映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>




RECOMMEND
<< 【09-130】アサルトガールズ ★★☆☆☆ | main | 【09-131】マイケル・ジャクソン THIS IS IT ★★★★☆ >>
アサルトガールズ 【上映後】舞台挨拶レポ
category: 2009年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
今日は「のだめ」とか「レイトン教授」とか「ウルル」とか色々舞台挨拶がありましたが、あえてこの映画の舞台挨拶をセレクトしました。
(ってか、抽選のみだった「のだめ」は当然外れたからなんですが)
※今日は新宿と池袋で舞台挨拶が行われましたが、見たのは新宿の方です。

本日のMCは、お馴染みの伊藤さとりサン。
(近場のバルト9で行われたレイトン教授の舞台挨拶と掛け持ちだったそうな)
登壇者は、黒木メイサ、菊地凛子、佐伯日菜子、藤木義勝、押井守監督。

まずは監督からご挨拶です。
「今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。上映後の挨拶っていうのは初めてかな。いつも逃げちゃうんですよ。まあ、ご覧になった通りの映画です(笑)。100万人が観ても、1万人が100回観ても同じなので、何度でも観て下さい。来年はDVDやBDが出ると思うのでよろしくお願いします」

続いて俳優陣のご挨拶。まずは黒木さん。
「やっと今日初日を迎えました。撮影は1年前に終わっていたのですが、やっと今日初日で届けられて嬉しいです」
次いで菊地さん。
「こんなにたくさんの方に観て頂いて光栄です。えーーっと・・・・いかがだったでしょうか?ぜひ友達や家族に勧めて下さい」
次は佐伯さん。
「こんにちわー!あ、今、返して頂けましたね?(笑)。無事、この映画が上映されて嬉しいです。面白かったと伝えてください」
最後は藤木さん。
「大島のド真ん中で見えない敵を相手にして撮りました。「人狼」を思い出して感慨深いです」

それでは、今年もそろそろ終わりと言う事で、みなさんに「今年1年頑張ったご褒美がもらえるなら何をもらう?」と聞いていきます。
まずはメイサ。
「旅行がしたいので、飛行機のチケットを・・・・」
(どこに行きたい?と聞かれ)「アフリカに行きたいです」とアピール。
次いで凛子さん。
「私も飛行機のチケットがいいと思った。どうしよう・・・・・。お食事券がいいですね。モツ鍋がずいぶん前に流行りましたが、私は今がブームなので、モツ鍋が食べたい」
(ずいぶん安いですね?と聞かれ)「10回くらい行けるのがいいです」とかなり現実的。
次は佐伯さん。
「別に欲しい物は無いんですよね・・・・。どこでもドアが欲しいかな。で、あったかい国に行きたい」
(どの国に?と聞かれ)「うーん、沖・・・・!?(沈黙。たぶん沖縄と言いかけて、「国じゃない!」と思って止めた)色々頭に思い浮かぶんですけど・・・あったかい順番に行きたい。むしろメチャクチャ暑い所に!」
次いでは藤木さん。
「映画で使った20ミリの対戦車砲が欲しい。撃ってみたい。マダラスナクジラを狩りたいです」
最後は監督。
「先週、新しい猫が来まして、男の子なんですがかわいい。新しいxx(聞き取れず)が欲しいです」

ここで、2009年を振り返って、漢字1文字で表わしていただきます!と言う事で、各自色紙に漢字を書いたものを披露します。
まずはメイサ。(漢字は「走」を披露)
「恥ずかしいですね・・・・。今年はとにかく突っ走ったなと。自転車にもハマってたので、色んな意味で"走"です」
次いで凛子サン。(漢字は「楽」)
「ラクじゃなくて、楽しいの楽です。楽しく過ごせました。(色紙の上のほうがグシャグシャに塗りつぶされているのを指して)最初書けなかったんですよ。明らかに書けてませんね・・・・」
次は佐伯さん。(漢字は「始」)
「"平成"!・・・・じゃなく、(色紙にひっかけてウケを狙った)色々始まった年でした。新しい政権も始まったし、松井選手もエンゼルスに行くし、子供の小学生生活も始まりました。この映画も今日が始まりと言う事で」
次は藤木さん。(漢字は「押」)
「今年は鉄人28号(押井守演出の舞台)に始まり、この映画で終わるので、押井監督の"押"で。引く事無く押して行きたいです」
最後は監督。(漢字は「身」)
「今年最大の事件は、黒帯を取った事。3年半かかりました。人には言えない精進を重ねました。これからは自分の身体で生きよう、映画も頭でなく身体で作るんだと思いました。この映画がその第一弾です。これが良ければ続けるし、ダメなら「イノセンス」とか陰湿な世界に退避します。絶望を語っても、明るい映画は可能です」

と、そろそろ時間になったので、皆さんから最後に一言づつです。
メイサ「2度3度観ても楽しめます。観るたびに発見があります」
凛子「3人の戦う女たちのコミカルな所や、現場では顔を合わせていないのに、さも息がピッタリなようにしている所を観て下さい」
佐伯「私自身が面白いと思っています。1人でも多くの方に観て頂きたい」
藤木「3人のガールズの中に1人くらいこんな男が居てもいいと思いました」
監督「アサルトガールズの小説も書きました。お買い求め頂ければと思います。映画で描いていない事も載ってます。小説って1週間で重版が決まります。ですので、来年とかでは無く年内に買ってくれれば(笑)。映画は女優のものです。挨拶もこんな華やかになって感謝します」

と、これにて終了となりました。
今日は登壇者さんたちが劇場に入ってくる扉から比較的近かったので、けっこう間近で見られましたが、黒木メイサはスタイルも良くて相変わらず美人ですね。
それに引き換え押井監督は、一番ちっちゃくて、黒帯とは思えないオッチャンでした。
本日は皆さまお疲れ様でした!

◆cinemacafe.netの舞台挨拶記事
◆エイガ・ドット・コムの舞台挨拶記事
◆ORICON STYLEの舞台挨拶記事
◆毎日jpの舞台挨拶記事

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:近日公開!映画
comments(1) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
突然で申しわけありません。
現在2009年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。
投票締切は1/14(木)まで。
ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。

なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です
http://twitter.com/movieawards_jp
by (2009/12/24 3:38 PM)






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH