映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>




RECOMMEND
<< 【10-128】ノルウェイの森 ★★★☆☆ | main | 【10-130】ばかもの ★★★★☆ >>
【10-129】エクスペリメント ★★★☆☆
category: 2010年の映画レビュー | author: moeru-movie
先週公開のエクスペリメントを1週遅れで鑑賞。

職を失ったばかりのトラヴィスは、恋人ベイとインドへ旅行するため、被験者募集の広告を見て応募することに。日給1,000ドルで14日間、かなりの報酬だ。
温厚で人当たりの良いバリス、冴えないグラフィック・ノベル・ライターのベンジー、女好きのチェイスら24人の男たちがトラヴィスとともに選ばれた。その実験は単純なものだった。
刑務所と同じ環境で「看守役」と「囚人役」に分かれルールにそって過ごすこと。始まりはただの役割に過ぎなかったが、2日目には崩壊。対立する囚人役のトラヴィスと看守役のバリス。日ごとに極限状態に置かれていく彼ら。やがて、理性を逸し事件が起きる。それを見守る多数の監視カメラ。いったい何が起こったのか・・・?


2002年・ドイツ製のes[エス]のハリウッド版です。
自分は、公開当時esは映画館で観ていましたが、既に細かい所は忘れているという状態での鑑賞です。

全体を通してなのですが、確かに異常な状況での精神面での変化と言うものは感じ取れるんだけど、単に「ルールを守れない」「自分が悪いのに逆ギレする」というダメダメなオヤジ(主に囚人側)同士が案の定争い始めるというだけの話にも思えてしまいます。

何かですね〜、本来なら、最初は普通に穏やかに過ごしていたはずが、いつからか「権力を持つ」事で、人間として上になったと錯覚して壊れて行く様が見たかったんだけど、この囚人どもは、のっけから好戦的なんだよね。
で、看守側がルールに触れない程度に「体罰」を加えるといった感じで、前半は完全に看守目線でモンスター囚人を見ておりました。

そして後半は、エスカレートしていく体罰と壊れて行くバリスが中心なんだけど、この擬似刑務所にはルールがあったはずなのに、何だかあんまり(と言うか全然?)守られてないし、それでいて実験は中止にならない。
従って、しまいにはやりたい放題の暴動に・・・・という展開は、至極当たり前なようにも感じる。
あのルールって何だったの?嘘なの??
まあ、最後になって「赤ランプ」は点く訳なんですが、「今ごろ点いてどーする!?」と突っ込んでたのは私だけでしょうか・・・・

と言う事で、正直言ってes[エス]の方が断然上でした。
エイドリアン・ブロディ(筋肉質な体はセクシー)と、フォレスト・ウィテカーの芝居は見所があったし、冒頭から動物同士の生き残りを賭けた殺し合いフィルムを流す所なんかは「人間も大して変わんねーな」と思わせるし、悪くは無いんだけど、所々の違和感が個人的には減点となってしまいました。
それもこれも、es[エス]を観ているが故の事なのか・・・??

◆パンフレット:B5版・16頁・600円

エクスペリメント

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:洋画
comments(0) | trackbacks(2) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/992949
映画『エクスペリメント』を観て
10-77.エクスペリメント■原題:TheExperiment■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:97分■字幕:高橋澄■鑑賞日:11月20日、TOHOシネマズ六本木(六本木)■料金:1,8...
KINTYRE’SDIARY (2010/12/18 11:18 AM)
映画「エクスペリメント」いくら報酬が高くてもやりたくないな
「エクスペリメント」★★★ エイドリアン・ブロディ、フォレスト・ウィテカー、キャム・ギガンデット、 クリフトン・コリンズ・Jr.、マギー・グレイス出演 ポール・シェアリング監督、97分 、2010年12月4日公開、 2009,アメリカ,日活 (原作:原題:THE EXPERIMENT)
soramove (2011/01/20 7:09 AM)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH