映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>




RECOMMEND
<< 【09-113】母なる証明(ネタバレ) ★★★☆☆ | main | 【09-115】ゼロの焦点(ネタバレあり) ★★★☆☆ >>
【09-114】スペル(ちょいネタバレ) ★★★★☆
category: 2009年の映画レビュー | author: moeru-movie
楽しみにしていたスペルを鑑賞。

銀行で融資担当として働くクリスティンは、次長昇進も近い。
ある日、不動産ローンの延長を依頼しに来たジプシー風の老婆に対し、既に2回も延長している事からこれ以上の延長は出来ない旨を告げる。
土下座までしてローン延長をお願いするも却下された老婆は「恥をかかされた」と言い残し銀行を出る。
その夜、帰宅しようと車に乗り込んだクリスティンの前に再び老婆が現れ、クリスティンが着ていたコートのボタンを引きちぎり、何やら呪文を唱える。
その時以降、クリスティンの身の回りに、気味の悪い出来事が頻発するようになる。。。。


「私を地獄に引っ張って♪」(原題直訳)
「逆ギレババアの逆襲」
「恐怖のゲロゲロババア」
「ポリグリップ」
そんなタイトルを付けてもいいんじゃね?というような底抜けに楽しいホラーでした。

ホラー映画なんだから「怖い」「グロい」といった形容詞が考えられますが、この映画は違います。
じゃあ、どういう形容詞なのかと言うと。。。。。
汚ぇぇー映画
です。

とにかくこの映画の見所(?)の1つは、婆さんの汚さ。
痰・入れ歯外し・黒ずんだ爪・そしてゲロショック
汚ぇ入れ歯を外した口で噛み付いたり、押さえ付けておいて顔面の真上からゲロ(ウジやら変な虫入り)・・・
うぇぇぇぇぇ、書いてたら思い出してキモチ悪くなってきたよ。

クリスティンちゃん(と言っても、演じているアリソン・ローマンは童顔に見えて三十路)は、ちょっと冷たいかもしれないけど業務を忠実に実行しただけなのに、ババアから上記のような嫌がらせ(逆恨み)を受けたあげく、呪いをかけられるんだから堪ったもんじゃないって話です。
しかもこのババア、何気にけっこう不死身です。
額にホチキス留められたり、棒状の物を口からグサっと刺されたりしても大丈夫です。
その後のシーンではいつの間にか死んでますが、魂は死んでも入れ歯や目玉は健在です。
もうこのあたりは笑うしか無いぶっ飛び描写ですよ。

クリスティンはクリスティンで、チラチラと微妙に美乳の谷間などを見せるのはいいですが、ババアの呪いのおかげで大量の鼻血ブー(しかも上司に向かって)とか、左の鼻の穴から入った蝿を右の鼻の穴から出すとか、口から蝿が入って胃の中でブンブンとか、こちらの方もかなり可笑しいです。
そして、銀行勤めで次長職目前と言うのに、悪魔祓いの代金1万ドルも用意できないほどの貯金無しというのも何だか抜けてます。

それでも彼氏にお金を払ってもらって、呪いを解く為に占い師と共に悪魔祓いに挑むクリスティン。
ここで、ババアを凌ぐ強烈なインパクトキャラが登場します!
それは・・・・ヤギさんです!
これがもう最高です。
これから凄まじい戦いが始まるっつーのに、何とも平和でマッタリとした優しげで円らな瞳・・・・。
このアンマッチが堪りません。
(個人的に、一番ウケたシーンです)

そして予告編でも流れていた「全てが覆る驚愕のラスト60秒」ですが・・・・・
残念ながら、多くの人が読めてしまうのでは??と思います。
これ見よがしに伏線も張ってたし、けっこう分かり易いんじゃないかと思いますね。
※ちなみに、その予告編で「ピー」音が入っていたシーン(セリフ)には大した意味はありませんでした。

と言う事で、この映画は純粋なホラーではありません。
少し怖くて、少し音などでビックリさせて、定期的に凄く汚くて(笑)、それでいて笑えるという新感覚のホラーショーです。
こういう映画は、真剣に肩に力を入れて緊張して見るのでなく、ワクワクしながら「おぇぇぇぇ〜!何じゃそりゃー!」「汚ぇぇぇぇ!」「ンなアホな!!」「キタ━(゚∀゚)━!」と、他のお客さんに迷惑にならない範囲(自分の心の中だけに留めておくのが無難)で盛り上がるのが吉だと思います。
サム・ライミが作った(製作した)B級ホラーだからね。有り得ない描写を楽しまなきゃ損損!

◆パンフレット:A4版・28頁・600円

スペル
※右はパンフ表紙ですが、こっちのデザインの方が断然好き!

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:Horror
comments(0) | trackbacks(2) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
「スペル」怖いと笑いは紙一重、劇場で体験したい
「スペル」★★★★ アリソン・ローマン、ジャスティン・ロング、デヴィッド・ペイマー出演 サム・ライミ監督、96分 、2009年、2009-11-6公開                     →  ★映画のブログ★                      ど
soramove (2009/11/17 7:41 AM)
【映画】スペル
<スペル を観ました> 原題:Drag Me to Hell 製作:2009年アメリカ ←クリックしてね。ランキング参加中♪ レンタルでもずっと借りられていて、中々見たくても観られなった。やっと鑑賞できました! 映画館で上映してたときはあまり触手が動かなかったんだけ
★紅茶屋ロンド★ (2010/10/11 8:33 PM)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH