映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>




RECOMMEND
<< 【10-020】サベイランス ★★☆☆☆ | main | カーリング、そして4年間 >>
【10-021】処刑山 デッド卍スノウ ★★★★★
category: 2010年の映画レビュー | author: moeru-movie
いかにもシアターN渋谷向けなホラー処刑山 デッド卍スノウを鑑賞。

ウィンターバカンスを楽しもうと、雄大な自然に抱かれた冬山へ出かけたノルウェイ人医学生8人。
ところが、そこは第2次大戦末期に悪逆非道の限りを尽くし、レジスタンスの反撃にあって果てたナチス兵団が眠る忌まわしい“禁断の土地”だった。
山小屋の床下から偶然、ナチの隠し財宝を発見した学生たちは、軽い出来心でそれを着服してしまう。
その瞬間、地獄の釜の蓋が開き、凍土の中からナチス兵軍団が冷凍ゾムビとなって甦ってきた。
ひとり、またひとりと無残に引き裂かれてゆく若者たち。だが、変わり果てた仲間の死体を前に、生き残った者の怒りが遂に爆発する。


ホラーにしては珍しいノルウェイ産。
コテコテのスプラッターを期待して観始めました。

序盤は雪山での若者たちのはしゃぎっぷりをグダグダと描いており、若干退屈なものの、太っちょは映画ヲタクだとか、誰かさんはエロ担当だとかのキャラクター説明がさりげなく行われます。
そして夜になり、前後の脈略も無くエロシーン(あまり大した事ない)が始まる頃からホラーショーが始まります。
その前に、人気の無い山小屋のはずなのに、なぜか怪しいオッサンが現れて、この地にまつわるナチスドイツ軍の因縁などをご丁寧に説明して去っていきます。
ホラーショーの主役はこのナチスの残党。

この夜のシーンは、敵もハッキリとは姿を見せず、でも「ブレインデッド」のTシャツ(あ痛たたたたた・・・)を着た映画ヲタクの兄ちゃんを、気持ちのいいくらい○○○にしちゃいます。
別行動の恋人の行方を案じた主役っぽい兄ちゃんは、一人スノーモービルで探しに出かけた為、何だか頼りない面々で恐怖の夜を過ごす事に。

そして!

本格的な戦闘が開始されますが、ホラーショーだと思っていた展開は、実はお馬鹿なホラーコメディの始まりなのでしたぁぁぁぁぁ!
地中から蘇った残党たちはゾンビと言えばゾンビなのかもしれないけど、何の事は無い、血色の悪い顔のオッサンたちとも言えるんだな、これが。
こいつらがまたショッカー並みに適度にヘタレなのが面白い。
迎え撃つ若者たちも適度にヘタレなので(いや、彼らは彼らなりに一生懸命なんだけどね・・・)恐ろしいシーンと言うよりも、何だか楽しそうな雰囲気すら醸し出しています。

夜が明け、辺りが明るくなると、いよいよ血色の悪いオッサンたちもキャラ全開です。
何故か色々な武器を手にし、迎え撃つ若者たちと果てしない激闘を繰り広げますが、その必死さと反比例して劇場内は度重なる爆笑の渦。
いいぞいいぞ!これこそシアターN的お馬鹿なホラーの醍醐味だ!
もうノリはゆうばりファンタですよ!
もう細かい辻褄なんてどうでもいいや!

もう終盤は、勢いでグイグイと笑いとスプラッターで押してきます。
はらわたやら、何だか良く分からない体の部分のドロドロしたやつとか、切株描写とか、かなりのハイテンション。
そして結末は・・・・・
何となく「スペル」を思わせるオチで、ベタと言えばベタなんだけど、一応は綺麗にオチています。

終わってみれば、襲われた若者たちに非があるじゃねーか!とも思える話で、若干残党どもに肩入れしたくもなってました。
やっぱりねぇ・・・・
・見つけたお宝はネコババしてはいけません。
・遊ぶなら、雪山よりも海にしよう!(笑)
って事が言いたかったんですかね。
※でも、一人別行動だった姉ちゃんは、何故に襲われたんだ???ネコババしてないのに・・・・

パンフで監督の記事などを見ると、「死霊のはらわた2」にだいぶインスパイアされて出来た作品らしい。
つまり、あのお馬鹿描写は、完全に狙ってやってたという事。
う〜む、素晴らしい!
ただ怖いだけのホラーには反応しないコアなホラーマニアの心理をよく心得ていらっしゃる。

と言う事で、ゾンビものと言うにはちょっと違うような気もするが、もうそんな事はどうでもいいくらいに能天気なホラーコメディでした。
怖くないホラー、怖いだけの堅苦しいホラーに食傷気味なあなた!
ぜひこの映画を観て、スカッと爽快なグロ&笑いを楽しもう!

この映画って、きっとテレビでは放送されないと思うので、DVD出たら買うしかねーな・・・

◆パンフレット:A4版・12頁(薄っ!)・500円

処刑山

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:Horror
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH