映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>




RECOMMEND
<< 【11-121】シャッフル ★★★☆☆ | main | ハラがコレなんで 【上映後】舞台挨拶レポ >>
【11-122】ハラがコレなんで ★★☆☆☆
category: 2011年の映画レビュー | author: moeru-movie
公開初日の朝イチでハラがコレなんでを鑑賞。

妊娠9か月の原光子(仲)。子どもの父親はアメリカ人の元カレの可能性が高いが行方知れず。お金もなく行くあてもないが、昔住んでいた長屋に行ってみることに。そこには貧乏で優し過ぎるがゆえに、パッとしない住人たちが昔と変わらず住んでいた。人のことなど構っていられないはずの光子だったが、彼らのために一肌脱ごうと決意する。

「粋」っていうのをテーマにしているような映画だが、主人公の人となりに「粋」を感じられ、共感し、感情移入できるかどうかでだいぶ評価が変わってくる作品。
ズバリ!自分はこの主人公には1ミリも共感できませんでした。

タイトルになっている「ハラ」(つまり妊婦)なんだけどさ・・・9ヶ月だってのにアパート引き払い、定職もなくコ汚い長屋に帰ってくる。
で「いい風吹いていない時は昼寝が一番」「風向きが変わったらその時ドーンと行けばいいんだから」って・・・
それは「粋」とは言わないと思うのですよ。

ましてや光子は、妊婦なのに雨にズブ濡れになったり、傷んでいるかもしれない米食ったり、最後も生まれそうなのに長時間の運転??それも「粋」じゃない。母親になる身として、それは無いでしょ。

所詮コメディなんだから、そんな細かい事やリアリティを求めるのは「粋」ってもんじゃないよ。そう思おうとしましたけどね、肝心のコメディもスベってなかったかい?
食堂のオジサン(石橋)と息子(中村)が客の来ない下町レストランの厨房で仁王立ちしているシーンが何度も出るけど、あれって笑う所なの??
むしろ笑わせるどころか、リストラ中年が公園で暇潰すとか、大家の婆さんは足腰立たずに孤独のまま長屋に残されてるとか、逆にシュールな現実感を漂わせちゃってるのはどういう事なのでしょう?

で、クライマックスは福島県って・・・そのシーン居るのかね?
足腰立たない婆さんは普通にスタコラ歩けちゃってるし、もう何でもアリかよ!

石井監督作品としては、前作「川の底からこんにちは」はまだ良かったけど、今回はダメでしたね。
まあ、そんな小賢しい事をぬかさずに、ドーンと楽しむのが粋ってモンなのかな・・・。

でもキャストは概ね良かったです。
「モテキ」では子持ちだった仲さんが妊婦ってのもインパクト的には弱いけどね・・・
その仲さんの子供時代を演じていた百花ちゃんもいい味出してた!
あ、だけど・・・・仲さんに戻るけど・・・・あの妊婦姿でパッツン前髪。
本編やパンフの写真を見ても、自分には「森三中の村上知子」に見えて仕方ありませんでしたww。

◆パンフレット:A4判弱・28頁・700円

ハラがコレなんで

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:邦画
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993154
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH