映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>




RECOMMEND
<< 【11-130】こっくりさん 劇場版 ★★★☆☆ | main | ギャルバサラ 戦国時代は圏外です 【上映前】舞台挨拶レポ >>
こっくりさん 劇場版 【上映後】舞台挨拶レポ
category: 2011年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
はい。本日は舞台挨拶祭りです。
その一番手はこっくりさんです。

■会場:ワーナー・マイカル・板橋(スクリーン1)
■座席:B列(A列マスコミ席)
■MC:平野貴之プロデューサー
■登壇者:鈴木まりや(AKB48)、片岡明日香、梅本静香、後藤那奈、永江二朗監督

先月、場所も同じく板橋のスクリーン1で見た「縁切り村」(AKB藤江主演)の時と偶然にも全く同じ席というのも何かの因縁でしょうか。
まりやんぬを含むJK役の女の子は、劇中着用のセーラー服で登場です。

それではまずは皆さんからご挨拶です。

やんぬ「皆さんのお陰で完売だそうで、嬉しいです」
片岡「今日は3人制服なので私も着ようか迷ったけど却下されましたww」
梅本「今日の挨拶を楽しみにしてました。皆さんと一緒に楽しめれば」
後藤「よろしくお願いします」
監督「大勢来て頂いて感動しています」

(初日を迎えたお気持ちは?)
やんぬ「撮影は1ヶ月半前に終了したばかりで、公開まで凄く短くてビックリです。ずっと憧れてた映画デビューができて嬉しいです」
監督「監督にとって作品は我が子のよう。この映画は難産中の難産で、今日上映できて本当に嬉しいです」

(頑張ったシーンや思い出のシーンは?)
やんぬ「最後のシーンは廃校の校舎で撮ったんですが、3時とか4時は本当に怖くて・・・そこで戦った所を見て頂きたいです」
片岡「教師役で、数学の教師なんですが、私は数学が大の苦手で、学生時代も数学コースを止めて英語コースに行ったくらいです。なのにアドリブで授業をしている所がどう映ってるかを見て欲しいです。こっくりさんのシーンは何回もやってて、休憩時間にもまりやちゃんに『やりましょう♪』って言われて、ビクビクしながらやってましたが、無事に終わりました」
梅本「学校のシーンは、印象に残るように1つ1つの台詞を大切にするように心がけました」
後藤「下校のシーンでなめこの話をした所が印象に残ってます」

(初ホラーですが?)
やんぬ「2月に渋谷の占い屋に行ったら、『ホラー映画をやった方がいい』と言われ、ホラー映画に出る気がしてたので、根拠が無い自信がありました。すごく楽しみで期待が大きかったです」

(こっくりさんを通じて見て欲しい所は?)
監督「ジャパニーズ・ホラーとしての念願叶いました。幽霊モノは良くやるんですが、今回は髪の長い白い幽霊は出さないと決めてて、こっくりさんをどうやるか考え、キツネの物の怪のようなものでどうだろうという事で合成でモンスターを作りました。日本ではこういうのは少ないと思うけど、こういうホラーがあってもいいと思って挑戦しました」

(何かNGエピソードは?)
やんぬ「浩二さんが亡くなる後、車の中でのシリアスなシーンで、片岡さんと2人なんですがお腹が空いてて、お腹が鳴って撮り直しになりました。微笑ましくて楽しかったです」
片岡「数学のシーンですが、あれは中学の内容でした。言っても分からない所ですが、大変でした」
梅本「後藤さんとこっくりさんをやるシーンで、最初に『こっくりさん来た!』って言っちゃって、『いきなり来ちゃダメ!』って言われました。なので『来ないねー・・』って言い直してます」
後藤「私は明るめにやってたんですが、暗めと言われたので暗くやったら気持ち悪いと言われたので、結局明るくやりました」

(何かハプニングはありませんでしたか?)
監督「こっくりさんのシーンで、こっくりさんに入ってる松本君というのがマスクしてるので息苦しくてダウンしちゃったんです。でも僕はサディスティックなので『立ってやれー!』って言ってました」

(実際にこっくりさんはやった事がありましたか?)
やんぬ「あります。高1の時、教室で2〜3人でやったらおいで下さって10円玉が動きました。文字の所に行くんだけど、文章にはならないんです。それで、なかなか帰らないので、『やめよっか!?』って言って、いっせーのせで『はい、やめた!』ってやめました♪そこでやめたので映画に出れちゃったのかも」
片岡「はるか昔、小学生の頃、クラスでやってました。私は小心者なので遠巻きに見てたんですが、今回まりやちゃんにやろうって言われて凄い怖かったです」
梅本「私も無くて、撮影で初めてやりました。もし動いたらどうしようって思ってましたが、動かなくてよかったです」
後藤「小学生の時、4〜5人でやってたんですが、1人が動かしてて、騙されてやってました」

と、ここで会場のお客さんから抽選で5名の方に、まりやんぬのサイン入りスチール写真が当たるという抽選会です。
最近、こういうのに当たりにくくなっている自分は、今回も全く(当選の)列すら合う事がありませんでした。
なおまりやんぬからは・・・
「HPに(スチール写真が)紹介されてましたが、間違えて港北の方に板橋って書いちゃいました♪」って事で、港北用と板橋用の写真は逆転したようです。

ここでフォトセッションをはさんで、最後に締めのメッセージです。
監督「ラストでは、片岡さんが死ぬはずだったんですが、編集で外しました。絵梨も闇の世界で生きているし、こっくりさんも僕の頭の中で暴れたいと叫んでいますので、ぜひ2が出来ればと思います」
後藤「学校のシーンしか出ていませんが、印象に残るように頑張りました。また見に来て下さい」
梅本「想像以上に見に来て頂いて緊張してて、今になって緊張が解けてきました。この後の港北にも来て下さい」
片岡「さっきの監督の話はビックリしました。ぜひお知り合いに広めて宣伝して下さい」
やんぬ「普段はAKB48でアイドルとして活動していますが、今回、夢だった女優デビューできて、この作品では可愛く映らなくてもいいと思っていました。アイドルではできない表情は、色んな筋肉を使いました。今日からもっとたくさん出られるように勉強します。このこっくりさんポーズ(人差し指を置くポーズ)を流行らせて下さい。好評なら2が出来て、また見てもらえるように頑張ります」

という事で終了となりました。
この後の港北にまでは付いていけませんが、日曜は名古屋地区でも舞台挨拶との事。
みなさん、お疲れ様です!

◆CinemaLeafの舞台挨拶記事
※凄く細かい!これを見ると、自分の記事がグダグダなような、意外と合ってるような・・・
◆映画.comの舞台挨拶記事
◆シネマトゥデイの舞台挨拶記事
◆日テレNEWS24の舞台挨拶記事

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH