映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>




RECOMMEND
<< トリハダ −劇場版− 【上映前】舞台挨拶レポ | main | 【12-088】鍵泥棒のメソッド ★★★★☆ >>
【12-087】トリハダ −劇場版− ★★★★★
category: 2012年の映画レビュー | author: moeru-movie
木曜日が初日と言う変則的な公開となったトリハダ −劇場版−を早速鑑賞。

この話は、元々フジテレビ深夜に放送されていたホラードラマだが、何故か自分は1回も観た事がありません。
なので、トリハダのテイストを全く知らずに見た訳ですが・・・
※以降、劇中の役名が不確かなので、演者さんの名前で記載します。

話は、谷村美月エピソードを中心にショートエピソードを繋げる(各話の間は、毎回谷村エピが挟まる)という形ですが、話がエピソード同士でシンクロしている所も少々あるので、単純なオムニバスという事でもありません。

<メインストーリー>
家電メーカーのコールセンターに勤務している谷村美月。製品とは無関係のクレームにも丁重に謝り続けるまじめなOLだが、プライベートでは上司との不倫におぼれていた。
ある日、中年女性のクレーム対応に疲労困憊し、ようやく家に帰ってきたひかりは、隣の住人の名前を見て、あるクレーマーと名前が一致することに気が付く。


題材のクレーマー自体は、そのものズバリ「クレーマー」っていう映画もあったくらいなので目新しくは無い。
だけど、「私はバカです」って言わされたり、「夜のあえぎ声がうるさい」とまで言われるのはえげつない。
(だけど、下着をガッチリ着込んでのベッドシーンはいただけない)

そんなえげつない主が、普段は良く会う愛想のいい隣家のオバハンだと分かったら・・・という話ですが、とりあえずオバハンを演じる松本じゅん(この名前もキテますねwww)の嫌らしさが美月ちゃんの心理を逆なでして上手いです。
美月嬢が最後に何をどうしてどうなるのか、思った通りとは言え、爽快感半分、哀れさ半分で切なくなります。
あ、AKB宮崎ですが、このクソババアの嫌がらせ電話をすぐに美月cに回すヘタレ後輩OLです。まあ、正直言って芝居がどうこういう事を語る価値も無いような役柄です・・・

<見えざるものの中にある真理>
自分が利用しているレンタルの収納BOXで挙動不審な変態男を見かけた木南晴夏。折しも近辺では女児の行方不明事件が発生していたが、その変態が自分の収納BOXをこじ開けようとしている姿を見た木南は・・・

いや〜、木南さん、ぶっ飛んでていいね!
話は単純ですよ。ホラーのようでホラーなのか?いややっぱりホラーだろ!って話ですが、自分は気持ちよかったです。
木南さん自身が、こういうキャラを演じる事が珍しいだけに必見です。

<異常な愛情と執念の6日間>
宅配便の配達をしている古川雄輝くんに、毎日のようにかかる電話。それは配送先に住むストーカー女からのものだった。日々エスカレートしてくるストーカー女の行為だが、そんな女が最後にとった行動は・・・

これも題材自体は良くあるストーカー話です。
が!単なるストーカーよりも数段キモいのは、ストーカー役の笹野鈴々音さん(TVシリーズではお馴染みだそうな)の好演によるでしょう。
古川くんのシャワーシーンとか不気味だし(予告編に出ちゃってるけど)、最後もね・・・キモイ!!としか言えません。
とにかく、笹野鈴々音サンの異常ストーカーっぷりを楽しみに観て下さい!って、楽しくないか!?ww

<好奇心から生まれる想像と漆黒>
帰宅途中のバスの中で、前の席に座るJK入来のケータイメールを覗き見する野間口さん。最初は彼氏とのメールに見えた文面が徐々に異常な内容に変わっていく。そして次に入来が入力した文章は・・・・

いや〜、話としては自分はコレは結構好きだなー。
ついつい目に入る他人様のケータイ画面を見ちゃう心理って分かるし、ましてやJKのものならば!とも思いますよ。(こらこら)
まあ、オチはやや強引だけど、全く台詞が無い状態で進む緊張感はナカナカです。
ただ、さすがに入来さんのJK姿は無理があるか・・・www。

<理想と現実の相違から訪れる闇>
引っ越して来たばかりの一人暮らしの佐津川愛美だが、ある日隣人の料理人のタマゴである若い男からシチューのお裾分けの訪問がある。最初は拒んでいたが、数日たって渋々受け取る佐津川ちゃん。見ると意外と美味そうなビーフシチューだったので、すっかり平らげるが、翌日廊下で会った隣人女性に男の事を聞くと、そんな人は居ないと言われ。。。

何か、根負けしてついついシチューを受け取っちゃう所がどこか田舎者っぽい役が良く似合うさっつん。
もうね、最初っから「絶対あのシチューに何か入ってるよ!」って誰もが分かる訳ですよ。
で、案の定・・・・ぎゃぁぁぁぁぁぁ、もうXXシチュー食えねぇぇぇぇぇぁぁぁぁぅぅぅええ。ってなる事請け合いです。
ここまでのエピソードでは、主役女優は「責め」側でしたが、この辺から「やられる」側になるのは、「ホラーにおいては美少女こそ酷い目に遭わせよ」というドSな自分にとってはwktk度が上がりました。
さっつんゴメン。あのシチュー食ってゲーゲーしている君に萌えました・・・←変態だこりゃ。

<自身に降り掛かった悪夢と結末の相違>
毎日会社に通う石橋杏奈の服のポケットには、何故かいつも数字の書いた紙が丸めて入れられている。その数字は日々カウントダウンして行き、どんなに気をつけていても絶対に毎日ポケットに入っている。その数字が「1」になると・・・・

自分にとって、このエピソードの見所は、恐怖におののく石橋杏奈でもなく、ポケットに入る紙屑の謎でも無かった。
それでは何だったのかと言うと、密かな推し女優である朝倉えりか(杏奈ちゃんの同僚役)の凄まじいXXっぷりだ!!!
いやね、完全に不意を突かれましたよ。すげーよえりか。ショッキングだよえりか。
はい。それだけで満足でした。←単純。

<誘惑と疑念の葛藤と脅迫>
主婦の白羽ゆりさんの元にかかる1本の電話。セールスかと思って切ってもまたかかってくる。良く聞くと、セールスではなく、旦那の行動についての事で、ある「提案」を受けるのであった。。。

最後のお話です。
ハッキリとネタバレしちゃうと、白羽さんの旦那こそが谷村美月の浮気相手です。
そんな男の嘘を薄々感づいている奥様の心に潜む邪悪な部分をちくちくと刺激する事で、オチは思った通りの所に落ちます。

---------------------------------------------------------------------

そんな訳で、各話はすごくシンプルで短いんだけど、個人的には以下の「トリハダ5箇条」が凄く好印象なのです。
・幽霊は出ない
 ⇒「とりあえず髪の長い白い服の女出しとけ」的なホラーには食傷気味なだけにGood!
・超常現象は起きない
 ⇒ぶっとび超能力もいいけど、それはリアリティをゼロにするからね。
・音楽で恐怖を煽らない
 ⇒うんうん。お化け屋敷的な映画が多いからね。これは大事。
・過度な演出はしない
 ⇒これもいい心がけ。大袈裟なら怖いってもんじゃない。
・日常から逸脱しない
 ⇒非日常的な不条理ホラーもいいけど、こういう日常に潜む怖さは心に刺さるよね。

前述の通り、元が深夜テレビではあるが、劇場版になっても「劇場版!」って変にスケールを大きくせずに、あくまでも深夜テレビ並みのテイストなのは逆に好感を持ちました。
そんな「深夜テレビ並み」のちょい怖ドラマが、どのエピソードも万遍なく面白かったので、こういった系統の映画にしては珍しく5つ星を進呈したいと思います。

テレビシリーズも廉価でコンビニで売ってるみたいなので、買ってみようかな・・・

◆パンフレット:販売無し(残念・・・)

トリハダ

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:邦画
comments(3) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
先日見てきました!
トリハダはシリーズ6まであって
その後「カクセイ」「ドクロゲキ1〜2」と続きましたが、回を追うごとにオチが読めてきて、トリハダらしさが失われていましたが、今回は「トリハダ」で復活して良かったです。
オチが読めるものもあったケド、トリハダ5に出てたストーカー女が同じストーカー役で出てて、最後のセリフにはマジでトリハダたちましたw
内容的には原点に戻った感じがして良かったです。
コールセンターやラストの電話の話は身近過ぎて面白かったです。
テレビクオリティ予想してただけに楽しめましたw
by 蒼 (2012/09/19 7:49 AM)
蒼さん、はじめまして。

「トリハダ」のTVシリーズは、とりあえず初期の頃のDVDは購入したので、これから少しずつ観ます。
DVDだと、一部収録されていない話があるのは残念ですが、楽しみにしています。
by 管理人 (2012/09/20 9:42 PM)
先日トリハダ劇場版みましたー!テレビ版の時からトリハダシリーズの大ファン。内容ゾクゾクよかったー!あの笹野さん 凄すぎ&#8252;怖すぎ&#8252;あの宅配便の男の人はあの後どうなっていくんだろうかー。コワイもの見たさで 見たあと笹野さんをネットで検索しちゃいましたよ。名女優ですなぁー。笹野さん 女優やる前はお笑いやってたそうで…そのギャップにビックリ!
話はそれましたが、その他の話ではクレーマーおばさんも怖かったー!人間不信になりそうー。
シチューの話も怖かった。そうですね。あのシチューに何か入ってるぞってわかっていても 怖いんですよね。映像で見るとなんとも…。
トリハダシリーズもっと観たいですねー。
by まなみ (2013/05/04 5:43 AM)






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993335
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH