映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>




RECOMMEND
<< アサルトガールズ 【上映後】舞台挨拶レポ | main | パレード 【上映前】舞台挨拶レポ >>
【09-131】マイケル・ジャクソン THIS IS IT ★★★★☆
category: 2009年の映画レビュー | author: moeru-movie
今さらながらTHIS IS ITです。
だいぶ話題になっていた映画だけど、所詮ライブのメイキングだろうとスルーしてました。
でも、アンコール上映が決まり、映画館のポイントが貯まってた事もあり、無料鑑賞してきました。

MJの楽曲との出会いは、80年代前半のいわゆる「洋楽ブーム」の頃。(オーバー40世代はみんなそんな感じだろう)
この頃のMJは「Billie Jean」「Beat It」「Thriller」等で勢いに乗っていた。
(個人的には、ポール・マッカートニーと競演した「Say Say Say」が好きだった)
この頃って、女性ソロではマドンナやシンディ・ローパーが出てきた頃だったし、マイケルと並んで黒人シンガーとしてプリンスも出てきた頃でもあった。
ポップなバンド系では、A-HA、WHAM!、デュランデュラン、カルチャークラブ、カジャグーグー、エア・サプライ等が日本でもヒットを飛ばし、イエス、ヴァン・ヘイレン・・・・もう書ききれないですね。
映画絡みでも「フラッシュダンス」「フットルース」「トップガン」のサントラは大ヒットだった時代。
そんな当時でも、マイケルのようにダンスをふんだんに盛り込んだ楽曲は少なく、当時活発化してきた「PV」を利用してファンを増やしたMJは、時代にマッチしていたのかもしれない。
「Thriller」のPVではゾンビ映画ファンの自分も大喜びでだったよ。

しかし、年代が進むにつれてMJ楽曲もあまり聞かなくなってきていた。
(まあ洋楽全般的に、ブームの頃に比べると自分の中でもかなり下火になったのだが)
そして目にするのは、数々のスキャンダラスな報道ばかりで、いつしか自分の中でも「変人」的な印象が植え付けられていた。

そんな状態でこの映画を観たわけなんですが、そこには「お客さんに満足して欲しい」「今まで体験した事のないショーを見せたい」という真摯な姿勢のMJと、そんなMJと仕事が出来る事に幸せと誇りを感じているスタッフの数々が居た。
そこには「変人」なんて居なかった。MJに対して変人的な印象を持った自分が恥ずかしくなったよ。
リハゆえに、ダンスも全力ではないけれど、それでも年齢による衰えを全く感じさせない動き・歌声には驚かされるし、決して自分の考えを押し付けるのでなく、いいパフォーマンスを見せるためにスタッフとのコミュニケーションで解決していく姿勢はとても好感を持てるではないか。
そして、ただのメイキング・・・と思っていたはずが、111分画面に目が釘付けになっている自分が居たのです。
別にMJを必要以上に神様的に描いてるわけでもなく、このリハ直後に亡くなった事を感じさせるわけでもなく、驚くほど淡々とリハの模様が流れるだけなのにだ。
リハでこうなんだから、お客さんは本番のライブも見たかっただろうし、何よりもMJとスタッフも最高のショーを見せたかっただろう。残念だよね。

MJの生い立ちを重ね合わせて涙する者も真実。
盛り上がりも無いただのメイキングと感じてガッカリする者がいても、それも真実。
人それぞれの感じ方があっていい。
でも、1つの目標(完成されたショーを見せるというゴール)を目指す1人のキングと仲間たち。その姿もまた真実だと思うのよ。
そんなひた向きな姿を、色眼鏡無しに楽しむ事ができたので満足だったよ。

「この人、本当に死んじゃったん!?」
観終わってそう思わずにはいられなかった。
画面に流れたあの姿が、死の数日前だと言われても全くピンと来ないよね。
返す返すも残念です。

最後に、MJは格好良かったし、ダンサーやコーラス、バックバンドのみんなも格好良かったよ。
その中で、最高に格好良かったのは、女ギタリストのOrianthi Panagaris。
オリジナルではエディ・ヴァン・ヘイレンが演奏していた「Beat It」のギターソロの部分は鳥肌立ちましたよ!
彼女もMJと本番のステージに立ちたかっただろうなぁ・・・・。

ちなみに、この日の上映は満席で、エンドロールが始まっても席を立つ人は居ませんでしたが、上映終了後はごく一部からまばらに拍手があっただけで静かでした。
MJに合わせて踊りたい!スタンディングオベーションしたい!と言う方は、以下のような企画がありますよ。

★川崎チネチッタより
【スペシャル企画1】
劇場内1階席を、スタンディング&ダンシングOKに!
魂を揺さぶる音と映像の連続に、じっと何かしていられない!という健全な皆様が、ビートに身を任せマイケルと一体となれる特別ゾーンをご用意!
上映日:
12/28(月)〜30(水) 21:30〜23:30
12/31(木) 25:00〜27:00

チケット販売:
上映当日、チネグランデ入口にて販売
 12/28(月)〜30(水) 20:30〜
 12/31(木) 24:00〜

※2階席は着席専用となります。
※チケットは売切れ次第終了となりますのでご了承ください。
※チネットでの販売はありません。
※上記上映回は「特別興行」となります。

THIS IS IT

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:話題の映画
comments(1) | trackbacks(1) |PAGE TOP↑ -
ブログを読ませていただきありがとうございます。
来年も良い年になりますように。






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/992724
Heal The Earth 地球を癒そう署名にご協力ください
【 THIS IS IT - その収益の1部は「Heal the Earth - 地球を癒す」ために使われます。 】 これをソニーピクチャーズに提案してみませんか? ■Heal the Earth - 地球を癒そう  「全ては愛のために - L-O-V-E」 「世界にもっと愛を返すべきだ。この惑星を保護
【THIS IS IT Heal The Earth】嘆願 (2009/12/25 11:38 AM)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH