映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>




RECOMMEND
<< 【03-003】ロンドンゾンビ紀行 ★★☆☆☆ | main | 【13-005】東京家族 ★★★★★ >>
【03-004】96時間 リベンジ ★★★☆☆
category: 2013年の映画レビュー | author: moeru-movie
前作がかなり面白かった(5つ星!)ので、96時間 リベンジも鑑賞です。

イスタンブールで就いていた警護の仕事を終え、元妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)と娘のキム(マギー・グレイス)を同地に呼び寄せた元CIA工作員ブライアン(リーアム・ニーソン)。
バカンスを一緒に過ごし、家族の絆を取り戻そうとするブライアンだったが、かつてキムを誘拐して彼に息子や部下たちを殺された犯罪組織のボスによる復讐計画が動き出していた。
ブライアンとレノーアは組織にとらわれ、辛くも難を逃れたキムはイスタンブールの街をさまよい続ける。そしてブライアンは、妻と娘の命を守ろうとするが……。


もはや「96時間」という時間は何の関係も無い(原題は、前作の原題の2と言う事で「TAKEN2」です)にも関わらず、同じ邦題を引き継いだ形の続編です。
前作でブライアンに殺された犯人の親が復讐のためにブライアンとその家族を狙うっていうシンプルなお話です。

前作では「96時間」というタイムリミットがあった事でハラハラドキドキ感が増しましたが(だからこそ邦題になった)今回は特に時間的制限はありません。
その代わりに今度は娘だけでなく別れた嫁までもが巻き込まれると言う展開。
結果的に、この親父に関わるとロクな事が無いのに、何故か関わる変な親娘。

そんな拉致劇ですが、かなり突っ込み所は満載なんだよね。
そもそもブライアンへの復讐が目的なくせして拉致しても殺す訳でも大した怪我を負わせる訳でも無く、ただ縛って放置(監視も部屋の外でうたた寝しているぽんこつっぷり)という所からして緊迫感が薄いし、捕らえた女房も持て余してるわ、水着だけの素人娘も捕まえられずに、みすみすブライアンに武器を渡されちゃうわ、人数が揃ってる割にはショッカーに成り下がっているだけなのがトホホです。
あ、敵と銃を向け合って対峙しているっていうのに、娘にTELし始める親父を黙って見ているだけっていうシーンもかなりのトホホっぷりでしたね。。。

で、逃げたりまた戻ったりするブライアン(自分は逃げても、嫁がまだ囚われているので戻る訳です)は、人間ナビのような記憶を頼りに何とか嫁の奪回に成功するわけなんですが、当の嫁の方は、首を斬られてあと30分とか言ってなかったっけ?って言う所は恐らく「それは逆さ吊りにした場合の分数ね」という言い訳になる事を予測しながらも、軽傷の状態で良かった良かったとなります。

う〜ん、話はシンプルで分かりやすいし、尺も短めで見やすいんだけど、何かしっくり来ないんだよね。
何かこう前作のようなドキドキ感がかなり薄いっつーか。
それでもって、カーチェイスシーンや屋根伝いに逃げる追跡劇、そして格闘シーンに至るまで、全てのアクションシーンのカット割が異常に細かすぎて、訳がわからんのよ。散漫なのよ。
4つ星にしようか迷って3つ星に留めたのは、この散漫演出があったからだと解釈してください。

で、今度は残された敵の息子(2人)が出てきたりしちゃうわけ?
うーむ、どこまで親戚関係を広げて続けて行くのだろうか・・・

◆パンフレット:A4判・28頁・600円

96時間 リベンジ

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:洋画
comments(0) | trackbacks(1) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993419
96時間 リベンジ : 最強の父親、大暴れ!!
 三連休、いかがお過ごしでしょうか。本日紹介する映画は、休暇を楽しむ家族を襲ったテロリストたちがフルボッコにされるこちらになります。 【題名】 96時間 リベンジ 【製
こんな映画観たよ!-あらすじと感想- (2013/01/15 11:03 AM)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH