映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>




RECOMMEND
<< 空耳実況 | main | 【09-118】曲がれ!スプーン ★★★☆☆ >>
曲がれ!スプーン 【上映前】舞台挨拶レポ
category: 2009年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
今日も何本かの邦画が初日を迎え、各地で舞台挨拶が行われていますが、その中から、曲がれ!スプーン@六本木ヒルズをセレクト。
本当は1回目(上映後)を狙いたかったが、都合により2回目の方となりました。

MCは、フジテレビの松尾翠アナ。
登壇者は、長澤まさみ、諏訪雅、中川晴樹、辻修、川島潤哉、岩井秀人、志賀廣太郎、本広克行監督、上田誠(原作・脚本)と、人数は多いが男率が大きい面々となります。

それでは、まずは皆さんからのご挨拶から。

長澤「夢がたくさん詰まった映画です。この冬一番ほっこりできます」
諏訪「恋愛も無く、生きるも死ぬも無いけど、言葉にできない気持ちが残ればと思います」
中川「エスパーなんて分からん、ボクらの事も分からんと思うでしょうが、見て頂ければ分かります」
辻「勝負なのでノーパンでやってました。2012年に地球が滅ぶ映画ではありません!」
川島「電気器具が操作できる役です。話の流れに深く絡む重要な役です」
岩井「色んなエスパー映画がありますが、初めて細男をフィーチャーした映画です。唯一ボクだけ超能力が使えるという事でオファーが来ました」
志賀「犯人は岩井です。(そういう映画じゃない!と総ツッコミ)1年前に撮って心待ちにしていました。楽しんで下さい」
上田「元々ボクの劇団の作品で、何で今超能力?と思うし、今日明日あっても無くても困らない。それを総力結集して作りました」
本広「色々伏線があります。昔の映画も伏線があります。監督フリークの方が居たらお楽しみに。笑える所は声を出して笑うと倍面白いです」

それでは、この個性的な面々で現場はどうだったのかを長澤まさみに聞きます。
「待ち時間が地味で・・・・(笑)。この映画大丈夫?と思いました。何か暗ぁい感じなんです(笑)。でも、皆さんプロなので、カメラが回るとキラキラして、みんな凄いなーと勉強させてもらいました」
続けて「もし超能力が持てたら?」と質問を続けます(回答者は引き続き長澤まさみ)
「透視がいいなぁ。そろそろ福袋が出るので、その中は何?っていうのに使いたい」

と、ここでもう時間が来てしまいました(泣)
最後に、この映画の見所を聞きます。最後も回答者は長澤さんです。
「可愛らしくて面白くて、心がほっこりします。最後まで楽しんで下さい。きっと面白いです」

スタートが10分近く押し、登壇者も多かったので、1人当たりの時間が短くあっという間に終わってしまいました。
中央に立った長澤まさみ。
ハッキリ言って、隣に立ってた志賀さんよりもデカいです。
ってか、登壇者の中でも大きいです(笑)
何か髪がかなり伸びて、頭が重そうな感じでした。個人的にはバッサリ切って欲しいです。

それでは皆さん、お疲れ様でした〜。

長澤まさみサイン
10月の映画祭の時のサイン入りポスターが展示されていました。


◆エイガ・ドット・コムの舞台挨拶記事
◆シネマトゥデイの舞台挨拶記事
◆長澤まさみの曲がれ!スプーンS級ブログの舞台挨拶記事

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:近日公開!映画
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH