごい綺麗だと思います。みんなに観て欲しい」
石田「円のサディスティックな所と、僕の全裸の全力芝居です。監督の素晴らしい演出も楽しみに」
佐藤「石田さんが全裸で学校内を全力疾走するインパクト!私がそれを最初に見るのですが、そこが凄い!」

(それでは時間になりましたので最後に一言お願いします)
佐藤「感情表現はいびつだけど円は真っ直ぐというコントラストに注目して下さい何か引っかかって帰って頂ければ」
石田「岡田さん独特のストーリーになってる。楽しく役に入れて素晴らしい作品になってると思うのでお楽しみに」
監督「原作をリスペクトして作りました。感想をぜひ聞かせて欲しい。ブログをやってるので悪口でも褒め言葉でも何でも書いて欲しいです。石田君はオーディションに電動バイブを持ってきてましたwww」
駒谷「瞬きしないで観て下さい。ツイッターもやってるので感想下さい。悪口はブロックするのでwww」

と言う事で終了となりました。
超久々に見たひぃちゃんですが・・・・まあ下のリンク先の画像をご覧ください。わたくしからのコメントは自粛します・・・(; ̄Д ̄)
はい。色々複雑な心境のままさようなら。

◆ORICON STYLEの舞台挨拶記事
◆シネマトゥデイの舞台挨拶記事
◆日テレNEWS24の舞台挨拶記事※動画有り
◆映画.comの舞台挨拶記事
◆GirlsNewsの舞台挨拶記事
よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993435
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH