映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




RECOMMEND
<< 【13-002】映画 鈴木先生(ネタバレあり) ★★★★☆ | main | 【03-003】ロンドンゾンビ紀行 ★★☆☆☆ >>
映画 鈴木先生 【上映後】舞台挨拶レポ
category: 2013年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
2013年一発目の舞台挨拶は鈴木先生です。
本当なら近所の川崎を狙う所ですが、相性の悪いローチケで抽選に外れ、「もういいや」と諦めた所に、新宿での追加舞台挨拶が決まった事で観に行く事となりました。
この日は、まず最初は渋谷で上映前舞台挨拶を行った後、この回の舞台挨拶、その後行われる次の回の上映前の挨拶にマスコミが入る形となっております。(川崎は更にその後)

■会場:角川シネマ新宿
■座席:B列(マスコミ無し・A列まで開放)
■MC:テレビ東京 秋元玲奈アナ
■登壇者:長谷川博己、臼田あさ美、土屋太鳳、風間俊介、武富健治(原作)、河合勇人監督

それではまずはご挨拶から。

長谷川「今日はお越し頂きありがとうございます。いかがだったでしょうか?こうやって皆さんの表情が見れる日が来て良かったです」
臼田「私、結婚しまして『鈴木麻美』になりました。来て頂いて嬉しいです」(注:もちろん役の上での「麻美」の結婚であり、本人の「あさ美」が結婚した訳ではありません)
土屋「2年前の今頃オーディションを受けました。受かった時も嬉しくて必死にやりました。でも蘇美が表現できるか不安で・・・他の女優さんの方が(涙声)上手く演じられたんじゃないかって思ったり・・(遂に泣きだす太鳳。お客さんから『良かったよ!』『頑張れ!』と励まされる)でも、監督やスタッフ、キャストの方にたくさん励まされて制服でここに立つ事が出来ました。感謝を込めて・・「2年A組・小川蘇美」です!」
風間「日本で一番早くに観て頂きありがとうございます。蘇美が素敵な挨拶をしたので上回るものをと思いましたが浮かびません!」
竹富「さっきまでは(自分が)ここに立つ事よりも皆がどうかを気にしていましたが、太鳳の挨拶を聞いて感慨深くなりました。今は感動モードになってます」
監督「長い間関わってきて、この映画で最後になります。観終った皆の表情からいいオーラが発していて良かったです」

(初めてファンと共有する場になりましたが?)
長谷川「ここまで来れて嬉しいです。感想を一人一人聞いてみたいです。言いたい事がある人居ます?」
⇒と、本当に客席から手が挙がり、何とマイクを渡して感想を述べてもらいます。詳細は割愛しますが、TVシリーズからのファンの方のようで、とにかくベタボメな内容でした。(ポイントだけ書くと「自分も参加している気持ちになった」「映画からのキャラである風間さんがとても馴染んでいた」という2点)
長谷川「ちょうど真ん中の席でね・・・(注:仕込ではありません!という秋元アナのコメント有)ありがとうございます。幸せです」

(今回はテレビよりもパワーアップしてますね)
臼田「現場に行ったら、監督が鎌を持って走るシーンに拘りを持ってて、何回もやったんですが、パワーアップしてると思います。さっきパンフレットを見たら別の物を持ってる写真が出てました。色々試したんです」
風間「パンフレットは700円ですwww」

(ジャンプしたりアクションしたり大人になったりと色々ありましたね)
土屋「今回、屋上の場面を知った時、伝える為なら何でもしようと思って自分でやりました。妄想でも何でも来いと色んな事に挑戦出来て良かったです」
風間「ユウジ(役名)はいい奴なんです。犯罪を犯し、罪を償わないといけませんが、隅に追いやられて発散する所を考えている人間です。自分ももがいて撮影していました。蘇美に鎌を向けるのは僕自身も凄い光景だと思いました。さっきの舞台挨拶では、ここ(左隣の土屋との間を指差し)に線を引かれた感じがあったんですが、観た後にキャストの一部として観て頂けた事に感謝します」

(お気に入りのシーンは?)
竹富「1つ1つ選べないので、オフィシャルブックに感想を書きました」
風間「オフィシャルブックは1800円ですwww」
竹富「僕が聞きたいので、ツイッターなど、待ってます」
(映画の一部に出演されているそうですね?)
竹富「いや・・・次に観た時に探して下さい・・」

(観て欲しい所は?)
監督「もう1回、生徒1人1人を見てもらいたいです」

(それでは最後に一言メッセージをお願いします)
長谷川「この作品はファンの方の熱望が無いと完成しませんでした。皆さんも共犯者です。何とか上映館を増やしたいので、面白かったらインターネットで広めてください」
監督「この作品は世知辛い世の中が良くなればと思って作りました。一人でも多くの人に観てもらい、鈴木先生が許される社会になればいいので、よろしくお願いします」

と言う事で終了となりました。
長谷川博己が180以上の大柄な事もあり、155の太鳳ちゃんが小さく見えましたが、それでも黒髪美人な容姿と、のっけから涙を流すピュアな高校生の内面とのギャップにすっかり心掴まれてしまいました。
これからの出演映画もチェックして行きたいと思います。

それでは皆さんお疲れ様でした。

◆ORICON STYLEの舞台挨拶記事
◆RBB TODAYの舞台挨拶記事
◆cinemacafe.netの舞台挨拶記事
◆MOVIE Collection [ムビコレ]の舞台挨拶記事
◆ウオーカープラスの舞台挨拶記事
◆映画.comの舞台挨拶記事
◆シネマトゥデイの舞台挨拶記事
◆まんたんウェブの舞台挨拶記事

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993417
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH