映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>




RECOMMEND
<< 【11-123】カイジ2 人生奪回ゲーム ★★★☆☆  | main | 【11-125】人喰猪、公民館襲撃す! ★★☆☆☆ >>
【11-124】ミッション:8ミニッツ ★★★☆☆
category: 2011年の映画レビュー | author: moeru-movie
予告編が面白そうだったミッション:8ミニッツを鑑賞。

シカゴで乗客が全員死亡する列車爆破事故が起こり、事件を解明すべく政府の極秘ミッションが始動。爆破犠牲者が死亡する8分前の意識に入り込み、犯人を見つけ出すという任務遂行のため、軍のエリート、スティーヴンス(ジェイク・ギレンホール)が選ばれる。
事件の真相に迫るため何度も8分間の任務を繰り返すたび、彼の中である疑惑が膨らんでいく。


まず最初に言いたい。
「このラスト、映画通ほどダマされる。」というコピーだ。
ハッキリ言います。全く的外れなクソコピーです。最低最悪大馬鹿なクソです。
騙すとか騙されるとか、そういう性質のラストではありませんので、このコピーは無視しましょう。

さて本筋です。
「デジャヴ」のような「バタフライ・エフェクト」のような話です。
時空を行ったりきたりして、その都度変化がありますが、「過去は変えられない」あるいは「過去を変えると、現在と辻褄が合わなくなる」という"タイム・パラドックス"がまたしても話の焦点になったり、ツッコミを生んだりするでしょう。
しかしこの映画は、そのタイムパラドックス自体を肯定し、「あっちの世界」と「こっちの世界」を大胆にも両立させてしまうという展開でラストの意外性を出しています。

すなわち「電車がテロ犯人に爆破される8分前〜爆破までの世界」という「あっちの世界」と、その「あっとの世界」での爆破犯人を突き止めようとする人たちが生きる「こっちの世界」。
こっちらあっちに行っても、爆破時間になると必ずこっちに戻され、あっちの世界の運命は変わらない。
(爆破で全員死んだが、死んだ人は救えない)

そうやって「犯人」を突き止めていきますが、この映画は「犯人探しサスペンス」や「爆破解除サスペンス」は主ではないので、どちらも意外とアッサリです。
犯人は見つけても、爆破は止められなかった。
あっちの世界には、スティーヴンスが体を"借りて"いる「ショーン」という男の恋人であるクリスティーナが居るが、情が移った(というより惚れてもうた)「外見はショーンで内面はスティーヴンス」は、彼女を救いたい。そこで・・・・という所が終盤の見所です。

結果的に、爆破は阻止され、クリスティーナもスティーヴンス(ショーン)も助かります。
が、そうなるとタイム・パラドックスが生じる事になりますが、いいんです。そのパラドックスこそが「創り出すのは8分間の過去じゃない。全く新しい世界だったんだ」という台詞へとつながります。

とは言え、これって1度見ただけだと、もともとの時間軸(あっちの世界もこっちの世界も)がどうお互いに関係しあってるのか、そして本来あるべき時空から新たに作られた世界(パラドックスの世界)とそれぞれ(あっちとこっち)の世界との整合性はどうなんだ?という所が理解しづらいので、1度見た上で、今度はDVDか何かでジックリと見ながら、メモしながら検証していくのも面白いと思うよ。

それにしても、久々に見るミシェル・モナハンは美人だな〜。

あ、最後に・・・・
結局、ショーンさんは一番の「割を食った不幸なヤツ」なのか?
だってスティーヴンスに体も心も女までも奪われるんでしょ?
ショーンの立場で考えると、あまりにも残酷で切な過ぎるよ・・・・

◆パンフレット:A4判・28頁・600円(掲載されているストーリーは完全ネタバレなので注意)

ミッション:8ミニッツ

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:洋画
comments(0) | trackbacks(2) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993158
8分間に賭ける
1日のことですが、映画「ミッション:8ミニッツ」を鑑賞しました。 列車爆破事件の犯人を見つけるべく 犠牲者の爆破8分前の意識に入りこみのだが・・・ SFサスペンス タイムスリップというか パラレルワールドというか ループする8分間 なかなか面白い設定で こ
笑う学生の生活 (2011/11/13 6:30 PM)
映画「ミッション:8ミニッツ」その時を取り戻すまで何度でも
「ミッション:8ミニッツ」★★★★ ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト 出演 ダンカン・ジョーンズ 監督、 94分、 2011年10月28日公開 2011,アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (原題:SOURCE COD
soramove (2011/11/22 7:17 AM)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH