映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>




RECOMMEND
<< 【09-132】パレード ★★★★☆ | main | 【09-134】カールじいさんの空飛ぶ家 ★★★★☆ >>
【09-133】THE 4TH KIND フォース・カインド ★★☆☆☆
category: 2009年の映画レビュー | author: moeru-movie
ようやく話題作のTHE 4TH KIND フォース・カインドを観た。

2000年10月、心理学者のタイラー博士の元を不眠患者が訪れる。
タイラー博士は、催眠療法で彼らの症状を解明しようとカメラで記録しながら治療に当たる。
そのタイラー博士自身も、夫を何者かに刺殺され、そのショックで娘の目が見えなくなるという悩みを抱えていた。
不眠患者が他にも居るという事で、アラスカ州ノームに向かったタイラーだったが、治療の模様を収めたビデオに信じられないものが捉えられる事となる。


この映画、ハッキリ言って、観る前から「モニュメンタリー」って知っちゃったのですよ。
そう思って観ると、まるで「木曜スペシャル@矢追純一」を観ているような、「Xファイル」を観ているような感覚に襲われます。

序盤から、アラスカ州ノームの人々の不眠の謎を解き明かすのかと思いきや、途中からはタイラーの夫の話や、終いには娘が○○しちゃう話が中心になってしまい、何だか焦点がブレているような気がしてました。
そして、色々謎を散りばめながらも、その殆どが未解明(まあ、こういう話だとハッキリとしたオチを付けられないのも致し方無いが)なので、かなりモヤっと感も残る。

そして「本当の記録ビデオ」の映像と、役者による芝居を並べて見せる手法はアイディアとしては面白いけど、肝心のタイラーの幻覚だか妄想だかが良く分からな過ぎるのが個人的にはテンション落ちました。
タイラー一家が狙われる理由の伏線みたいなのも無いし、ドリルで刺されるエピソードも結局何だったのかは放置されたまま。
ってか、それよりも、実在(とされる)のタイラーの顔がガチで怪し過ぎるのはどういう事なのだ?狙いか?

で、最終的には「信じるか信じないかはあなた次第」って投げられても、ハナっからUFOを信じていない(100歩譲って2nd Kindまでなら信じてもいい)という自分には「はい。当然信じません」ってなるわけ。
そんな自分のような人にあのような映画を見せても、「フォーガットン」と大して変わらない印象なんですよ。
でも、信じちゃう人もけっこう居るんだろうなぁ。
いいなぁ、信じられる人は。「これってマジなのかも・・・」と信じて観れると、けっこう面白いよなぁ。
せめてこの映画が「木曜スペシャル」枠(今は無いけど)で、田中信夫氏のナレーションとかで放送してくれたら、楽しめるような気がします・・・・

◆パンフレット:A4版・24頁・700円

フォース・カインド

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:Horror
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/992727
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH