映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




RECOMMEND
<< 【13-001】007 スカイフォール ★★★★☆ | main | 映画 鈴木先生 【上映後】舞台挨拶レポ >>
【13-002】映画 鈴木先生(ネタバレあり) ★★★★☆
category: 2013年の映画レビュー | author: moeru-movie
公開初日の映画 鈴木先生を早速鑑賞。

緋桜山中学の国語担当教師鈴木(長谷川)は、独自の教育理論「鈴木メソッド」に基づいた理想のクラスを構築しようとしていた。彼はその中心となる女子生徒小川(土屋)に重きを置くうちに、少しずつ彼女の魅力に引き込まれていく。
そんな折り、鈴木の妻(臼田)の妊娠がわかり、さらに2学期に入って生徒会選挙と文化祭の準備がスタートするが……。


まず、自分はこの「鈴木先生」のドラマの方は1秒たりとも見ておりません。
なのに何で映画を観に行ってんだよという疑問はさておき、またしてもHP等で主要人物のキャラ設定だけを予習して臨みました。
結果、終盤前まではかなり楽しんで観ておりました。
鈴木先生の妄想や、現実的には現存している所は無いであろう喫煙所でのシーン等も予習のおかげで違和感なく受け入れられます。
そして足子先生(富田靖子)との因縁や、担任の2−Aのみならず2−Bの一部生徒(刈谷友衣子!)までも幅を広げての学園ものとして楽しめます。

とは言っても2時間ほどの尺ではクラスの全員のキャラを立たせる事は無理でしょう。
必然的に、主役級の土屋太鳳をフィーチャーする形になるのも必然かな。
で、その刈谷・土屋らも交えての選挙戦も、出水という反乱分子も交えて見応えがある。
この出水だが、現在の状況に異を唱えてるうちはグイグイ行ってても、いざ当選すると「へ!?・・」ってなっちゃう所はまるで民●党を思わせるみたいで面白い。

なのにだ!!

あの卒業生(風間俊介)の立てこもりからの一連の流れはどうにもこうにも気に入らない。受け入れられないのよ。
「グレーゾーンを残しておかないばかりに追い詰められる」というテーマはとてもいいと思うのですよ。
それが「公園の喫煙所の撤去」ごときで学校に不法侵入⇒生徒拉致⇒殺傷沙汰っていう流れは極端すぎるし、犯人役も、言ってる事は結局のところ「人のせい・学校のせい・社会のせい」って感じで、もはや自己中のキチガイにしか映らないじゃないか。
挙句の果ては、捕らえた中2のJCに説教される展開(しかも、あんな状況でやけに冷静で理屈っぽい)も何だかなーと思うし、極めつけはあの屋上ダイブでしょう。

そもそも、体育館に居た生徒まで全員が犯人が居る屋上に上がっているのに、何で鈴木先生だけ別棟の屋上に上がっちゃってるのか?って時点でぽんこつ過ぎるんだが、どう見ても全く届いていない距離のダイブの終着が腕一本で捕まえるっていうクソみたいな描写は、正直言って笑いにもなりませんよ。
で、一息ついた後にかける言葉が「良かったね。傷は浅いそうだ」(注:ここで言う傷とは、ダイブ前に犯人の持つ鎌で首を狩られた傷の事です・・・)って言う能天気なもの。
せっかく選挙戦までとても楽しく見ていたのに、結局は「引き篭もり=犯罪者になる」というレッテルを貼ったかのような描写にとても嫌悪感を抱いたために減点です。

この減点で星3つまで落としたかったのに4つに留めたのは、土屋太鳳の凛とした美しさ&刈谷友衣子ちゃんの好演に免じてだと思って下さい。

TVシリーズを観て気に入ってた人にとって、この映画での現実感ゼロの籠城劇はどう映ったんですかね?
個人的には、あんなクソ展開を入れるくらいなら、もっと2−Aの生徒に焦点を当てたエピソードを入れる方がいいと思うんだけど、まさかあの屋上の一連のシークエンスまで原作漫画にあるものなの??(特に調べるつもり無し)

でも、「土屋太鳳」と言う次世代女優を発見できたので良しとしましょう。

◆パンフレット:B5判・28頁・700円

鈴木先生

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:邦画
comments(2) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
一点批判させてください
喫煙所の撤去ごときじゃないんです、唯一の心の居場所が奪われたのです
家族から疎まれ、心開けるのは友人と会う喫煙所。そこが奪われたのです。
友人との会合の場をなくした彼に追い打ちをかけたのは、家で煙草を吸っていた彼の下に差し出された、煙草は外で吸って、妹の友達には顔を会わせないで、の手紙。
家族とのつながりは既にほぼなかったと思いますが、改めて、家にも居場所は無いと思うに十分な理由だと思います。
社会から、地域から、そして家族から、居場所を失くしたんです。
出水君達も足子先生に彼らの居場所を奪われそうになり行動を起こしました。
それと、理屈は同じで、程度は比べ物にならない位悲惨な事が起きたんです。
勿論、かといって、事件を起こした事を擁護する気はありません。彼にも責任はあったのですから。(その点、出水君は仲間の支えで責任を果たす覚悟を決めましたし)
でも、そこまで追い詰めてしまった要因が、周囲の環境の中に少なからずあったのもまた事実なんです。
by テルミツ (2013/01/27 3:40 AM)
テルミツ様、コメントありがとう。

簡潔に、正直に思った事を書きます。

あなたの書いた事には、一点たりとも同意できる所がありません。
犯罪者(劇中のユウジ、及び満の事ね)がそれを他者のせいにする典型的な詭弁に聞こえます。

それだけです。
by 管理人 (2013/01/27 11:58 PM)






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993416
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH