映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




RECOMMEND
<< デッド寿司 【上映後】舞台挨拶レポ | main | みなさん、さようなら 【上映前】舞台挨拶レポ >>
【13-007】テッド ★★★★☆
category: 2013年の映画レビュー | author: moeru-movie
楽しみにしていたテッドを早速鑑賞(字幕版での鑑賞です)。

いじめられっ子からも無視される孤独なジョンは、クリスマスプレゼントとして贈られたテディベアと友人になれるように祈る。彼の願いが通じたのか、テディベアに魂が宿り、ジョンにとって唯一無二の親友テッドとなる。
それから27年の月日が経ち、中年となっても親友同士であるジョン(マーク・ウォールバーグ)とテッド。一緒にソファでくつろいでは、マリファナをくゆらし、映画を楽しんでいる彼らにジョンの恋人ロリー(ミラ・クニス)はあきれ気味。ジョンに、自分とテッドのどちらかを選べと迫る。


いやはや、公開週の日曜とは言え、実に良く入っていました。
キャパ500以上のシアターがほぼ満席でしたからね。
恐らく、その満員のお客さんのほとんどが「お下劣下ネタのコメディ面白そー!」という期待感で来てるんじゃないですかね。

で、内容はさておき(おいおい・・・)、その下ネタの方なんですが、思ったほどのえげつなさは無かった印象。
そりゃあレジで腰振ったり(予告編にある)、チョコ棒を口でスコスコする(R15+バージョン予告編にはある)のはまだしも、顔射が続くとはwwwというお下劣なシーンもありましたが、まあ程々じゃないッスかね。
客席も小笑いは起きてましたが、ドカンドカンというレベルでは無かったよ。

その他の笑いだけど、全体的にアメリカン・ジョークとかアメリカのドラマネタとか、日本人には分かり難いネタが多く、恐らく本来の笑い所の半分くらいしか笑えてないのでは?とも思えました。
もちろん、子供から大人まで大好きなウンコネタやオナラネタは鉄板ですけどね。
(個人的には、テッドが就職したスーパーの店長が最高すぐる!と思た)

そしてそして、ハッキリ言って自分が4つ星まで点を上げた理由でもあるのが「フラッシュ・ゴードン」です。
映画自体はトホホだったけど、QUEENのサントラはレンタル/ダビングしたテープを当時聞きまくってただけに、再三フラッシュ・ゴードンの音楽が流れる場面で高まっちゃった訳です。
他にも「007オクトパシー」や「エイリアン2」ネタ(あの場面は、心の中で「ビショップかよ!」って突っ込んだ瞬間、そんな内容の字幕が出て笑った)をはじめ、着メロで使われていた「ダースベイダーのテーマ」「ナイトライダー」など、80年代映画やドラマネタはけっこう分かっただけに楽しめました。

さて、肝心の内容ですが、まあ取り立てて「面白い!」という程でもなく、まあ普通な感じです。
後半になると、カーチェイスやスタジアムを舞台とした追跡劇、そしてホロリとさせる場面など、色々趣向を変えたりしてますが、自分はそんな「どこでも観られる描写」をこの「テッド」には求めていなかったので、むしろ少し白けた感じすらしました。
(それでも星4つまで届かせる「フラッシュ・ゴードン」が最強と言う事です)

そしてキャストですが、とりあえずサム・ジョーンズわろた!ノラ・ジョーンズも本人かよ!トム・スケリットは・・・「エイリアン」の船長が・・・・何とも言えんwww。
はい。そんな訳で、くどいようですが「フラッシュ・ゴードン加点」で大サービスの4点です。
くれぐれも過大な期待はせずに、暇潰し気分程度の精神状態でお臨み下さい。

あ、そうそう。
パンフが土曜の時点で売り切れ続出で全然手に入りません。
(TOHOシネマズ川崎、川崎チネチッタ、横浜ブルク13と回ったけど全滅)
いつか再入荷してくれるのかな・・・・
★1/26から上映となった新宿武蔵野館に行ったら(初日午前中に)パンフ買えました!

◆パンフレット:B5判・28頁・600円

テッド

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:洋画
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993424
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH