映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>




RECOMMEND
<< 待望の・・・・・・『震える舌』!!!! | main | 【11-091】探偵はBARにいる(ネタバレあり) ★★★★☆ >>
【11-090】インシディアス ★★★★☆
category: 2011年の映画レビュー | author: moeru-movie
今日も舞台挨拶はありません。
なので、先週から公開されているインシディアスをポイントにて無料鑑賞。

ジョシュとルネの2人の間には、結婚し3人の子供がいる。一家は古く老朽化した家に引っ越すのだが、その直後から家の中で不可解な出来事が起き始めている。屋根裏から不審な音が聞こえたり、物が勝手に動いたり、不吉な声が赤ちゃん用のモニターから聞こえるなど、おかしな出来事が続くなか、小学生の息子ダルトンが梯子から落ちて昏睡状態に陥ってしまう。
耐えかねた夫婦は、この家を引き払い別の建物へと移り住むが問題は一向に解決せず、見えない何かは既にジョシュたち家族へと忍び寄っていた。


「ソウ」×「パラノーマル・アクティビティ」(以下PA)という事で、両作品のスタッフが手を組んで作られたホラーです。

前半は、まんまPAみたいな感じで、「家に何かが憑いてる」的な展開。
物音がしたり、誰か知らない人が立ってたり。
この前半は、ベタな驚かせシーンや、何となく不快な気がする音・音楽でチクチクと責めてくる。

と、中盤でその家を引っ越しちゃいます。
それじゃあ話が続かないと思いきや、実際は家に憑いていたのでなく、意識不明の坊やを狙ってたという風に見所が変わっていきます。
そして「幽体離脱」をキーワードに、後半は「ポルターガイスト」的な霊モノでありながら、「子供を奪還しようと"あっちの世界"に向かう父ちゃん」というサスペンス的な流れも含めつつ、"あっちの世界"の奴らの登場シーンも多くなってきます。

こういうホラーを語るとき、大体において自分は「で、怖かったのか、怖くなかったのか。話がよく分からなくても怖ければとりあえずオッケー」というスタンスなのですが、この作品は怖かったのか?怖くなかったのか??

うん。まずまず怖く仕上がってたと思います\(^O^)/

怖がらせ方はオーソドックスなものが多く、予測ができたり目新しい所も少なかったとは言え、無機質な表情の幽霊だったり、一瞬だけ見える"何か"といった見せ方は、お化け屋敷的な面白さ・怖さが充分に感じられます。
悪魔の親玉がダース・モール?って感じなのが恐怖感を少し下げていますが、それでも自分のようなホラー慣れしているタチの悪い捻くれた奴以外のお客さんは、素直に「メッチャ怖い」「疲れた」と口にしながら劇場を後にしていました。
(小さめのシアターでしたが、満席近くまで良く入ってました)

とにかく、よーく見ると画面の端に何か居たり、そういうのを見つけようと集中してるとバァァン!って来るし、セキュリティのアラームだとか、ベビールームの音を伝えるスピーカーだとかの「音」の使い方も上手いので、ホラー慣れしていない方は、せいぜいビックリしまくってください。

あ、肝心の話のほうは、良く考えると腑に落ちなかったり説明不足だと思える所もややありましたが、まあ怖かったので、そういう所はあえて突っつかないでおきます。

しかし「インシディアス」っていう原題そのまま直球タイトルは分かりづらく覚えづらいのが損をしてると思うのだが・・・

◆パンフレット:B5判・20頁・600円

インシディアス

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:洋画
comments(1) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
CS放送で放送していたので見ました。

個人的には往年の幽霊ホラーリスペクトなシーンが満載で思わずニヤリとしてしまいます。(最後の赤い悪魔はどう見ても『エルム街の悪夢』のフレディっぽく、あの冥界のシーンも7作目の『リアルナイトメア』オマージュかなと思いました。)
後、シナリオも、息子の昏睡状態の理由が、ジョシュに絡んだ伏線も含めて、徐々に明らかにされていくところも良かったです。

ただ、最後のオチは、もっと正統なハッピーエンドでも良かった気も(『13ゴースト』がお気に入りの身としては、あの家族愛が物を言う展開は無駄にして欲しくなかったです)
ただ、タイトルの意味(『インシディアス』=狡猾)を考えると、仕方ないオチなんでしょうが・・・。
by キネマ (2013/04/22 10:43 PM)






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH