映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>




RECOMMEND
<< カーリング、そして4年間 | main | 【10-022】猿ロック THE MOVIE ★☆☆☆☆ >>
猿ロックTHE MOVIE 【上映前】舞台挨拶レポ
category: 2010年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
2週間ぶりの舞台挨拶は「猿ロック」です。
登壇者の多い新宿バルト9に行ってきました。
プレスの入らない2回目の上映前挨拶・・・と思ったら、2回目のこちらにプレスが入っていました。
しかし、チケットぴあの「いち早プレリザーブ」で当たったにも関わらず、かなり遠いクソ席だったので、テンションがた落ちでお届けします。

MCは毎度お馴染みの伊藤さとりサン。
登壇者は、市原隼人、比嘉愛未、高岡蒼甫、芦名星、渡部豪太、小西真奈美、前田哲監督。
場内は、市原くんと高岡くんへの黄色い歓声が多かったですね。

それではまず皆さんから一言ずつ。最初は市原くん。
「初日を迎えましたが、これからなので皆さんなりに感じて持って帰ってください」
次は比嘉ちゃん。
「すごくドキドキしています。たくさんの人に愛してもらえる作品になっていると思いますので宣伝宜しくお願いします」
次いで高岡くん。
(キャ〜!と声援を浴びて)「そうですか(笑)。他にも映画があるけど、猿ロックに来ちゃいましたね(笑)」
次は芦名さん。
「無事この日を迎えられて嬉しい。きっとスッキリと心に響いてくる。真っ直ぐな思いが伝わると思う」
次に渡部くん。
「初日になって良かった。猿ロックというのは・・・凄く・・・素晴らし〜い!」
次はこにたん。
「皆さんとお会いできて嬉しい。爽快感を感じて頂けると思います」
最後はカントク。
「この映画はアクションを売りにしてもらってるんですが、俳優陣の芝居は素晴らしいです。命がけの芝居だったり微妙な所とか、そういう芝居を見て欲しい。TVから1年、こうやって届けられて嬉しいです」

ここで市原くんにキャストとの絆などについて聞きます。
「ライブ感・失踪感が多い。みんな一生懸命でいい作品を作ろうと一体感があった」

と、ここはそれ以上はトークが広がらず、次の話題に。

今度は「お題」という事で、「猿ロックを表わす一言」を皆さんからフリップに書いてもらいました。
まず最初は市原くん。書いた言葉は「子供」。
「サルは真っ直ぐでピュア。回りにどうこう言われようが目の前の出来事を感じる。(市原さんも?と聞かれ)自分も大人にはなれないです」
※下部に挙げた映画サイト記事では、大人に「ならない」と紹介されている所ばかりですが、実際は、大人に「なれない」と確かに言ってました。
(毎日新聞や日刊スポーツの記事では「なれない」と書いてます)

次は比嘉ちゃん。書いた言葉は「信じる」
「人を信じる事の大切さをサルから教わり?教わる?教われる?教わりました。なのでこれを選びました」

次いで高岡くん。書いた言葉は「変」。
「ドラマの時は警官という所からの変化。警官の帽子を外したら8:2(分け)だったのに、今回は7:3。新キャストも増えましたが、変わってないのは眼鏡だけ。皆さんでいい様に解釈して変えていってくれるのでは?」

次に芦名さん。書いた言葉は「心」。
「(サルの)心が透けて見える。心温まると言う事で。"しん"って読むのが好きなんです。でも、(読みじゃなく)字の事ですよね・・・」

次は渡部くん。書いた言葉は「楽」。
「この現場で楽に居れました。だから楽しめた。この楽しさが皆さんの目にどう映るか・・・?」

次はこにたん。書いた言葉は「ギリギリのライン」
「私は警察で、どこまでが正義でどこまでが悪かという事を追求した。端から見て悪く見えても、その人にとっては正義という事もあり、一概に答が出ない所。(劇中の好きな台詞は?と聞かれ)サルくんが署長(小西さんです)と会うシーンが1シーンだけありますが、最後に署長に詰め寄っていく所の台詞が好きです」(上映前だったので、具体的な台詞はここでは言わず)

最後にカントク。書いた言葉は「たいせつなもの」
「観てもらった人に、自分にって大切なものを思い起こして欲しいと思います」

ここで、せっかく書いたのでと言う事で、そのフリップを持ってミニ撮影会がありましたが、すぐに登壇者は一旦袖に引っ込み、客席に降りてきます。
そうです。フォトセッションは壇上からの撮影です。
入場時に渡されたミニうちわを持ちつつ、市原くんが「せーの!」と言ったら「猿ロックTHE MOVIE!!」と言う事を求められました。
やや長めの言葉ながら、イッチーファン、蒼甫ファンらの熱い声が良く出ておりました。

ここで舞台挨拶は終了です。
やっぱりプレスが入ると、全体的に固いというか優等生的なコメントが多くなるので、ちょっと面白みには欠けたような気もする舞台挨拶でした。

猿ロックうちわ
これがバルト9舞台挨拶回入場者限定配布のうちわです

◆cinemacafe.netの舞台挨拶記事
◆ORICON STYLEの舞台挨拶記事
◆エイガドットコムの舞台挨拶記事
◆シネマトゥデイの舞台挨拶記事
よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:近日公開!映画
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH