映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>




RECOMMEND
<< デスカッパ 【上映前】舞台挨拶レポ | main | 武士の家計簿 【上映前】舞台挨拶レポ >>
【10-125】デスカッパ ★☆☆☆☆
category: 2010年の映画レビュー | author: moeru-movie
公開初日のデスカッパを早速鑑賞。

東京でアイドル歌手の夢に破れ故郷に戻った加奈子(平田)だが、帰省したその日、車を暴走させて村にやってきた若者たちが祖母をひき殺した上に村の守り神である河童地蔵も破壊し、海に突き落としてしまう。
やがて河童地蔵にまつられていた“河童様”が怒りのあまり長い眠りから目覚め、加奈子たちの前に現れるが……。


『片腕マシンガール』『東京残酷警察』に続く「TOKYO SHOCKシリーズ」第3弾と言われているこの作品だが、前2作のようなぶっ飛びスプラッターとは何やら違う雰囲気。
どことなく・・・というか、思いっきりB級トホホ映画の匂いがしまくってた訳だが、実際に見てみると、何つーかとんでもない映画を見てしまいました!!

今まで、予算が無いながらも趣向を凝らせたり、一生懸命に工夫する映画をたくさん観て来ましたが、この映画はもう全編通して無茶苦茶です。チープ過ぎます。
しかし、この映画を見に来ている人(自分も含め)は、そんな事は承知の上です。
出来の悪さを楽しむというか、思いっきり突っ込んでやろうというつもりで見に来ているので、駄作であればあるほど狂喜します。

映画の方は、アイドルになれずに帰郷した加奈子だが、その村にいる人がいきなり奇形の人だったりします。(掴みはOKです)
親がない加奈子が慕う祖母は、ウルトラマンのフジ隊員(桜井浩子)じゃないッスか!
が、祖母はキチガイ暴走団に無残にも轢き殺され、挙句の果てに"河童様"の祠も跳ねられて海の藻屑に・・・・。
この海ですが、巨大なメダカが泳いでますぅぅぅ!!(要するに水槽で撮ってます)
この出来事がきっかけで蘇った河童様が加奈子の前に姿を現しますが、「私のキュウリかじってるぅぅ!」「カワイィィ♪」と動じない加奈子。どうやら何かブッ飛んでます。

そしてこの河童様。
アイドル加奈子の「今夜あなたとトゥナイト」という曲が大好きで、この曲を聴くと、踊らずにはいられません。
ここで画面にはアイドル加奈子のPVが流れます(歌詞付き)。
・・・・・・平田さん、アナタもう30越えたんでしょうに、セーラー服まで着ちゃって、色んな意味でよーやりますなぁ。。。。
(他にも、劇中では意味もなく巫女さんや海女さんの格好をしてます)
そのPVは、ご丁寧に「ロケ地 神奈川・千葉」なんて映してます・・・・。

ここから物語は、「ハンギョラス」というクリーチャーを作るキチガイ一派が登場し、加奈子を拉致します。
そこで登場の河童様。
さあハンギョラス対デスカッパの対決か!?と思いきや、まずは延々とハンギョラスによる町の破壊シーンが繰り返されます。
正直言って、これは長かった・・・・(飽きました)
が、政府側の官僚(?)の女は、ウルトラマンAの南夕子隊員(星光子)じゃないですか!!
他にも、仮面ライダーストロンガーの荒木しげるや、あしゅら男爵(マジンガーZ)等、多数のアニメで声を演じている柴田秀勝など、オーバー40歳世代には懐かしすぎる面々がスクリーンを賑わせます。

そして始まったのが、ハンギョラスとデスカッパのプロレスごっこでした!!!(; ̄Д ̄)
もうここから先は、ストーリーを語るのも馬鹿馬鹿しい展開が続きます。
しかし、馬鹿馬鹿しい中にも、平田弥里の素晴らしいコスチューム(けっこう露出度高め)という見所もあります!

まあ、とにかく「あえて」なのか「ガチで」なのか分かりませんが、これでもか!と言わんばかりにチープでアホな映像が出てきます。
もはやそのレベルは、かつでのウルトラシリーズを下回る、言ってみれば「ウルトラファイト」そのものです。
そんなモノ(もはや「映画」とは呼べない)が劇場で有料公開されるのも凄けりゃ、金を払って見に来る客も凄い。(自分もだろ!←)
でも、やっぱり一番凄いのは平田弥里です。
30過ぎて、あのアイドルPV・・・平田さん、アンタ凄ぇよ・・・・。

え〜っと、この映画は、採点で星1つにしてますが、これはこの映画への最大級の賛辞だと解釈してください。
予想通りのスットコドッコイ&トホホっぷりでした。
とにかく、間違ってもこの映画にマトモなものを期待してはいけません。
今までの映画観を根底から覆すようなZ級パワーに必ずあなたも唖然とするはずです!
そうそう、この映画のもう1つの楽しみ方は「なべやかん探し」です。いったい何箇所に出てんだよ!!ww

なお、そんなデスカッパの前売券は、河童様のフィギュア付き(普通の前売より500円高い)を買った私ですが、そのフィギュアが好評(本当は売れ残ってたんじゃね?という突っ込みは厳禁)との事で、劇場では1体900円で販売されてました。
ご鑑賞の記念には、ぜひ河童様フィギュアをどうぞ。

◆パンフレット:A4版・8頁(ショボっ!)・450円(何と中途半端な価格じゃ)

デスカッパ

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:邦画
comments(0) | trackbacks(1) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/992943
【デスカッパ】こりゃひどい、いや、こりゃスゴイ
デスカッパ 監督: 原口智生    出演: 平田弥里、深華、なべやかん、星光子、庵野秀明、樋口真嗣 公開: 2010年11月       とんでもない勘違いからレンタルしてきたDVD鑑賞...
映画@見取り八段 (2011/10/29 4:18 PM)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH