映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>




RECOMMEND
<< 【11-122】ハラがコレなんで ★★☆☆☆ | main | カイジ2 人生奪回ゲーム 【上映前】舞台挨拶レポ >>
ハラがコレなんで 【上映後】舞台挨拶レポ
category: 2011年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
土曜朝イチは、渋谷でハラコレです。

■会場:シネクイント渋谷
■座席:E列(A、B列センターはマスコミ用につき未開放)
■MC:伊藤さとり
■登壇者:仲里依紗、中村蒼、石橋凌、稲川実代子、竹内都子、石井裕也監督

それではまずはご挨拶から。
仲「土曜の早朝からありがとうございます。やっと今日初日を迎え、ハラがコレなんでから卒業します。今日、産み落とす事ができて嬉しいです。この映画で元気になってくれる人が増えればいいと思って今まで宣伝して来ました」
中村「無事初日を迎えられて嬉しく思います。いかがでしたでしょうか?楽しんでもらえたら嬉しいです」
石橋「蒼くんの叔父役ですが、蒼くんの唇を奪ってしまい反省しています。石井さんのテーマに再生・復興があります。お友達や知人にも宣伝宜しくお願いします」
稲川「おっかないキヨさんはやりがいがありました。石井映画は4作目ですが、初めて相当しごかれました。大変な1年だったけど、映画が羽ばたいて行く事を願っています」
竹内「元気が出る映画で、私たちも元気をもらいました。どうしたら私からこんなに可愛い、私はマイナス志向なのにプラス志向の子が生まれるのか・・・そのエネルギーが伝われば」
監督「粋とか言ってるけど、そんなに難しい事じゃない。シンプルを映画にしたつもりですので、自由に解釈してください」

(光子の素敵な所は?)
仲「自分はどん底に居て『大丈夫?』とか言われないといけないのにそれを感じさせない所は格好いい。見習いたいです。でもちょっとだけありがた迷惑な所もある。ドーンと行こうと雲のように流されて生きるのは憧れで理想の生活です。妊婦はこれでないとだめです。撮影中は妊婦を忘れてパワフルに行動する事が多かったです。私も妊婦になったら、こういう妊婦になりたい」

(役柄は日本男児?)
中村「似てる所は喋らない所、不器用な所。今は無い男らしさと責任を持つ人間と言う所は見習いたい」
(監督はいかがでしたか?)
中村「カウンターで立ってるシーンとか角度まで凄く細かい。間も0点何秒の世界。陽一は無駄な事をせずにやってました」

(石井組のエピソードは?)
石橋「石井作品は大阪芸大時代のものから全部見ました。本当に28歳?年齢詐称では?と思うくらい成熟している。自分の思想も持った珍しい方です。キャスト・スタッフともいい雰囲気で撮影ができました」

(強烈なキャラでしたが、現場ではどうでしたか?)
稲川「ピリピリしてました。クランクインが1日遅れたのですが、すぐに撮影でけっこうな量がありました。ディテールに拘りがかなりありましたね。引っ越してきた人に鯛を贈る所で、鯛を畳に投げるんですが、転がった所を撮ればいいのに、的に当たるまで何度も投げて、やっと頭が向いて、尾ひれが向こうを向いた時は嬉しかったです。私も本気で信頼してますので、その才能がいつまでも続いていくように頑張ってください」

(演じてみて)
竹内「今回は私には初めての役で、いつもは肝っ玉母ちゃんが多いのですが、今回は腹筋を使わないで話してください、もっとボソボソ喋ってくださいと今までと違ってビックリしました。自分には不便でしたが、不便から新しいものが生まれる。1つ1つのキャラが生きるように上質な美味しい幕の内弁当のように素材を生かしてくれました」

(この映画での拘りは?)
監督「皆さん変わってる方が多くて、鯛とか腹筋とかボクが口うるさいニュアンスで言ってますが、そういう感じじゃなくて・・・皆が変わってるので楽しいんですよ。次に何をするのか予測できない人が多いです。今日いらっしゃってないですが、並樹さんとか、斉藤(慶子)さんもその気があります。僕は俳優のその生き生きとしたエネルギーをそのまま撮影しなきゃと思って、そんな細々言った覚えはありません」

(そうですか?)
仲「なんかー、色々言われました(笑)。『宇宙みたいに』とか、食堂の台を拭くシーンでは、マイケル・ジャクソンみたいにとか、数々の名言がありました」
監督「マイケル・ジャクソンは覚えてるけど、何でそんな事言ったかは覚えてない。テレビで見た勝手なイメージが・・・いや・・・でも・・・今でも撮るならマイケル・ジャクソンと言うと思いますが、マイケル・ジャクソンみたいにして欲しいというのでなく・・何て言えば・・・・分かんない!」

(それではここでお題です。粋だと感じた事は何ですか?)
仲「現場で石橋さんがジャスミンティーをカップで飲んでたのが粋。花咲いてるんですよ。マイカップを持ってくるのがセレブ〜!と思いました」
石橋「中国で撮影した時に飲んで、それが合ったので毎回のように飲んでいます。セレブじゃないですよ」

中村「ボクは撮影中に20歳の誕生日をお祝いしてもらいました。石橋さんは撮影が無い日だったけど駆けつけて下さってお祝いして頂き、粋だと思いました」

石橋「蒼くんとは2人のキスシーンの前にリハーサルで何かブツブツ言ってるんですが『あ〜あ、10代最後のキスシーンが・・・・』と言ってましたが、その『・・・・』の所が『オッサンとか・・』と思えました。でもそれを言わないのが粋!」
中村「いや、ホント光栄です・・・」

稲川「(クランク)インした日に60歳になって、石橋さんと最初の日でしたが、OKが出たとき監督デザインの金文字が入ってるベンチコートを『還暦おめでとうございます』って、(私は)おっかない顔のままだったけど粋だなぁって思いました」

竹内「現場の話じゃないんですけど、今日ここに来る前に柿の葉寿司が届いたんです。奈良の方が送って下さったんですが、開けたら紅葉と言う事で真っ赤な葉っぱで包まれてるんです。『奈良の山も色付いてます』って添えられてて、粋だと思って食べてきました」

監督「難しいけどね、中村くんの子供時代を演じた子役の鈴木励和くんが現場で子供っぽい懐き方をしてくるのが可愛いと思ってました。クランクアップの日、手紙をくれて、ありがとうという内容かと思って中を見たら『僕はこれから売れると思うけど、忙しくてもあなたの映画には出ます』と書かれてて粋だと思いました」

それでは最後にメッセージを
仲「見終わって元気になると思います。日本は元気が無いのでこの作品を見てプラスになれば」
監督「すごくシンプルな事なので、頭で考えても良くない。感じる事です。肩肘張らずに楽しんで頂ければ」

という事で終了となりました。

とりあえず、「モテキ」舞台挨拶でも感じましたが、里依紗は痩せた感がすごくあるなぁ・・・
あと、「粋」のお題の所で面白くも無い普通の「いい話」をした竹内都子にはガッカリです。芸人が笑いの1つも取らずに客席は静まってたじゃねーか。何か勘違いしてねーか!?

それはそうと、今回はE列はいいんだけど、かなり端だったので里依紗が今イチ良く見えなかったのは残念でした。。

◆映画.comの舞台挨拶記事
◆シネマトゥデイの舞台挨拶記事
◆47NEWSの舞台挨拶記事
◆ORICON STYLEの舞台挨拶記事
◆MOVIE Collection [ムビコレ]の舞台挨拶記事

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH