映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>




RECOMMEND
<< 【11-124】ミッション:8ミニッツ ★★★☆☆ | main | 【11-126】恋の罪 ★★★★☆ >>
【11-125】人喰猪、公民館襲撃す! ★★☆☆☆
category: 2011年の映画レビュー | author: moeru-movie
前売り券を買いながらも見損ねていた人喰猪、公民館襲撃す!を鑑賞。

人里離れた平和な山村で無惨に引き裂かれた死体が発見されて以来、次々に猟奇殺人が起こる。
村人たちは姿なき殺人犯の影におびえ、不安と恐怖の日々を送るが、その正体は巨大な人喰いイノシシだった。
村中を暴れ回るこの怪物を退治するため、猟師や生物学者らによる捕獲チームが結成され、凶暴なイノシシに戦いを挑む。


誰が見てもB級、いやそれ以下のお話だという事はすぐに想像がつくような邦題。
そんな事は織り込み済み。どれだけの馬鹿映画なのか笑ってやろうぜ!という思いで見に来ている人も多いのではなかろうか・・・

それにしてもだ!

とりあえず長い!無駄なシーンが多すぎ!!
もうね、どこかは面倒くさいので挙げないけど、意味無くダラダラと本編と関係無いようなシーンを流しすぎです。
んでもって、大した事の無いような人物描写にも時間を取りすぎるのです。
お母ちゃんが痴呆とかどうでもいい!
警官の嫁さんは腹がデカ過ぎだし!
鳥居みゆきみたいなキチガイ女なんてウザいだけだ!

プロットは完璧に「ジョーズ」のパクリなんだからさ、いつまでもダラダラとクソ面白くもない人物描写に時間を取らずに、さっさと公民館でもどこでも襲いにきやがれって話です。
何でこんなクソC級映画のくせに、上映時間が2時間ちょい超えなのさ。
もっとスッキリさせて、1時間30分くらいに収めたほうがいいと思うのです。

で、そんなグダグダな無駄描写なもんだから、結局は主役(?)の警官がソウルで何だかんだで左遷とか、学者だかの女が准教授になりたいだとかで見せておきながらも、結局そんな事は猪退治には大して関係なかったりするわけです。

人間がそんなグダグダなら、肝心の猪はどうなのか?
一言で言えば中途半端でしょう。
予算の関係もあるんでしょうが、あのくらいの猪なら何とかなるでしょ?って思える体格なのです。
猟銃の弾をも跳ね返す皮(凄!)を持ってるとは言っても、「銃に強い」という場面を見せたいが為の一時的なものだったし(皮は厚くても、最終的には関係なくやられたわけで・・・)、凶暴度にも波があるしね。

更に、幾度と無く挟まれるギャグ的なシーンですが・・・・・
ハッキリ言って笑えません。
序盤にあった「繰り返しすっ転んで墓穴に転げ落ちる」というギャグも、笑えないスベりギャグを繰り返し見せ付けられて苦痛でしたよ。

と言う事で、下らないなら下らないなりに突っ込み所でもあれば楽しめるんですが、突っ込みようも無いダラダラな映画で、終いにはウトウトする始末だったので、当然の如くこのような低評価となります。
1点じゃなく2点というのは、元からC級と覚悟していたので、案の定こんなもんだろ・・みたいな感情がある為です。
内容的には星1つでもいい感じです(; ̄Д ̄)

◆パンフレット:A4判・12頁・500円

人喰猪、公民館襲撃す!

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:韓国映画全般
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993159
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH