映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>




RECOMMEND
<< 【11-081】霊界の扉 ストリートビュー ★☆☆☆☆ | main | 舞台 『ポチッとな。』観劇 >>
舞台 『ライン♪』観劇
category: 舞台 | author: moeru-movie
はい。今月は何故か舞台観劇強化月間にしようと思い、3本のチケットを確保しておりました。
その第一弾が、ライン♪です。

優等生の北野凛梧と、ちょっと天然の北野美環は、仲はいいけど似てない双子の姉妹。
妹の美環は、学園一の有名人で、演劇部の名物部長、百合園絵理と、何かと因縁がある。
ある日、小学生のときに亡くなったはずの隣に住んでいた葉月お姉ちゃんが、幽霊になって現れた!
葉月お姉ちゃんの望みは、女の子たちが、力を合わせてラインダンスを踊って見せること!
ところが運動が苦手な二人はそもそもダンスが踊れない。
それに二人じゃ"ラインダンス"にならないよ!
幼馴染の長沼亜里沙と、バレー部のキャプテン平山樹、千川見晴が率いるダンス部の橋本綾久、そして百合園を慕う
演劇部の桜日和と中河原由香を巻き込んでラインダンスは幕を開ける!


この間観たAKBメンバ出演の「DUMP SHOW」はポールダンスだったわけですが、今回はラインダンスです。
で、この舞台をなぜ選んだかと言うと、tvk「saku saku」先代MCの中村優の初主演舞台だからです。
最近自分で気付いたのですが、どうやら自分は中村優時代のsakusakuの方が好きだったようです。はい。
思い起こせば、デビューCDも限定300枚しか混じっていないサイン入りを引きましたし、そのCD発売イベント(ビナウォークにて)で身長170cmチョップももらいました。けっこう気に入ってるのです。

くどい前置きはそれくらいにしておき、本編の話です。
何よりも、女子高が舞台な事もあり、出演者全員が女子です。
きゃぴきゃぴとした雰囲気で、実年齢は20歳をだいぶ過ぎている女子も含めて女子高ライフが描かれます。

で、「文化祭でラインダンスを!」というのが本筋なわけなのですが、普通はこういう筋だと一体感を持って同じものに向かって進んで行くというのが王道です。
しかしこの話は、「全体で」という空気は持ちつつも、例えばラインダンスをやろうとするきっかけや、他の関係ない人がそれに乗っかる話や、主要キャストのサイドストーリーなど、「個人的な話」が枝葉として飛んでいきます。

これね、観ようによっては散漫だとも思うし、別の見方をすれば色んなエピソードが盛りだくさんにも見える。
どっちに感じるかは人それぞれだとは思うけど、自分は前者に感じちゃったわけです。
ラストのラインダンスも、急にみんな(特に主役の凛梧ちゃん)がそれなりに上手くこなせるようになってたのが唐突だったし、もうちょっと大きな動きができなかったのかな・・・とも思ってしまいました。

全体的にはそれなりに纏まってて飽きはしませんでしたが、パターンとしては「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」と同じものなだけに、「みんなで一体感を持って向上する」という所が希薄だったのが唯一の残念所でした。

さて、演者の皆さんについては、主要な方のみワンポイントで・・・
・中村優:噛まないで流暢にできてました。しかし優ちゃんはデカいね・・。(縦も横もww)
・小松彩夏:25歳だけど制服が似合ってかわいい。
・吉木りさ:キャラも立ってるし見せ場も多い。下手すると主役を食ってたかも。
・川村ゆきえ:とりあえず巨乳が目立ちすぎて芝居を観るのに集中できませんっっ!!
・佐武宇綺(9nine):この子はもっと突き抜けたコメディが出来る!と感じた。
・橋本愛奈(THEポッシボー):ちっちゃいけど目立ってました。キャラ立ってた!
・畠山智妃(SDN48):とりあえずMIN・MIN・MINネタが最高じゃないか!
・しほの涼:誰もが思ったであろう。「脚が細すぎる!!」と。

そして千秋楽という事で、終幕後に1人1人からコメントがありました。
ズラリと並んだ女の子たち。
笑いを取る子も居れば、泣き出す子もいました。
でも、みんなやりきったみたいで清清しい感じです。頑張りました。

そしてそして、会場で販売のグッズを3000円以上お買い上げの方には握手会の特典付きです。
これまでは主役級(中村・小松・川村・佐武)は握手会には出なかった(うっきーは出るようになったのかな?)ようですが、今日は千秋楽スペシャルという事で全員(22人)による握手会です!
わたくしも、せっかくなので2000円のパンフレットと1000円の生写真(中村優のもの)を買って握手してもらいました。
中村優にはsakusakuネタで話しかけ、後の人は、話すネタも無いので適当に「お疲れ様〜」みたいな感じで流しました。
誰とはいいませんが、中にはちゃんと「握手」せずに触れる程度の方もいました。
しかし、逆にすごく丁寧と言うか気合を感じて好感度が上がった子も居ます。
こっちはいい話なので名前を挙げましょう。
それは佐武宇綺ちゃんです!!(おめでとう!)
たくさんの人が並んでの握手なのに、しっかりと手を握って目をしっかりと見て、何度も「ありがとうございますっ!」と手をぶるんぶるんと振られました。
他にもそういう子が何人か居て(端役の子だったので名前が分からない・・・)さすがに22人も居ると色々だなと感じました。

あ、せっかくだから22人の名前を全部挙げておきますか!!(順番は握手会整列順とは異なります)
中村優/小松彩夏/吉木りさ/川村ゆきえ/佐武宇綺(9nine)/橋本愛奈(THEポッシボー)/畠山智妃(SDN48)/しほの涼/山川ひろみ/宇田川美樹/佐藤美奈子/疋田紗也/徳岡茜/神山渚/高橋明日香/船岡咲/木村葵/福見真紀/長友知美/萩原和佳奈/亀田伶央奈(Prism)/原田里佳子(Tokyo Cheer Party)

はい。以上です。
皆さんお疲れ様でした!!

さて、来週も舞台観劇予定です。
いったい誰が出る舞台でしょうか??(来週日曜が千秋楽です)

ライン♪

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:舞台鑑賞
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH