映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>




RECOMMEND
<< 【11-136】王様ゲーム ★☆☆☆☆ | main | 【11-138】リアル・スティール ★★★★☆ >>
【11-137】friends -フレンズ- もののけ島のナキ ★★★☆☆
category: 2011年の映画レビュー | author: moeru-movie
年末ギリギリにTOHOシネマズのフリーパスを引き換える予定なのでここ数週、鑑賞を控えめにしてましたが、クリスマス限定の「紙兎ロペ」見たさに仕方なくTOHOシネマズへ。
見た映画はfriends -フレンズ- もののけ島のナキです。

赤おにナキや彼の唯一の親友である青おにグンジョーなど、さまざまなもののけが暮らす「もののけ島」に人間の子どもコタケが迷い込む。人間が嫌いでもののけ仲間ともうまく付き合えないナキだったが、コタケと交流を深めていくうちに、少しずつ心の距離が縮まっていく。しかし、もののけと人間は共存できないため、ナキとコタケは別れのときを迎えることになり……。

ベースになっているのは「泣いた赤鬼」であり、映画の方も、展開はまさに「泣いた赤鬼」です。
人間の赤ちゃんである「コタケ」と赤鬼のナキ。
こういった「人間(しかも子供)と異生物」との触れ合いというか友情的なものは、何度も何度も映画で描かれており、「アバター」もそんな感じだし、アニメで言えば「ヒックとドラゴン」なんかも同系統。
今作は、人間側が赤ちゃんゆえに、言葉や行動での繋がりは薄く、もっぱら本能的な繋がりにも見え、感動度という点では微妙なところ。

そして、この映画のもう1つのテーマは「友情」です。
と言っても、コタケとナキの友情ではなく、ナキとグンジョーの「友情」です。
まあ、この2人の友情こそ「泣いた赤鬼」そのものなわけで、映画を見ていても想定の範囲内ではあります。

そんな2本の友情話を柱にして「争いはダメ」というテーマも伝わりはするが、「泣けるのか!?」というと、自分はほとんど泣けませんでした。
色々レビューを見ると、大泣きしている人が多いんだけどね・・・・
自分も比較的泣きやすいタイプなんだけどね・・・・
んでもって、泣く気満々で見てたんだけどね・・・・

これは恐らく、自分が「泣いた赤鬼」の話を知っていたという事や、「人間側が赤ちゃん」という点で、泣き度数が落ちた(自分はむしろ、しっかりとした心の通じ合いに心打たれるタイプ)と自己分析しております。
故に、この映画は、特に若年層(小学校低学年とか)向けと言ってもいいかと思います。
序盤、子供が喜ぶウンコネタを挟むところなんかは、「狙ってるな・・」と思いましたもん。

さて、声優陣ですが、香取くんはまあまあ無難にこなしていたと思います。
YOUや阿部サダヲが本人そのものの声だった事と比べれば、違和感はありません。
グンジョーの山ちゃんはさすがですね。
そして「そのもの」と言えば、人間側に助っ人に来た3人の侍(?)。
まさしく鷹の爪団の総統と吉田君なのが笑えたというか萎えたというか・・・(もちろん声はFROGMAN)

そしてこの映画、2Dと3Dでの上映で、自分は3Dで見たわけですが、正直言って3Dで見るほどの必然性は薄かったです。
ってか、ハッキリ言って2Dで充分です。3Dにする必要はありません。
小さいお子様連れなら、2Dでの鑑賞をお勧めします。

しかしこの映画を見たあとは、無性にキノコ料理が食べたくなるな。
天女茸を食べて(架空のキノコだが)フワフワしたいわ!

◆パンフレット:ジャケット判・36頁・600円

friends もののけ島のナキ

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:邦画


comments(3) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
おぉ、アニメ映画のレヴュー珍しいですね。

「泣いた赤鬼」は私は読んだことはないですが、「東京ゴッドファーザーズ」という作品で後半にストーリーの伏線として登場するので、なんとなくは知ってましたが、そのアレンジがどのような物になってるのかは興味深いです。

そういや管理人さんは普段はアニメ映画とかは見られるんですか?。

私はピクサー絡みの物なんかは興味があったものは見たりしてますが、他は思ったよりは見てないかな。でもクレイアニメーション物が好きなので、そういったジャンルは進んでみてしまいます。

今年は「映画ドラえもん 新のび太と鉄人兵団」(オリジナルが好きなもので)、「塔の上のラプンツェル」、「劇場版アニメ 忍たま乱太郎」(TV版お世話になってたので)、「ファンタスティックMr. FOX」、「メアリー&マックス」、「くまのプーさん」、「鉄拳 ブラッドベンジェンス」
と珍しくアニメ作品もそこそこ見てますね。

オールタイムベストは「耳をすませば」と「東京ゴッドファーザーズ」、洋画だと「ウォレスとグルミット」、「トイ・ストーリー2」あたりでしょうか。比較的近作が多いですが、TVでやるとつい見てしまう作品群なので。
by キネマ (2011/12/25 11:05 PM)
アニメは年に数本(せいぜい2〜3本)です。

別に嫌ってる訳ではないのですが、何となく自分の中での鑑賞意欲が高まる作品が極端に少ないのです。
ナウシカのDVDを持ってる割にはジブリも見ないし。

あ、例外は「秘密結社鷹の爪」かな。
あれは毎回見てたww
by 管理人 (2011/12/26 10:54 PM)
突然で申しわけありません。
現在2011年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。
投票は1/19(木)締切。
ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。

なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です。
http://twitter.com/movieawards_jp






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993180
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH